ラストスパート。

完成にむけてラストスパートがかかった『 木のおうち 』の現場。

外構工事も大詰め……、
アプローチ、駐車場部分のコンクリート打設です。

土間コンクリートの仕上げは刷毛引き仕上げ、コンクリート打設後乾き具合をみながら何度も押え作業を行ったうえで刷毛目をつけていきます。
簡単そうに見えますが力加減など刷毛目を綺麗にだすのはやはり職人技だと思います。

そして最後に造園屋さんによる植栽工事です。
一本、また一本と植木が移植され『 木のおうち 』の現場を綺麗に彩ってくれています。
『木のおうち 』の現場の仕上りを乞うご期待!! 今週末はいよいよ見学会です。



想い。。

上棟から約三ヶ月、工事のほうも終盤を迎えた『 木のおうち 』の現場。

内部では大工さんの造作工事もほぼ完了し次は家具工事です。
設計が描いた図面をもとに打合せの繰り替えしを経て製作に約一ヶ月。。
ようやく現場での取付けです。
現場をやっていてこの瞬間が一番緊張もしますし、それと同時にワクワクする瞬間でもあります(=゚ω゚)ノ
それは家具の出来栄えへの期待と、ちゃんと現場に間違えなく納まるのかとの不安の現れからかもしれませんね。

これも同じ想いで見ています。。
階段のステンレス手摺とN棟梁が造った吹抜け手摺との融合の瞬間です!!

玄関では左官さんによる土間の洗い出しの仕上げになります。
綺麗に砂利がでるようにと左官さんが想いを込めながら丁寧な作業に邁進しています。

そんななか外部のほうではN棟梁が板塀工事に邁進中です。

そして先日、市役所による完了検査を無事終えております。
これから現場は完成に向けてラストスパートです!!









棟が上がった日

建設現場近くに見える周囲4kmのサバイバルアイランド乙島
大安の良き日に、natural様邸の上棟の日を迎えました。

前日までに、遣り方を出し~型枠を組み~基礎コンクリート打ち~
土台敷き、断熱材を入れ~金物取付~足場組立などを済ませて棟上げへと

UD代表のじきじきの陣頭指揮のもと、赤ヘル軍団の勇士達が
呼吸を合わせ、柱を金物に一本一本合わせたのちに
ドリフトピンを打ちんでいきます、全体が均一になります。

白いヘルメットをかぶったnatural様のK様は日頃のお仕事がら
高い場所が得意?ですので、足場の上から全体を確認されてます。

特設のお茶のコーナーでは、K様の手造りの簡易チリ入れに
ペットボトル、プラ、燃えるゴミ袋が、そして整理された箱にお茶菓子が
K様の人柄、仕事ぶりが垣間見えるようです、有難う御座いました。

午前中には1階の部分がきれいに出来あがりました。

お昼になり、昼食を準備して頂いた、K様にご挨拶を頂きました、
美味しいお弁当、有難う御座いました、ご馳走様でした。

お昼からは、屋根をかけ~屋根パネルを取り付け~屋根にルーフィングを
はると全体の棟上げの全工程がそろそろ終わりに近づきます。

その頃室内では、K様ご夫婦と設計との最初の現場打合せ
電気配線の打ち合わせが、進んでいきます、
そばではriku君がおばあちゃんに、何やら何やら( ^ω^)

最期に、全体をブルーシートで包んでしまうと、雨が降っても
中に降りこむ、濡れることの心配もなく、棟上げの完成です。

ご両家のお母さん達を囲んで完成の記念撮影です。
 K様本日は、誠におめでとうございました。
riku君に「完成までもう少し待っててネ」とお伝え下さい。

 

 

 

 

 

COME SPRING !

大きな木々に覆われた、自然豊かな川南町「Deep Woods」。

今か今かと…春の訪れを待っているんだ!…最近木々達から、そんな感じが伝わってくるような気がしてなりません(笑)。

私達も、冬眠から覚めたかのように行動を開始します!

今回は工程のはじめの一歩「遣り方」を行いました。

あらかじめ、何度も敷地を観察して、打合せを重ねた建物の位置。
高さも含めて これで現場が進んで行きます。

測量機器にて正確に建物の「矩(カネ)」をだし、美しく歪みのない家となるように しっかり準備を整えていきます。
天候も良かったので、しっかり何度も何度も確認しながら作業をすすめることが出来ました。

約半日で「遣り方」が完成!
しっかりとした準備が整いました。
これでいつでも次の工事にとりかかることができますね。

あと、ちょっとご紹介。

敷地内にこんな一画がありまして。
お父さんが植えた珍しい植物がここにはあるのですが、工事中何があるか分からないのでこうして目印をしているのです。

気が付いたら水をあげていたのですが、よく見ますと小さな「芽」が出ていまして!

こちらも春の訪れを感じさせますね。
この「エビネ蘭」も、観察してご報告しますね。

春の息吹がたっぷりの川南町「Deep Woods」でした。

凄み。。

例年に比べて雨の多い3月……、

そんななか雨の合間をぬぐって外構工事が進む『 木のおうち 』の現場。。

内部のほうではN棟梁が棚等の造作物を終え吹抜け手摺の造作にかかりました。
まずは部材の加工です。

笠木材、スリット材を図面の長さに合わせて切り揃えていきます。
またスリット材は手摺の支柱に取付けるため接続部にひと工夫の加工を施しています。

まだ造作の途中ではありますが、笠木と支柱を組み立てると手摺らしい形に!!

そしてスリット材の取付けです。
等間隔に取付けられたスリット材はラインがはっきりと通り部材の美しさを引き出しています。綺麗な横スリットの手摺が完成しました。
図面ひとつで無から有を造りだす造作力。。
大工さんの凄みを肌で感じられるものができました。