ike502

大切に大切に。。。

年が明け、スカッとするようないい天気の続く2020年。
”Home Sweet Home”の現場も穏やかに新年を迎えました。

今日は着工を心待ちにする現場の点検チェックを行いました。
不審なゴミなどが落ちていないか、危険な針金など落ちていないか、ランマー転圧をかけた土のコンディションなどなど。現場も心も綺麗な状態で、着工を迎えるため大事な作業です。大切な大切な現場。現場監督や営業担当が日々目を光らせているとはいえ、ゴミひとつない、汚れのない綺麗な現場を自分の目でもちゃんと確認できて一安心。

前回の投稿で紹介された擁壁も、その白さ、研ぎ澄まされた造形はしっかり保たれています。擁壁の横には、貫板(ぬきいた)という遣り方工事に使用する材料も搬入されていました。

電源ボックスもずっと見守ってくれています。

さあ、ぼくは綺麗だ。いつ着工してもかまわないぞ!と、聞こえてきそうな”Home Sweet Home”の現場。

着工は もうすぐだ。

 

ike502

 

完了検査へ。。。

年の瀬も近づき、一層慌ただしくなりつつある「風と暖炉と動線!」の現場。

佳境を迎え、いよいよ仕上がり床のお披露目の日がやってまいりました。

 

大切に大切に無垢材の床板を守ってくれた養生ダンボールを剥がしていきます。

 

まずは感謝の気持ちを込めながら、養生にかかるゴミを清掃。綺麗に剥がすための準備作業です。

 

ゴミも清掃したところで、ようやくダンボールをつないでいたガムテープを剥がしていきます。とっても気持ち良い。

いよいよ美しい木目の仕上がり床のお披露目か。。。。。

 

 

と思いきや、

その前に大工さんより休憩の合図が発令されました。

ピリピリと集中した仕事の合間のほっとした表情に、胸をなでおろします。

 

工事の打ち合わせも和やかに。。。

 

しっかり休憩したあと、いよいよ美しく優しい仕上がり床のお披露目です。

傷つけないようにやさしくやさしくホコリを掃除します。

 

 

その後は完了検査に向けてまっしぐら。

お客様の生活スタイルに合わせたオリジナルの家具も取り付けていきます。

 

同時に塗装を施し、家に息吹をどんどん吹き込んでいきます。

 

なんとか年内の完了を目指し、それぞれの工程をクリア。

 

職人みんなの力が合わさり、晴れて完了検査を合格できました。

現場監督のichiroはホッと安堵の表情に。。。

 

さあ「風と暖炉と動線!」の現場はもうすぐゴール。仕上がり工程に入りますよ〜

 

ike502