着工。

基礎着工にむけて地盤改良工事にとりかかった『 風と暖炉と動線!』の現場。

地盤改良にもいくつかの工法がありますが、ここではHy-SPEED工法(天然砕石パイル工法)で行っています。この工法は円柱状の孔の中に天然砕石を転圧しながら入れていくことで石柱を形成する工法です。基礎工事の前の地盤の足固めはこれで安心です。

地盤改良工事を終え次に遣り方出しです。
遣り方出しはお家の位置、地盤の高さの基準をだす墨出し作業です。杭を打込み貫板を水平に取付けた囲いのような見た目ですが、この貫板には建物の各通り芯の墨が記入され、貫板の天端は設定した地盤面から50センチの高さを表しています。

この遣り方をもとにいよいよ基礎着工です!!