ROOTS-n

ROOTS-n、お引渡しの日。

N様ご家族に初めてお会いしてから、早1年が経過しました。土地探しからご一緒させていただき、家づくりについてたくさんのお話をし、さらに建物の愛称なんかも一緒に考えましたね。そんなN様との楽しかった家づくりも、ついにこの日を迎えました。

現場を最後まで丁寧に、そして美しく納めてくれた現場監督のichiroが各種設備の使い方をご説明。

こどもたちは新しいお家に大はしゃぎ。「どんな風になっているの?、わぁ~すごい、楽しい」。この1年でさらに綺麗になったKちゃん、癒し系のAくん、好奇心旺盛なSくん。みんなに喜んでもらえるお家になったかな??

餅まきひょっこりはんの再来かと思うほどの、新ひょっこりはん襲来。

Kちゃんだけは上棟式が終わってから昨日まで一度も現場に来てくれていませんでした。奥様から「あの子は楽しみは最後までとっておきたいから来ないって言うんです」と伺っていました。そんなKちゃんの見えない想いに応えたくて、ichiroやhizaが頑張ってくれていたことをわたしはよく知っています。そんなKちゃんから今日、「すごく感動しました、とってもうれしいです」と言われ、わたしたちは込み上げる思いをぐっとこらえるのでいっぱいでした・・・。

各種保証内容、構造計算書、性能評価書、日頃のお手入れ方法などについてのご説明。

代表のyamadaが見つめるなか、ご主人に玄関ドアを操作していただきます。これにより、これまで私たちが使用していた工事用キーではカギが回らなくなり、N様ご家族だけの鍵へとなりました。

N様、本日は誠におめでとうございます。N様ご家族の家づくりに関われましたこと、数ある工務店から弊社をお選びくださいましたこと、ウッドデザインスタッフ一同、深く御礼申し上げます。

私たちが大切にしてきたこの木の家は、この日この時を持って、N様ご家族へと襷をお渡ししました。これからは、N様がこの木の家でご家族の大切な物語を造ってくださいね。「ようこそ、木の家ファミリーへ」。そして、これからも引き続きよろしくお願いします。

kit

ミガキ・ザ・ファイナル

完成見学会も終わり、お引渡しが近づく”ROOTS-n”。
お施主様と初めてお会いしてから、はや1年を過ぎました。なんだか早いものです。一緒に土地探しから始めて、N様ご家族とたくさん同じ時間を過ごさせていただきました。

正直、嬉しい思いが半分、寂しい思いが半分。
そんな思いが行き来するなか、WDスタッフ全員でお引渡し前の最後の「磨き」をさせていただきました。お施主様への感謝の気持ちとご家族の明るい未来を願い、家づくりに携わる私たちスタッフが新しい木の家に「命」を吹き込む大切な時間。


ここROOTS-nにも、時間をかけてゆっくりと、そして力強く「命」を吹き込ませていただきました。

そして検証会。担当設計を中心に、現場監督、営業がどのようなところにこだわってどのように表現したか、当初計画から変更したところとその理由、お施主様オリジナル小話などを交えながら説明します。


良いものは良いと伝え、こうした方がさらに美しかったやワクワクするなど、各々が感じた率直な意見を言いあう場。経験や年齢なんてものは一切ない。その場で飛び交う多くの内容は時に厳しくも、私たちが家づくりを続けていく上でなくてはならないこと。

ここ、”ROOTS-n”も例外なく、お腹が痛くなるほど意見をいただきました。それはまるで、左ジャブではなく、いきなり左右のボディブローからの右アッパーのコンボです(゚Д゚;)

厳しい意見を言い合ったあとでも、最後はみんな笑顔に。これもまたいつものWD風景。

私たちはこの”ROOTS-n”の家づくりにも自信を持って取り組んできました。同じ志をもった仲間で造りあげてきた大切なお家だからこそ、そこに住まうご家族が笑顔のたえない幸せな時間を送ってほしいと心から願えるのです。

WDスタッフ一同、N様ご家族に自信を持って、新しい仲間(木の家)をお引渡しさせていただきます。

 

kit

感謝

先週末まで開催していた”ROOTS-n”完成見学会(初披露)in花ヶ島は、大盛況のもとすべての日程を終了いたしました。
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

さて、本日はそんな花ヶ島会場オープン前の小話。

駐車場を照らす光の前で板を塗っている方がいます。この板はいつも私たちウッドデザインのイベント会場前に設置している案内看板です。ここ最近塗り替えていませんでしたが、今回の見学会は外部をシックに決めようというコンセプトのもと、これも塗り替えることにしました。

塗り替えは私達スタッフもできますが、やはりどれだけ練習しても多少の色ぬらがでたりと、熟練のプロには決して敵わないものです。良いものを造るためにはいい仕事ができる職人さんの力も惜しみなく。私たちのウッドデザインの会社コンセプトでもあります。

完成したものがコチラ。

「んっ!?!」
シックに決めたはずが、矢印がなんだかかわいくなっていました。。。
これは間違いなくike502の仕業ですね。でも、こういった文字やロゴなども手造りしてくれるike502。突拍子のない感性もまた素敵です。
よし、これを活かそう!私はそう思い、おニュー看板を通りから見やすい場所にビシッと設置しました。

ですが、日中は敷地内駐車場に車が止めきれず、おニュー看板はここに置く!?というほど隅に追いやられていました( ;∀;)アハハ


ナイト見学会も満員御礼。ご来場下さる皆さま、いつもありがとうございます。

(ナイト見学会の一コマ)

2週にわたり完成見学会の開催を快くお引き受け下さったお施主のN様、誠にありがとうございました。スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

お引渡しに向けて最後の追い込みです。磨きに磨きをかけ、さらに美しい状態でお引渡しさせていただきます。

kit、スタッフ一同

debut

完了検査を終え来るべく完成にむけ外構工事も大詰めをむかえた『 ROOTS – n 』の現場。。

駐車場部分、アプローチのコンクリート打設です。ひとりで外構工事を行ってきた左官さんもようやく最終工程です。

駐車場にはカーポートもついています。

基礎工事に始まり上棟からN棟梁が造りあげ仕上げたお家。。約4ヶ月の工事の集大成です。植栽を植え込み完成に華を添えていきます。
そしていよいよ今週末、『 ROOTS – n 』の現場はお披露目になります。

MAN POWER

現場の方も終盤を迎え完了検査にむけ内部の総仕上げがすすむ『 ROOTS – n 』の現場。

打合せを幾度も重ね工場で造られた家具の取付けです。家具が付くと一段と内部の雰囲気が変わってきます。

家具が取付くと設備の職人さんたちが器具を取付けていきます。ひとつ、またひとつと完成に近づいていきます。

電気の職人さんも内部の最終の器具付けです。

鉄のフラットバーを加工して出来上がった階段手摺の取付。居合わせた職人さん達の協力とみんなの視線を一心に浴びてN棟梁が手摺の建ちをレザーで確認しながら取付けました。

外部では応援の大工さんを呼んでの板塀の作業。。微力ながら私も協力しております。その間にN棟梁はウッドデッキの制作にかかっています。N棟梁は内部に外部にと大車輪の活躍です!!

みんな力で仕上がった内部では先日、完了検査を終えております。。