手のものがたり。。

外部ではいよいよ外壁の仕上げ工事に入った『 木のおうち 』の現場。

板金の職人さん達が約10日間かけて仕上げていきます。
白い防水シートで覆われていたお家がどんな雰囲気に様変わりするかは乞うご期待(-ω-)/

そんななか内部のほうではN棟梁が内壁の仕上げ工事にかかっています。
WDのお家はほぼ大工さんの手で仕上げていく造りです。
真壁構造の柱・梁間に合わせてモイスのボードを切断し、柱・梁の突き付け面をペーパーで擦り合わせていきます。

突き付け面の付き具合を幾度となく確認をしたうえで、特殊な釘でとめてます。
大工さんの手が物語る仕上がりです。

モイスの内壁が仕上がると1階廻りの天井の仕上げです。
N棟梁が無垢の天井板を一枚一枚切り揃えていってます。鋸の刃の厚みの切り間違えも許されません。

そうした丁寧な作業のひと手間ひと手間を惜しまず、N棟梁の手で日々仕上がっていっています。