梅雨の合間に

平年より5日早い梅雨☔に入った九州南部地方

ここ「natural様邸」の現場では梅雨の雨間を見ての

作業が続いています。M棟梁は引き渡しにむけて、

家具付け、キッチンなどの器具付けの下準備を、

一週間ぶりの自宅へ帰る日は、いつになく作業の手も

軽やかに進んでいるように見えました。

軒天を塗装中のSさん、現場に来ていました施主の

K様ご夫婦も「外壁の色とあってますね」と、

大変喜んでおられました。

エントランスでは左官さんが軽快な腕さばきで

洗い出しの下地を塗られていました、この作業を

ご覧になってましたK様の奥様が、匠の技に

「さすが」と見入っていらっしゃいました。

施主のK様ご夫婦が代表との打ち合わせです。

棟上げからあっという間で終盤戦を迎えており

今から、現場の状況を確認しながら、銀行の手続き、

登記の手続き、住民票の移動などの準備と進みます。

 

 

 

 

繊細な匠の技

 

内部の壁仕上げ工事に入った『natural』

ここからしばらくは棟梁とモイスだけの時間が

続きます。

 

モイスが納まる壁に合わせてカット、

 

次にペーパーをかけて面をとる。

 

壁に仮置きして柱、梁との通り具合を確認しては

 

またペーパーかけをして調整する。

このやりとりを何度も繰り返したあとに

 

 

ようやく取り付けを行って1枚のモイスが

定位置の壁に納まるのです。

熟練の棟梁をもってしても1日に数枚しか

仕上げることができません。

それほど繊細な工事になります。

この一連の作業中は声をかけるのも

できないほどの緊張感で

少しでもその匠の技を伝えたくて

黙って写真に収めるのが精一杯でした。

 

 

 

棟梁に弟子?


天候に恵まれ無事上棟を終えた『natural』

外部の耐力壁モイス張りを完了後

JIOの二度目の検査(構造体検査)を受けました。



この後は通常、窓取り付け、

屋根工事と進んでいきますが、


その前にどうしても紹介しておきたい出来事が

ありました!!

それが次のワンショットです。


棟梁に弟子入り?しているのは、

なんとオーナーのK様です。

ウッドデザインではおなじみのガラス入りの

木製玄関ドア、

防犯仕様の三層ガラスが組み込まれ

横綱級の重量を誇る代物です。


棟梁と私のふたりで格闘していたのですが、

みかねたK様が堪らず飛び入り参戦です。


取り付けの準備をしているところのショット

ですが、取り付けから最後の養生まで

ほぼ私の出番がないくらい親方と弟子の

独壇場でした!


取り付けが完成した玄関です。

一緒に頑張った者だけが共有できる

程よい疲れと達成感がそこにはありました。


K様、お疲れさまでした。

そして、ありがとうございました。





棟が上がった日

建設現場近くに見える周囲4kmのサバイバルアイランド乙島
大安の良き日に、natural様邸の上棟の日を迎えました。

前日までに、遣り方を出し~型枠を組み~基礎コンクリート打ち~
土台敷き、断熱材を入れ~金物取付~足場組立などを済ませて棟上げへと

UD代表のじきじきの陣頭指揮のもと、赤ヘル軍団の勇士達が
呼吸を合わせ、柱を金物に一本一本合わせたのちに
ドリフトピンを打ちんでいきます、全体が均一になります。

白いヘルメットをかぶったnatural様のK様は日頃のお仕事がら
高い場所が得意?ですので、足場の上から全体を確認されてます。

特設のお茶のコーナーでは、K様の手造りの簡易チリ入れに
ペットボトル、プラ、燃えるゴミ袋が、そして整理された箱にお茶菓子が
K様の人柄、仕事ぶりが垣間見えるようです、有難う御座いました。

午前中には1階の部分がきれいに出来あがりました。

お昼になり、昼食を準備して頂いた、K様にご挨拶を頂きました、
美味しいお弁当、有難う御座いました、ご馳走様でした。

お昼からは、屋根をかけ~屋根パネルを取り付け~屋根にルーフィングを
はると全体の棟上げの全工程がそろそろ終わりに近づきます。

その頃室内では、K様ご夫婦と設計との最初の現場打合せ
電気配線の打ち合わせが、進んでいきます、
そばではriku君がおばあちゃんに、何やら何やら( ^ω^)

最期に、全体をブルーシートで包んでしまうと、雨が降っても
中に降りこむ、濡れることの心配もなく、棟上げの完成です。

ご両家のお母さん達を囲んで完成の記念撮影です。
 K様本日は、誠におめでとうございました。
riku君に「完成までもう少し待っててネ」とお伝え下さい。

 

 

 

 

 

natural様邸の地鎮祭

今年いちばんの最強の寒波?少しみぞれ交じりの
小雨の中
natural様邸の地鎮祭が厳かに執り行われました、
両家のご両親の皆様方にもご主席頂きました。


地鎮祭とは「土木・建築等の工事をするとき、
その土地の神をまつり工事の無事を祈る儀式」
とこしずめの祭りとも言います。
神主さんの開始のあいさつ、お供え物を祓い清め、
神主さんが「おおぉーー」と
土地の神様を迎えて(降臨)神様に祭壇のお供え物
を食して頂き、工事の安全を祈ります。
神前に玉ぐしを奉り、再度、神主さんが「おおぉーー」
と声を発し神様にお帰り頂きます。

式が無事に終わり、お神酒を注ぎ、
工事の安全を祈願して
神主さんの合図で献杯を行いました。

終了後にご両親と一緒に記念撮影です、
寒い中の地鎮祭お疲れさまでした、
とっても良い式典になりました。

K様と配置の確認です、ここが玄関で、
ここがリビングで、
ここがお風呂場で、台所で、土間でと・・・

riku君は新しいお家でどんな夢を見るんでしょうか( ^ω^)・・・
K様本日はおめでとうございます。

yano