土台敷き。

基礎も完成し建て方にむけて土台敷きの工程に入った『 designart 』の現場。

これからは大工さんがメインの工程になります。土台敷きはお家の最下部にある構造材の土台と基礎を緊結していく作業です。

前回のブログにあげたアンカーボルトが基礎の天端にいくつもセットされています。このアンカーボルトの位置に合わせて土台に穿孔し、土台を通して並べていきます。

そして特殊なナットと特殊な工具で締め付けて基礎と土台を緊結していきます。土台敷きをすることでお家の柱、桁、梁などの構造材と基礎がつながり一体となった構造になるのです。

(土台敷き後、大引材の組込みと束の取付け)

(碁盤の目状に組込まれた大引材の間に断熱材の敷き込み)

(土台、大引材の上に座をはる構造用合板貼り)

土台敷きの工程には上記写真の作業が行われています。またここに構造材の搬入を行い、金物の取付けや構造材に加工を行って土台敷きの工程は完了です。

建て方にむけて仮設足場も組上り準備万端!あとは当日を待つのみです。。