内部仕上げ工事へ。

第三者機関のJIOによる躯体検査を終え、

内部の仕上げ工事へと移った 『voice』 。

  

内部の壁工事では断熱材を設置し内部専用のモイス施工が

行われました[E:eye][E:shine]

Unnamed_5

 
 

WDは真壁造り。

柱、梁の構造材をそのまま化粧として見せる仕上げです。

Unnamed_3

 
 

その柱、梁間に仕上げ壁材であるモイスを張り合わせて納めていきます。

寸分の狂いも許されませんので何度も何度も調整し施工を行います。

Unnamed_6

 
 

一般的なプラスターボードと違いその後の壁紙等の仕上げはありません。

つまり一発勝負の一発仕上げです[E:flair]

施工時間もプラスターボードの倍以上掛かります。

Unnamed_4

 
 

そんな根気のいるモイス施工ではありますが、

目に見えるカタチで大工職人の技を感じ取れる部分でもあります!

完成お披露目会の際は是非確認してみてください[E:shine]

Unnamed_1