着工。

いよいよ着工にむけ始動した『 かぞくのじかん 』の現場。。

基礎工事のための大事な作業である ” 遣り方 ” を行いました。
” 遣り方 ” はだん杭を地面にたたき込み板を取付けて囲いを組んだようなものです。

しかしながらこの囲いには基礎工事を行う為の大事な情報がつまっています。何気なく取付けられている板の天端はレザーレベルで出した設定GL(基本地盤面)からの高さを示しています。

また、張られた水糸はトランシットで出した通り芯の矩手(直角)と
対角の長さを確認することができるのです。

そしていよいよ基礎工事が始まります。謂わば ” 遣り方 ” は、
基礎工事のための墨出し作業です。
基礎着工をむかえこの ” 遣り方 ” をもとに基礎工事が進んで行きます。。