さくら咲く

風が少し暖かくなり始めたこの春、迎えた”さくらいろ”のお引渡し。
それは同時に、私たちウッドデザインスタッフが手塩にかけて育ててきた我が子を笑顔で送り出す日。。。

監督のichiroが器具説明をはじめます。

お家の内にも外にも真新しいものがいっぱい。

ご主人のやわらかい表情からたくさんの想い出が次から次へと蘇ります。

Sちゃんは今日も素敵な笑顔を振りまいてくれます。山田町の”ふたごのおうち”様邸の構造見学会のときに一緒にパソコンお絵描きをして遊んでいたときはまだあんなに小さかったのに・・・親戚のおじさんのように日々の成長が嬉しかったなぁ(*´▽`*)

お施主K様との最後の共同作業、壁掛テレビの据え付けをおこない、すべての工事が完了。

お家のカギを工事キーから本キーへとご家族の手で更新していただきました。ここ太郎坊町に新しいWD木の家ファミリー誕生の瞬間です。その名は皆さんご存知、”さくらいろ”。

K様、本日は誠におめでとうございます。また、数多ある建設会社の中から弊社ウッドデザインを家づくりのパートナーにお選び下さいましたこと、心より御礼申し上げます。(WDスタッフ一同)

帰り際、Sちゃんがスタッフ皆にギューをしてくれました。asaもichiroもSちゃんにもうメロメロです(笑)

帰り際にスタッフひとりひとりに「ありがとうございました」と深々と頭を下げられて私たちを見送ってくださったK様ご家族。そんな光景のなか、ふと、見学会のときに遊びに来てくださったご近所の方々に「来てくれてありがとう、ありがとうね」と何度もおっしゃっていたご主人の姿を思い出しました。私はあの日あの場所で聞いた、たった五文字の言葉のあまりの美しさに衝撃を受けたものです。心からの感謝ができる人間は、必ず人から感謝される人間になるのだな、K様の言動をみてそう思わずにはいられませんでした。

“さくらいろ”の木の家はこれからどのように変化していくのでしょう。笑いのたえない真っすぐで明るいご家族と、ともに成長し続ける木の家。どちらの未来にもワクワクがとまりません。はじめてお会いしたあの日から数年。K様の大切な家づくりにご一緒できましたこと、心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

そして、今後ともよろしくお願いいたします。(WDスタッフ一同)

kit