かぜとひかりのアトリエ〜かこみ〜

かぜとひかりの幕開け

“かぜとひかりのアトリエ”のお引渡し。
始まる時間まで敷地内外を自由に見学したり、遊んでいただきました。

1年以上前、M様ご夫婦とお話ししていた畳リビングでの空間イメージが、今では現実の映像となって目の前に映っています。新しいものを造り出す、ものづくりや家づくりにはそんな特別な醍醐味があります。

なんともシュールな一枚。

Kちゃん、今日もKくんの優しいお姉ちゃん。

庭木のお手入れもこれからもっと上手になっていくのでしょうね。

M家を代表して、Kちゃんが鍵の交換をしてくれました。

ご主人にも確認していただき、この瞬間、このお家は正式にM様の家と成りました。

各種保証書や証明書についてのご説明。

構造計算書の厚み・計算内容にさすがのM様も驚かれています。

こどもたちは今日も元気に営業中!

お引渡し行事を終え、M様とのしばしの談笑。懐かしい思い出の日々をこの場にいる皆が昨日のことのように思い出していました。M様、長い間本当にお世話になりました。

Kちゃんが「もう会えないの?」なんて言ってくれるもんだから、おじさんウルっときてしまいました。。。これからも会えるからいつでも呼んでね(*´▽`*)


数ある建設会社の中から、弊社ウッドデザインをM様の大切な家づくりのパートナーにお選びくださり、誠にありがとうございます。(WDスタッフ一同)

これからは、木の家をM様ご家族のオリジナルカラーに育てていってくださいね。「ようこそ、木の家ファミリーへ」。そして、今後ともよろしくお願いいたします。

kit

大切なアトリエマニュアル

本日はお施主M様にお越しいただき、監督のhizaから各種器具の取扱方法についてご説明。お施主様ご本人に触れていただき、操作方法を学んでいただきます。

まずは、外部のタイマースイッチの設定方法について。

次に、防油枡の仕組み・清掃方法について。

玄関ポーチのブラケットライトについて。

人感センサーの調整方法について。

網戸とロールスクリーンの取外しについて。

Kくんの動作チェックの検査にも無事合格です。

大きな掃出サッシの網戸もご主人自ら取付け・取外しできるようになりました。

食洗機の中には見やすい黄色のアームがあり、それでバスケットを調整できるのがMieleの特徴です。

ガスコンロのモニターやスイッチも操作していただきました。

充実の洗面台で毎日の生活が少しでも豊かになってほしいものです。

お風呂はKちゃんだけでなく、Kくんにもジャストサイズだったね。

ようやくKちゃんもお家に到着。

ブレーメンの音楽隊の照明の下で二人とも楽しそうに踊っています。
バルコニーに立つご家族の姿がいつもより輝いて見えたのは私だけでしょうか・・・(*´▽`*)

いよいよ次回は最終回。皆さん、最後までお楽しみください♪

kit

おやごころとまごころ

“かぜとひかりのアトリエ”の磨きもついに最終回。
WDスタッフ全員でお施主様への感謝とこれからの明るい未来を願って、新しい木の家に私たちの想いを深く刻み込みます。

最後まで現場を納めるために走り抜いてくれた監督のhiza。お施主M様にとっても決して代わりの効かない頼もしい存在となってくれました。

これからの生活と共に経年変化していく無垢床や柱、梁、家具たち。

普段見えないような細部こそ、より丁寧に。

ここから見える風景はM様ご家族だけのもの。

面取りも一枚一枚欠かさずに。

M様奥様が仕上げられた照明の下で代表のyamadaがサッシの最終調整。

水回りの試運転をおこない、排水関係も最終確認。

ガルバリウムもなんだか喜んでくれているように見えます。

WDスタッフの想いを深く磨き込んだ後は検証会。

自信に満ち溢れた者たちの後ろ姿は誇らしい限りです。


検証会も無事に終わり、残工事もあとわずか・・・。なんだか淋しくなります。でも、お施主M様ご家族の笑顔を思えば、新しい木の家を気持ちよく送り出してあげたい!WDスタッフ一同、その日まで全力で仕上げさせていただきます!

ご主人のお気に入りの空間を添えて・・・

kit

小噺-kobanashi-

“かぜとひかりのアトリエ”、完成見学会前の小噺。

本日はお施主M様のお家に現在都城で建設中の”さくらいろ”のお施主K様をお招きし、プチお披露目会♪子どもたちは恥ずかしがって、なかなかしゃべりかけることができません(*’ω’*)でも、実は両ご家族様は今回が初対面ではありません。昨年1月の”風と暖炉と動線!”のK様邸完成見学会で偶然にもご見学の時間が重なり、KちゃんとSちゃんは一緒に仲良く遊びまわっていたのをわたしは鮮明に覚えています♪久々だから緊張しちゃうよね(*´▽`*)

お家に入ると、1年前を思い出したのかすぐに打ち解け、皆でずっと走り回っていました。

KちゃんもKくんの面倒をいつも優しく見てくれて、どんどんお姉ちゃんになっていくな~となんだかほっこりしてしまいます。

さくらいろのK様ご家族がお帰りになられた後もKちゃん、Kくんは大はしゃぎ(*´▽`*)Kくんは動きが激しすぎて毎回写真がぼけてしまうほど。綺麗に撮ってあげられなくてごめんね・・(‘_’)

その後は監督のhizaとロールスクリーンの最終打合せ。

畳間の引込戸の内貼和紙との相性を入念に確認。

メインダイニングの照明はご夫婦で何度も微調整をおこない、ベストな高さが決定。

素敵なダイニングに真鍮笠の明るい光が灯りました(*^^*)

トイレの照明器具も高さ調整を終え、奥様が最後の手仕上げ。この組み方次第でいかようにも影をつくることができるなんとも興味深い照明。

これから先もM様ご家族の手でさらに素敵なお家になっていくのだな~と思うとワクワクします(*´▽`*)

立体的な洗面タイルと合わせたスツールもM様こだわりのひとつ。ミナ・ペルホネンというファッションブランドのインテリアで、洗面タイルと同様、座面生地が立体仕様になっており、空間の統一感が出ています。

造作脱衣棚には置くものも決まっているため、最終的な高さを確認。可動棚になっているのでお子さん達の成長やライフスタイルが変わっていってもご自身で自由に調整することができます。というか・・・ご夫婦の笑顔が素敵すぎです( *´艸`)

子供部屋にはかわいらしい”ブレーメンの音楽隊”照明がつきました。

子どもたちが喜ぶのは間違いなしです!

本日のお打ち合わせもすべて完了!Kちゃんご苦労様でした(*´▽`*)
さいごに・・・

ご主人と一緒に考えた外壁の影絵。”かぜとひかりのアトリエ”はご夫婦で植えられた思い溢れる”シンボルツリーK”とともにこれからも成長し続けます。

kit

物語の集大成

かぜとひかりのアトリエの家づくりもいよいよ大詰め。

現場監督hiza・棟梁・外構職人さんで外回りの打合せ。板塀をどうたてるか、支柱はどの位置がベストか、どちらを勝たせるか、収まりはどうするか、そんなことを何度も何度も入念に話し合います。

そういったひとつひとつの小さなことを積み上げることで、家づくりの魅力は何倍にも増していくものです。

そうしてコンクリート打設まで終えた現場に、お施主M様が最後の仕上げにお越しになられました。「自分たちの家だから、自分たちも真剣に家づくりに関わりたいと思っています!」
もう1年以上前の話になりますが、M様がおっしゃって下さったこの言葉は今でも脳裏に焼き付いています。そう、私にとってその言葉は嬉しかったから。目の前で起きているなんでもない光景に私の涙腺はゆるゆるです。。。

そこにKちゃんもお手伝いに来てくれました。後ろの木は、パパとママがKちゃんのために選んで、植えてくれた”特別な木”なんだよ。これからはKちゃんが大事に大事に育ててあげてね。

ほかには、サンゴモミジなどの美しい木々を木の家と共に育てられることになります。

ちょうどこの日は棟梁の現場上がりの日。M様、代表のyamada、棟梁の三人でしばしの団欒。

その後、M様ご夫妻から棟梁に感謝のお言葉とお酒をいただきました。三人ともニコニコで本当に嬉しそう。。。この時間、珍しく棟梁の涙腺はゆるゆるでしたね。M様、素敵な時間をありがとうございました(*´▽`*)

日が暮れるのも早くなり、この日の作業は照明の力もふんだんに活用させていただいております。Kちゃんのお手伝いも多岐に及びます!なんだかご主人がお仕事されているときの容姿と重なりますね。

ご主人は照明の虜(とりこ)になって奥の方に行ってしまわれました。あの角度からのこの方向がたまらんがね~という最高のスポットを確認できたようです(*´▽`*)

1月30日(土)・31日(日)は展示会。その前に少しだけ・・・家の中をお見せしますね。

展示会は事前にご予約いただいた方のみのご案内となります。
ご予約は弊社ホームページの専用予約フォームもしくは、お電話にてお願いいたします。

kit