水廻りの選択

ウッドデザインはキッチンや家具をオーダーメイドで造っていく工務店のため、メーカーさんの商品を選んでいただく機会はほとんどありません。そんな数少ない商品選択の機会が「お風呂とトイレ」です。

今回はT社ショールームへ。入口には、まるでオブジェのように佇む近代的な便器ネオレストNX。そのフォルムはRH以上にたまご型にエッジが効いています。サイズが大きいため戸建向きとは言えませんが、この造形美そのものが最大の魅力です。

NX以外にもフチなし形状、特許取得のトルネード洗浄、オート開閉など、製品の特長をショールームスタッフの方が実際に見せて説明してくださいました。使用時に流す水に次亜塩素酸を含ませた「きれい除菌水」は、日々の家事負担軽減はもとより、現在のようなコロナ禍で尚、その効果が発揮される先進技術のひとつではないでしょうか。

つづいてはお風呂。浴槽だけでなく、床のクッション性でも有名なT社さんですが、その床は膝をついても痛みを全く感じないほど。K様もその触り心地にはビックリ。ショールームではさらに床の表面温度の違いも体感していただけるようになっていました。

入浴後、床から壁の一部までを洗浄してくれるという「床ワイパー」なる優れものも。仕組みはネオレストと同じで、水に次亜塩素酸を加えて綺麗にしてくれるそうです。

K様の浴槽組立イメージ。できる限りお掃除が楽になるようシンプル仕上げに。私もオススメです(*´▽`*)

ちょうどその頃、建設現場では桜の花がまさに見頃になっていました。今回の目的は敷地の現況調査。

重厚な間知ブロックからの距離や敷地の高低差、境界標の位置確認など、正確に調査します。この日集めた情報はのちの建築確認申請における設計図書に記される大切な元データとなります。

設計士iwaの後ろ姿がなんともシュール。

緑豊かな大地からはじまる”designart”、これからの変化が益々楽しみですね。

kit