ike502

爽やかな色や香りに包まれて。。。

暦の上では、立冬を迎えた「We.Labo」の現場です。

しかしながら雲一つない快晴の暑い日となり、なんなら結構汗が滲んでおります。

 

現場では先日の華麗なる遣り方から工程は進んで、さっそく基礎工事が着工しておりました。

 

先日のやり方を基準に重機で鋤取りし、基礎コンクリートを打つ為に必要な部分を床掘りします。
床掘り後は、砕石を敷き、締め固めるという流れです。

 

ふと気づくと現場周辺には色鮮やかにコスモスが咲いておりました。
癒されますね〜。

 

おやおや、ほのかにいい香りが流れてきました。。。
現場のお隣さんから、秋の風物詩(もう冬ですけど・・)のキンモクセイの爽やかな香りです。
癒されますね〜。

 

それにしてもすばらしいロケーションの現場です。
宮崎を代表する山々の大パノラマが目に飛び込んできます。

 

こちらは宮崎ならではの風景、大根やぐらです。
このやぐらで天日干しされた大根で作られた漬物が最高に美味しいですよね。

 

「We.Labo」の現場周辺には心癒される風景がいっぱい。素晴らしい環境ですね〜。

さあ「We.Labo」の現場はまだまだこれからです。

引き続きお楽しみくださいね〜。

ike502

 

 

 

 

 

こつこつとしっかりと。。。

仮設足場も撤去され、年末に向けて慌ただしくなってきた「designart」の現場です。

この日は天気も良く冬間近とは思えない陽気。

今週も週に一度の現場チェック。チェックしながら清掃していきます。

現場監督のichiroが目を光らせ、しっかりと隅々まで現場を管理しています。着工からお引き渡しまで、お施主様のケアと現場の保全に全力を注いでくれています。

その間もキズや汚れをチェックです。ウッドデザインの家は柱や梁のほとんどが見えます。
ちょっとした傷や汚れ、ピンの打ち損じなどあらゆるところをチェックしてその場で対処します。

 

細やかなわずかな隙間もブロワーをかけたり、松井棒のような自作の掃除道具を駆使したりして、とにかくキレイにします。

 

吹き抜け部分の天井や壁の上部は簡単には手が届きません。いまのうちに、しっかり磨いておきます。

 

時間と手間どちらも惜しみなく費やし、スタッフ全員駆けつけるのがウッドデザイン流。

チェックのほかに大工さんと工程を確認したり、必要な材料の確認をしたりと、とても重要な現場チェックなのです。

 

さあ「designart」まだまだ工事は続きますよー。

ike502

 

 

 

 

 

 

 

さあ現場チェックだ!

秋が深まりつつありますね〜。
国文祭、芸文祭も、とうとう今週末までとなりましたね。

さて先日、華麗に建て方を終えた「Le Premiers」の現場に行ってまいりました。

週に一度の現場チェック。チェックという名の現場クリーン活動です。

このクリーン活動は、お施主様が安全に快適に生活していただくために、釘やネジが落ちていたり、ピンの突出、キズ割れなどないか、隅々まで調べていきます。また汚れなどがあればすぐに拭きあげます。

見落としがちな天井にも埃は付着しており、しっかりと掃き掃除していきます。

まだ棟が上がったばかりで、木屑などまだそれほど落ちていませんが、とにかくきれいに!

天井や梁は背の高いスタッフが担当。。。。

柱や床は背の低いスタッフが担当。。。。

 

 

とはいうものの、スタッフみんな、高いところ低いところ、広いところ狭いところ、暑いところ涼しいところ、全く関係なく、脚立に登ったり、床にはいつくばったり、おのおのが目を凝らし、われさきにキズやよごれをみつけてはきれいに磨いております。

なんといいますか、現場をきれいにすると心が洗われるといいますか。。。。
秋ですね。。。。

 

さあ工事は始まったばかりです。しっかりと磨いていきますよー!

ike502

 

 

 

 

 

 

 

すばらしき気密断熱施工

まだまだ暑さが残る中、裏山の栗も実り始めた『 designart 』の現場です。
栗、美味しいですよね〜。

さて現場では気密断熱のセルロース施工がちょうど終わりました。
このセルロースは非常に優れもので、ホウ酸薬剤が均一に配合された紙製品をふんだんに使用し、断熱はもちろんのこと、細かく隅々まで吹き付けているので気密にも大変効果があります。
以前、「なごみ」の現場でも紹介してますね。
http://wooddesign.co.jp/worksblog/staff/hiza/8192/

しかもこの断熱材セルロースファイバーは防火性能が高く「燃えにくい」「溶けない」「全体が高温にならない」「有毒ガスが発生しない」という防火に必要な性能が揃っているというから驚きです。しかもホウ酸を含んでいるため、防虫にも一役買っています。すごい!

断熱材セルロース、しっかりときっちりと詰まっております。

隙間という隙間にきっちり入り込み、気密性を高めています。

吹き付けて施工していくので、斜めであろうと関係ありません。

見落としがちな、電気配線部分もしっかりと。

屋根断熱でも同じようにセルロースを施工します。

そして残暑の中、空調ベストとのダブル扇風機で涼しげに仕事するW大工さん。

これからモイス を貼って見えなくなってしまうのですが、壁の内部で絶大な仕事をしてくれます。それにしても断熱材セルロース、すごいですね〜。

現場近くの川は、涼しく穏やかに流れておりました。

さあ『 designart 』の現場も次の工程へと流れていきますよ〜。

ike502

 

 

 

 

 

 

 

台風一過。。。

東京オリンピックが閉会しましたね。アスリートの皆さんには多くの勇気と感動をいただきました〜。
そして今度はパラリンピック。まだハンカチは手放せないですね。

そんな中こちら九州南部では台風9号が上陸しておりました。

甚大な被害はなかったものの多少の雨風があった台風も一夜明け、雲ひとつない晴天にめぐまれました。

『 designart 』の現場ではすでにW大工さん、電気工事Nさんが何事もなかったかのように作業を黙々と進めておりました。さすがです!

それにしても黄砂もよどんだ空気も全部持っていったような澄みきった天気。しっかりと養生していたおかげで完璧な姿の『 designart 』です。

W大工さんによる内部の下地工事、着々と進んでおります。

この日は前日と打って変わって、急に猛暑に見舞われました。

匠の技に光る玉の汗も輝きを増しております。

気づくとお昼時間。電気工事のNさん、「昼飯にしようや」と現場ではランチタイムが始まりました。

匠二人っきりのランチタイムを邪魔するわけにはいきません。

そろそろこの辺でおいとまします(^^)。。。

ike502