現場ひと息。。

土間のある暮らし『高原』  現場にて、

Dsc00685

S様、ご主人自ら設営していただき、準備万端[E:up]  

 

前々から仕事が一段落したらバーベキューでもしましょう~♪

とお施主さんと盛り上がっていましたが・・・  

やっとこの日を迎えることが出来ました。    もう完成間近になってしまいましたが。。。

Dsc00687

Dsc00691

S様ご家族、大工さん、電気屋さん、WDスタッフ一部(4名) 夕方6時から始めたBBQ会

約3年前WD見学会に行ってから、WDに決めるまで・・・のお話から始まり

いろんなお話、エピソードが聞けてスッゴク楽しかったです。

そしてとっても、参考になりました[E:up]

 

確かにWDの家づくりは、他社とは比較ならないほど 木を使う、気を遣う仕事です。

木、自然素材をベースに構成してて収まりの難しさは、

既製品の家 クロスの家とは比較にならない。 

職人泣かせとも言われ、大量受注生産などとても無理です(。>0<。)

そして、WD自らが納得できる建物素材、外観、敷地との構成など 

思考や拘りは多岐にわたり、見学し続けて、比較し続けて解る奥の深さです。

 

そんな盛り上がった会話の中、[E:watch]時計を見て[E:eye]ビックリ   

 深夜0時の3分前

ここでお開きとなりました[E:down]

 

次回、新築祝いへ  つづく。。。かな?    S様ありがとうございました WD4名

「現場ひと息。。」への1件のフィードバック

  1. コメントが後先になり申し訳ありません。
    見学会も終わり、まだ引渡されていないのですが、1人、誰もいない
    家に入らせていただき、いろんな所を眺めながら、WDさんに建てて
    いただいて本当によかったなと改めて思いました。
    3年前の池田台の見学会、終了間際にとびこみで入らせていただいたにも
    関わらず、嫌な顔ひとつせずご対応いただき、T氏の名探偵コナンの話が
    今日までのWDさんと我々の家づくりの始まりでした。
    それまでいろんなメーカーの見学会に行っていましたが、
    ここまで家に対して正面から向き合って「家づくり」ではなく「家」のことを
    ここまでアツく語る方はいなかったので、これまで我々が思い描いていた
    家づくりをいい意味でうち壊してくれました。
    それから、可能な限り見学会に足を運び、毎回期待を裏切らない家を見ることが
    できたことが、確固たる思いにさせてくれました。
    それから土地のことなどいろんなことがありましたが、我々の要望・拘りに
    対してYES、NOをはっきり言ってくれたことも、理想に近い家づくりが
    できた一因だと思います。
    出来上がるまでに、WDの方々はもとより、M棟梁、基礎工事から電気工事、
    棟上げ、外壁、内部塗装、家具、外構、カーポートなど、こんなに?と思う
    ぐらい多くの職人が携わってひとつの作品が完成するのだと初めて知りました。
    改めて、関わっていただいたすべての人に感謝です!
    WDさんも内部塗装などこれまでやったことがない注文だったので不安の中、
    手探り状態での作業進行だったと思いますが、わがままに付き合っていただき
    ありがとうございました!住むのが勿体ないくらいの家が完成しました!
    引渡しはもうちょっと先ですが、大事に使わせていただきます。
    今後とも、家と家族共々よろしくお願いいたしますm(__)m

コメントは受け付けていません。