現場を楽しむ

上棟式も終わり、順調に現場が進みます 川南町「Deep Woods」。

雨風から家を守っていたブルーシートもバルコニー部分を残すのみとなりました。そして代りにモイスと防水シートが家を覆っています。

この季節、予期せぬ天候の悪化も心配ですので、「屋根」の工事も進めてもらいました。
この段階で、少々の雨や風が来ても「木の家」は大丈夫。他の工事を安心して進めることが出来るようになりました。

現場の安心を守るのは、現場を管理する物の務め。
ただ、単に整理整頓に徹しても良いのですが、どうせなら楽しんでやりたいな…と思いまして。
「Deep Woods」では、現場で手づくりして整理整頓をしています。

まずご紹介しますのは、↑産廃ボックスの蓋。調番を付けて開閉式にしてみました。
これでゴミの散乱を防ぐと同時に、作り手側の心も整理できるのでは…なんて思っています。

次にご紹介しますのが↑犬小屋…ではなくて、段ボール置き場。
雨に濡れると、廃棄してくれる業者さんの手を煩わせてしまうので作ってみました。
段ボールが入っていないと、ほんとに犬小屋に見えるので…今後改善ですかね。

そして最後に↑これです。赤い看板…
このデザイン…なんだか鳥居のような 神社の一部のような…。
「Deep Woods」の外観色がヒントになってこのようなカラーリングを施しているのですが、ここではまだ秘密にさせていただきますね。

赤い屋根に赤い看板が似合っていますね!(go inだな…)

こうして現場を楽しみながら、少しずつ進む川南町「Deep Woods」。
もしご興味がありましたら、現場にも遊びにきてくださいね。