LICENSE

鰯雲と基礎工事完了

1440078629661

「LICENNSE」の工事が、順調に進む生目の空…
秋の季語でもあります「鰯雲(いわしぐも)」が浮かんでおりました。もうすぐ「秋」ですね…

1440078700968

すっかり辺りが寒すぎて、「防寒」している職人さんたち。

…いやいや、まだまだ暑い夏は続いているんですが!

1440078714432

よく見ますと、最近注目されている。「ファン付」の作業着でした。

ファンで強制的に空気を送り込んで、気化した汗で体を冷やす…。
聞くと、たまに「寒いくらい」だそうで、来年は私も考えようと思います。

1440078723756

ファンのアップ。何度見ても「宇宙服」です。

1440078770078

快適な作業服のためか、順調に現場も進みました。
第三者機関「JIO」の検査も問題無しで合格。こちらは汗をカキカキ、細かく検査していただきました。

1440078813829

このシーンだけ見ますと、やはり建築現場で作業している職人さんには見えませんよね。
流行を先取りしている基礎屋さんです。

1440078662354

いつもの「美しい」もち肌すべすべの基礎の完成です。
これからいよいよ「木工事」が始まります!

「地」固まる

梅雨の長雨が続き、そろそろ夏の太陽が恋しくなってきた宮崎市 生目にあります「LICENSE」。

1436320782128

写真は敷地のすぐ前を流れます「大谷川」。雨の影響で川の水も濁り気味。
昔からこの川には、とても大きな「鯉」がおりまして、工事中お目にかかるのが楽しみだったり。

1436320772202

そんな梅雨真っ只中、「1日だけ曇り」という日がやってまいりました。
私達はそんなチャンスを逃しません!さっそく「遣り方」を出させてもらいました。

1436276381662

「雨降って、地固まる。」
いろんな事に使われますが、今回はその言葉の通り、梅雨の長雨で細かな砂が地盤深くに流れ込み、しっかりと「地」を固めてくれました。
今年40歳を迎えた私には、少々骨の折れる作業となりました。(若い人たちの前では疲れているところを見せませんが!)

1436276313543

杭を打ち終わり、一本一本丁寧に高さを見ていきます。
この作業を「レベルを見る」というのですが、これが家の高さの基準となるため、何度も確認して高さを決めていきます。

1436276330777

つづきまして建物の直角90度を出していきます。
この作業を間違うと、建物が正確な4面体として成り立たなくなります。この作業も何度も何度も確認して進めていきます。

1436276349379

ようやく「LICENSE」の「遣り方」が出来あがりました。
これでいつでも「基礎工事」に入る事が出来ます。まずひとつ、重要な工程が終りました。

1436320790827

植物には大切な雨も、ここまで続きますと少し心配になります。
しかしながら、来週は太陽の気配も。

もうしばらく「地」を固めて、一気に芽を出す「LICENSE」でした。

地鎮祭。。

 
6月吉日 宮崎市生目神社近くにて地鎮祭を執り行いました。
 
A5
 
梅雨時期ともありアシサイの花が色とりどりと美しく、
 
地鎮祭を華やかムードに演出してくれました。
 
A4
 
いつも盛り上げ役の Reくん 初めての地鎮祭を体験。。
 
いつになくちょっぴり 控えめな様子(゚ー゚) 
 
A3
 
建築地は、前面に生目の山並と川が流れていて
 
自然あふれる景色が楽しめます。
 
 
 
後日、地盤調査も行って・・・ 
 
A2
 
あとは着工を待つのみの LICENSEの現場でした ヽ(´▽`)/
 
 
 
 
 
 
 

解体&造成工事

建物解体工事 

 
建物の瓦やサッシ等を外して本体の解体工事の様子です
 
11
 
この解体シーンに立ち合いますと、
 
自分が住んでいないのに、何故か? 
 
ジーンとなって涙目になるのです。[E:sweat02]
 
12
 
解体も1週間程で無事終了。
 
13
 
次に、土地の高さを上げるのに L型擁壁を設置します
 
そのベースつくりの様子です。
 
14
 
15
 
コンクリート基礎の上に L型擁壁を固定
 
19
 
ブロック工事と違って長期的に安心です。
 
16
 
17
 
L型擁壁の完成です。
 
 
そして、盛土工事 
 
最終的な仕上げは、建物完成後に
 
外構工事にて行います。
 
18
 
次に 地盤調査 地鎮祭へとつづく。。。
 
いよいよスタート 始動です。