後ろ姿。

モイスの内壁も仕上り、N棟梁が階段の造作にとりかかった『 ROOTS-n 』の現場。

『 ROOTS-n 』の現場の階段は箱階段の矩折りバージョンです。箱階段は1×2.2mのパネル材から側板と蹴込み板と踊り場の板、RW(レッドウッド)の集成板から踏板を切出して造っています。

まずは側板を階段の図面の寸法合わせて段々状に切り出し、踊り場の板を取付け階段の形を造っていきます。

次に切り出した蹴込み板、踏板を下の方から一段、一段、丁寧に組上げていけば階段の完成です。一枚のパネル材から何でも造ってしまう大工さんの技術は凄いです。また、ひとつのものをゼロから造り上げる後ろ姿についつい見惚れてしまいます。

そんななか外部のほうでは外壁も仕上り木部の塗装にかかっています。仮設足場が解け建物の全貌が現れるのももうすぐです。