勇大な梓の家

勇くんと大ちゃんと梓ちゃんの家のお引渡し

雨上がりの青空、清々しい風がそよぐ良き日に
「勇大な梓の家」…めでたく、お引渡しを迎えました。

Image

現場を担当した平岡君から、丁寧な取扱説明を受けるN様ご夫婦。
今回は国外製の機器もあり、しっかりと説明書と実物をチェックしてご説明をします。

Dsc_7512

使いながら覚えていく…。なんでも慣れる事が大切なのでしょうね。
最初は電源を入れるところから始まるのですが、さすが若いお二人…説明が終わるころにはスラスラと応用編までマスターしておりました。

Dsc_7537

子供達も興味津津!鍵の開閉を自分でやってみて大はしゃぎする勇君、嬉しそうでした。
弟の大君も負けじとチャレンジしますよ!

Dsc_7541

最後はカッコいい「ポーズ」をキメての記念撮影。
おじちゃんは「ゴーレンジャー」しか知りません…ごめんね。(ガンダムなら負けないけど…)

1433106190641

「この日この時を忘れないように…」
私達からは記念の時計をプレゼントさせていただきました。

1433106207014

するとN様からお返しが…「皆さん”一斉”に選んでくださいね(笑)」
何やら不思議なプレゼントをいただきまして…。N様、不思議なプレゼントありがとうございました!

1433106229541

事務所に帰り、袋から不思議なプレゼントを取り出しますと、またまた個別に包装が…。

1433166888279

言われた通り、スタッフみんな一斉にプレゼントを手に取ります。
その不思議なプレゼントの中身は…

1433166868325

なんとかわいい「動物」が彫り込まれたボールペン。それぞれ種類が違い、写真の彫刻は「鷲~ワシ~」。
誰が引き当てたかは秘密。(ヒントは一番の長老鷲…)
不思議に本人を連想させるような動物をみんな引き当てたようです。

そんな私は…月に向かって「ワオーン」と吠える動物でした。

N様、このプレゼント、大切に使わせてもらいますね。最後まで楽しませていただきまして、ありがとうございました。

これからも、末永く よろしくお願い致します。

TZK

植栽計画

今回は、2階リビングのため
少し背の高い木々を配置しました。。
A1_2
選んだ木々は?
カシの木(常緑木) シマトネリコ(半常緑)
モミジ(落葉木)  ノムラ(落葉樹)
ハクサンボク(常緑樹) トキワマンサク(常緑樹)
その他 マルバ 岩ツツジ 南天 ブルーベリー アデク
1本1本の木々にも、目的と役割 深い意味があるのです。
A2_2
003
ポイントごとに、木々がその役割を果たしていく
A6
敷地に建物だけが ポツンと建っていた時よりも
外構工事や植栽工事が進むにつれて
建物全体の雰囲気がどんどん良くなってきました。
それは、私だけが感じる事ではなく
近隣の方々、朝夕の散歩の人までも魅了していきます
いいね~
どんどん家が良くなってくるね~
そんな声があちこちで、 聞こえてきます。
建物完成時と外構植栽工事の完成時
A4
A5
インターホン後ろのモミジの木
春の新緑から、秋の紅葉  そして冬へと
1年また1年、家族と共に。

佳境。。

今週末の完成見学会に向けて工事のほうも、
佳境を迎えている『勇大な梓の家』の現場。
Securedownload3
内部の仕上げを終え大工さんが板塀を仕上げていきます。
Securedownload2
台風の襲来で雨の日がおおくなるなか、
貴重な天気の合間をぬっての作業は他現場の大工さんたちの、
応援をもらっての総力戦なのです。
Securedownload1
また仕上げの塗装も行っております。
Securedownload
板塀も形になり完成まであと一歩のところまできた、
ここ『勇大な梓の家』の現場なのです。

スパート。。

工事のほうももう終盤戦!!
土色のキャンパスに外構のイメージを描きながら、
外構工事にはいるここ『勇大な梓の家』の現場。
Securedownload
内部のほうでは役所による完了検査にむけてみるみるうちに仕上がっていきます。
Securedownload1
階段にはステンレスポール製の手摺が取付きました。
Securedownload1_2
リビング、洗面・脱衣室には家具職人さんの手で造られた造付けの家具が取付き、
大工さんが仕上げてきた内部を着飾っていきます。
Securedownload2
そんななか先日、役所による完了検査を受けました。
Securedownload3
外部の配置に始まり内部へと、
図面片手に隅々まで見ていきました。
内部の仕様や仕上りにも興味をもたれつつ、
一足早い内覧会のような完了検査も無事終えております。
Securedownload4
見学会まで約二週間!!
ラストスパートがかかり始めるここ『勇大な梓の家』の現場なのです。

ひといき。。

外壁も仕上り足場解体の段取りがすすむ『勇大な梓の家』の現場。
Securedownload
内部の方では床の仕上げ工事にはいりました。
内部の床材は杉板の浮づくりになります。
幅16.5cm×長さ4mの杉板を一枚一枚丁寧に切りそろえていきます。
Securedownload1
その切りそろえた杉板を丁寧かつ慎重に突付けていき、
Securedownload2
フロアー釘で杉板をとめていき丁寧に貼合わせていきます。
この作業を約150枚分も繰り返し床の仕上げ工事を終えております。
Securedownload4
そんななか、外部のチェックを兼ねて水洗いを行いました。
Securedownload5
Securedownload6
屋根に始まり外壁の一面一面を見渡していきながら、
丁寧に磨きあげ美しさにより磨きをかけております。
Securedownload7
外部のチェックも終えあとは足場解体へ・・・そして工事のほうも終盤戦へ!!
とその前に、珍しい出店で買い物を楽しみながら、
つかの間の一息をいれたここ『勇大な梓の家』の現場なのです。