COME SPRING !

大きな木々に覆われた、自然豊かな川南町「Deep Woods」。

今か今かと…春の訪れを待っているんだ!…最近木々達から、そんな感じが伝わってくるような気がしてなりません(笑)。

私達も、冬眠から覚めたかのように行動を開始します!

今回は工程のはじめの一歩「遣り方」を行いました。

あらかじめ、何度も敷地を観察して、打合せを重ねた建物の位置。
高さも含めて これで現場が進んで行きます。

測量機器にて正確に建物の「矩(カネ)」をだし、美しく歪みのない家となるように しっかり準備を整えていきます。
天候も良かったので、しっかり何度も何度も確認しながら作業をすすめることが出来ました。

約半日で「遣り方」が完成!
しっかりとした準備が整いました。
これでいつでも次の工事にとりかかることができますね。

あと、ちょっとご紹介。

敷地内にこんな一画がありまして。
お父さんが植えた珍しい植物がここにはあるのですが、工事中何があるか分からないのでこうして目印をしているのです。

気が付いたら水をあげていたのですが、よく見ますと小さな「芽」が出ていまして!

こちらも春の訪れを感じさせますね。
この「エビネ蘭」も、観察してご報告しますね。

春の息吹がたっぷりの川南町「Deep Woods」でした。

開拓者となる…

地鎮祭も終わり、いよいよ最初の作業が始まった、川南町「Deep Woods」。

まさにその作業は「開拓」。
大きな重機が、これまた大きな木々を、大きな爪で抜いていきます。

地元の工務店さんの力を借りて作業を進めさせてもらいました。

「開拓」といったものの、それは必要最小限…雄大な自然を残しつつ、大きな木々を利用して「Deep Woods」は計画されています。

始まったばかりですが、頭の中は完成を想像しながら作業を進めさせていただいています。

それにしてもこの重機…。
すごい迫力でした。

手足のように操作するオペレーターの姿に見惚れていると…
気が付けば作業も終了。


写真は現場近くのソーセージで有名なゲシュマックからの眺め。
川南町の美しい夕暮れで、作業の疲れを癒すのでした。

いよいよ次回より本格的な作業の開始です。

開拓地の地鎮祭

日本の三代開拓地の一つ川南町。
そこに「 Deep Woods 」は産声をあげます。

代々親から子供へ受け継いできた土地に、建築をさせていただくのですが…
きっと大変な苦労をしながら開拓をされたんだろうな…なんて勝手に思ってしまいました。
それくらい広大で素晴らしい土地に「 Deep Woods 」は建つのです。

そしてこの日 めでたく地鎮祭をむかえることができました。

冬らしい寒い気温の中でしたが、心は「Frontier Spirit」燃えています!

尾鈴山からの冷たい風も心地よく、春が来たら登らせていただこう…なんて思いながら神事を見守らせていただきました。

川南町「 Deep Woods 」は、冬の寒さもなんのその。間もなくスタートいたします!

スタッフ一同 Frontier Spiritで頑張りますので!よろしくお願いします!

「Deep Woods」スタートです!

あれは、まだ残暑厳しい夏の昼下がり…
川南町の牧場跡地でのこと。

広大に広がる敷地に「Deep Woods」は始まりました。

現在は使われることのなくなった 畜産場の設備達…
なんとなく懐かしい雰囲気漂う優しい場所。

写真は雰囲気のあるトラクター。
実はまだ現役で稼働しているそうです。

大きな木が伸び伸びと茂っているこの場所から、「Deep Woods」がスタートします。

次回は地鎮祭のお話。
お楽しみに!