yano

お引渡し

 

*いつも、ずっと*様邸の令和元年の地鎮祭の日には
お母さん、お祖母ちゃんにも参列して頂きました。

年の瀬に棟が上がり、あっという間に・・・・

5月の日曜日にお引渡しの日を迎えました

取り扱い説明のヵ所は、主にお風呂場~トイレ~サッシ
網戸、ロールスクリーンの取り扱い~分電盤~火災報知器~
24時間換気~キッチン~防已桝~植栽~玄関キーetcで
工務担当のhiraoka君からの説明です。

洗面所の取説です、取っ手からシャワーノズルが伸びると
ご夫婦共「スゴ~イデスネ」と関心を、清掃の方法も説明です。

yusukiちゃんは階段の上り下りが上手に成りました。

奥様の関心場所は、やはりキッチン、水回りです
たくさん説明をしていきましたので、分かったかな?
「奥さん、少しづつ、ゆっくりですよ」

一巡して取り扱いの説明が終わりました、最後に
お引渡しの書類、建築確認書・構造計算書・各保証書
そして、取扱説明書のファイル一式をお渡し致しました。

記念品の木の時計をお渡しして、
お引渡しは無事に終わりました。

*いつも、ずっと*様へ
大変お待たせ致しました、土地探しから本当にあっと言う間でした。
とても素敵なお家に仕上がりました、ご家族の皆様にも大変喜んで頂き
お引渡しが出来ました事、スタッフ一同大変喜んでおります。

今後共に、ウッドデザインとの長いお付き合いをお願い致します。

先ずは、お礼まで。

yano

 

 

welcome

今月にお引渡しの「*何時も、ずっと*」様邸です。

車を駐車場に止めて、玄関の入り口へと向かうと
正面にレトロな門灯があります、その下に目をやりますと

ゴールド色のWELCOMEの文字がひときは目を引きます

ご夫婦で揃えられ、夜になっても門灯でゴールドの文字が
くっきりと浮き出て、お客様をお迎えできる様に施工してあります、
新居にお越しになるたくさんの方々へ、国富のご両親おばあちゃんに
千葉のご両親、ママ友に、会社のお友達、そしてご近所様たちにetc

ようこそ・いらっしゃい( ^ω^)・・・と

もうすぐ、WELCOMEの文字が皆様をお迎えいたします。

yano

大安吉日

 

本日は、大安吉日の良き日です。
「みんなの家」様邸の地鎮祭が、あいにくの空模様の中
H神社の神主様をお迎えいたしまして厳かに行われました。

地鎮祭とは家を建てる前に、その土地の神様(氏神様)に
土地を利用させて頂く事の許しを請う儀式で、
工事の安全や住む人の繁栄を祈る行事です、
「じちんさい」、「とこしめのまつり」と読む場合も有ります。

式次第です
修祓(しゅばつ)開式の後、参列者・お供え物を祓い清めます。
降神の儀(こうしん)地域の神様をお迎えします「オオ~」と声を発します。
献饌(けんせん)神様に祭壇のお供え物を食して頂く儀式
祝詞奏上(のりとそうじょう)建物を建てることを神様に報告し
工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上します。

清祓(きよはらい)土地の四隅を清めてお祓い致します。

玉串拝礼(たまぐしはいれい)神前に玉串を奉りて拝礼します。
昇神の儀(しょうしん)神籬におりていた神様に御座所に送る儀式です。
ここでも、神主様が「オオ~」と発して神様をお送り致します。

直会(なおらい)の儀、地鎮祭が終了いたしました。
施主様ご家族のご健勝、ご繁栄と、工事完工迄安全に
お神酒で乾杯です。

ご家族全員での記念撮影です。

地鎮祭が終わり、配置図を見ながら確認していきました。

来年の春には、満開の桜の下で集う
ご家族皆様の顔が浮かんできます。

本日は誠におめでとうございました。

yano

鯨ようかん

春の光を浴びて遣り方も終え、基礎着工を待つ
かぞくのじかん様邸、ここ佐土原町で昔から
宮崎県内外の方々に人気で食べられています
「鯨ようかん」をご存知でしょうか?

鯨ようかんの由来は佐土原藩島津家四代藩主
忠孝に男の子が生まれたときに、藩の御用菓子屋が
「鯨のように大きく、力ずよく育ってほしい」との
願いを込めて菓子を献上したとされています。
大昔に佐土原で鯨が捕れたかはわかりませんが?
五月になりますと鯉のぼりならぬ鯨のぼりが
大空を泳いでるのを見たことがあります。

鯨ようかんを私も食べたことが有りますが
食べたことがない方にご説明いたしますと
両外側にあん、内側にもち上の生地を合わせた
独特のもので、青島で売られている「ういろう」とは
ほどよい甘さの他は異なりますね。
現在、製造しているお店は佐土原町内に数件しかなく
手造りで少量生産で日持ちが浅いため、人気は高く
午前中で売り切れてしまうお店もあるそうです。

是非、佐土原にお出での際は、ほどよい甘みの人気の
鯨ようかんを食べて見て下さい。

yano

 

 

 

 

 

 

 

 

笑顔の中で

先月末に見学会を開催させて頂きました「風と暖炉と動線!」様邸

昨年秋に棟上げを致しまして、本日、お引渡しの日を迎えました。

Hiraoka工務担当からたくさんある取り扱いの中から
キッチンの取り扱い説明を、キッチン周りは奥様中心の
場所なので真剣にお聞きになられておられました。

代表yamadaから、サッシの取り扱いについての説明です、
他にロールスクリーンの取り外し方、網戸の取り付け方など。

防油桝は油を使ったら定期的にお掃除をお願い致します。

最後に鍵のご説明です、工事用鍵と本キーを差し替えます。

お会いした頃は、まだsahoちゃんだけでしたが、
お引渡しの時には元気なgenn君の男の子の誕生で
K様邸はお会いしました時より、にぎやかになっておりました、
おばあちゃん達も、嬉しいやら、忙しいやらで( ^ω^)・・・

お引渡しの最後に、建築確認書綴り・構造計算書
取扱説明書一式・白蟻の保証書などをお渡しして
お引渡しのすべて終わります。

最後にご両親たちと新居での初めての写真撮影です、
K様ご家族の皆様、いつまでもご健康でお幸せに( ^ω^)

そして、これからもウッドデザインと末永い
お付き合いをお願い致します。

yano