Neo Vintage

お引き渡し。。。。

Image1_1_2
とうとうこの日がやってまいりました。
綾のお城が見守る中、お引き渡しの儀式です。
これまでのいろんな思い出が駆け巡りました。
1_2
安全祈願、地鎮祭。。。
11
トレーラーハウスの大移動。。。
8
ご近所様へ感謝の気持ち、せんぐまき。。。。
20170310_092348
しっかり完了検査をクリアして。。。。
Image9_1
Image10
お引き渡し前の総チェック。。。。
そしてようやくお引き渡しを迎えることができました。
Ochi01
Ochi03
Ochi02
Ochi04
こうして無事にお引き渡しできることに幸せを感じてしまいます。
同時に感謝の気持ちでいっぱいです。。。。
O様、 新生活のスタートですね~
この木の家に思い出をたくさん作ってくださいね。
木の家とともにすくすくのびのびと大きく育ってください。
O様ありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。(*^-^)

検証会

Image1_1_2
(2016年4月1日綾城付近のソメイヨシノです)
そろそろ綾城周辺にソメイヨシノの桜がピンク一色に染まります
今日はここ綾、Neo Vintage様での検証会です。
Image2
入社して6年目になりますが、その間60棟程検証会に出ており
ここでの発言等が将来のウッドデザインを支える場だと、
改善を含めて確認する大切な会だと位置ずけております。
Image5_1
例えば、図面通りにできているか?配置は、サッシの位置は、
デッキの高さは、照明の位置は?種類は?明るさは、などなどです。
Image1_1
検証会の中で何度となく、ああしてほしい、
こうしてほしい
と生意気にも進言する事があります、
その事が、次の現場で取り入れられると、
検証会に参加する意義、目的が少しでも達成されたと感じます、
次回は、お引渡しです。

お引渡し前

Image10
お引渡し前の清掃は、おそらく何処の会社でも
清掃会社に
依頼しているのが一般的でしょうが、ウッドデザインでは
スタッフ全員で(工務も、営業も、事務も設計他も、社長自ら)清掃を
させて頂いております、目的の一つにスタッフの意気を合わせる
そこに大きな意義があるように、私は考えます。
Image1
ichiro君は床下の清掃です、完全防備で必需品の掃除機と
ライトを頭につけて作業後に残ったゴミ等拾い集めます。
Image7
紅一点のotiaiさんは、何にでも興味を持ち主婦の勘で
掃除機をかけていきます( ^ω^)・・・
Image5
階段の汚れキズを確認してsakagutiさんは清掃を続けます。
Image9_1
私は、屋根裏に入り掃除機で丁寧に木くずゴミ等を
見えない所が大事とウッドデザインでは考えております。
Image4
外回りの外壁の清掃をtezukaさんが念入りに。
Image6_3
社長は、何時も電気系統のチェックを怠りません。
Image8
ノッポのIKE502さんは
、天井の清掃~梁の清掃へと( ^ω^)・・・
Image3
設計のiwamotoさんは、モイスの清掃を( ^ω^)・・・
お引渡し前の清掃が済みましたら、検証会へと進みます、
次回は、検証会の様子をご報告致します。
yano

青い空とレンガ色

綾城の麓、「Neo Vintage」が姿を現しました。

そして本日めでたく完了検査をむかえることが出来ました。

20170310_092348

綾の青い空に レンガ色の外壁がよく映えます。

20170310_092130

朝10時、いよいよ検査がはじまります。

何度も確認をしているのですが、この時ばかりは「何かあるのでは…」っと 前日より落ち着かない私です。

20170310_093140

キッチンの仕様や寸法、手摺の高さ…図面を見ながらチェックは進みます。

20170310_093319

「Neo Vintage」は三階建。
例外なくこのフロアーもしっかりと確認が行われました。

そして今回も問題なく合格通知書をいただきました。(やっとゆっくり眠れます)

次回「Neo Vintage」は、最後の関門「WOOD design検証会」をむかえます。(まだまだゆっくり眠れませんね)

今年も磨きます

Image3
ウッドデザインでは、金曜日になりますと「今週はどこの現場チェツク?」と
自然とスタッフの中から話が出てきます、現場チェツク(現場清掃です)。
私が入社して6年目ですが、もう6年(*^-^)、いやまだ6年(*´ェ`*)です
施主様の大切な財産をお引き渡すまでの間、スタッフの目で厳しくです。
昨日も、綾の「NeoVintage」様邸でチェツク(清掃)させて頂きました。
[E:new]スタッフのochiaiさんです。
Image2_3
ikeさんとsakagutiさんは、3階のモイス、梁、天井の清掃・チェツクです。
Image4
2階ではhiraoka君が柱の清掃、傷が無いかなどを確認していますネ
Image1_15
この日は、今年一番の寒波襲来か?という朝でしたが
磨いているうちに体も心も、ぽかポカと温まってきました(@Д@;
ウッドデザインでは今年も、現場チェックを通して
スタッフ一丸となり「自ら率先してお客様に感動を与える」
元年にして行きたいと考えております。
今年も、磨きます、磨かせて頂きます。r(^ω^*)))
yano