Greenery DesignArt -深緑の棟上げ-

梅雨が明け、お天気が不安定な数日が続きますね。
そんな中、DesignArt様邸は棟上げ(建て方)の日を迎えました。
前日の雷雨で棟上げの日を迎えられるか心配でしたが、当日は見事に晴れ!!
スッキリとした青空となりました。

WDスタッフ、大工さんも続々と集まり、準備は万端です。
朝の朝礼では、お施主K様からこの日を迎えた喜びと、スタッフへ労いのお言葉をかけて頂きました。
ここにいる全員の士気が高まり、それでいて緊張感や清々しさを感じる、何とも言えない空気感が流れます。

いよいよ建て方スタートです!
1階の柱が次々と立ち上がり、柱と梁を金物で接合していきます。

現場監督のichiroや代表のyamadaが足場から、見守り指示を行っています。

わずか1時間ほどで1階部分の作業を完了しました。
スタッフの抜群のチームワークが発揮されています。
クレーンもフル稼働で頑張っています。

2階床部分の合板を貼り終えると、柱を立て・梁を接合して行きます。
午前中であっという間に小屋裏まで終わりました。

お昼はお施主K様・K様のご家族皆様と一緒にランチタイム。
楽しくワイワイと頂きました。K様ごちそうさまでした!
ご家族皆様がK様のお家をとても楽しみにされていて、その想いを沢山お聞かせ下さいました。
皆様の嬉しそうな笑顔を見て、「今日のスッキリとした晴れの天気はK様ご家族の皆様のパワーなんだな」と感じました。

午後からは屋根の作業です。
屋根は6寸勾配、傾斜がきついので慎重に屋根パネルを配置していきます。
大工さん達の見事な連携プレーで次々と屋根のパネルが取り付けられていきます。

屋根にルーフィング(防水シート)を貼り、壁にブルーラッピングをして、無事に本日の作業を終えました。

夏本番さながらの暑さの中、お施主K様・奥様、ご家族の皆様が何度も足を運んで下さり、暖かいお言葉をお掛け頂きありがとうございました。
深緑の中に建つDesignArtはとても美しく、そして誇らしく見えました。