hiza

番付作業

「みんなの家」の番付作業に行ってまいりました!

「番付」とはどんな作業をするのかと言いますと

調達した木材たちをどの部屋の柱と梁に使うか

具体的に割り当てていく作業を行います。

今回は木材調達をして頂いた高嶺木材さんにもご協力頂いています。

 

 

 

木材はどれもが違う木目をしています。

どの材料が部屋の目立つ場所に最適か、さらにどの面を向けて使うのか

ということを検討していきます。

柱だけでも100本以上ありますが、根気強く1本、1本、見ていきます。

どこに使う材料か決めたら、チョークで使用する場所と向きを書き込んでいきます。

(チョークの文字はプレカット加工段階で消されます)

 

材料を見てみますとラベルが貼ってあります。

木材の樹種、産地、強度等が載っており、品質基準をクリアしていることがわかります。

 

柱の番付が終わった~

まだ終了ではありません。

今度は梁用の木材の山達が待っています。

 

梁の材料は柱の材料と違って大きいもので12㎝×33㎝の断面で長さは4m以上あり、かなり重いです。

重たいですが、屋根の重さを支えながら、広いお部屋をつくるのに重要な梁材となってきます。

二人掛かりでこの材料を転がして番付していきます。

 

太陽の日差しが強い日だったのですが、

一日かけてやっと作業が終わりました!😅

作業後に自販機で間違えてHOTの飲み物を

押してしまったのが悔やまれますが、

「みんなの家」の番付が完了し、

どんな構造材に囲まれたお部屋になるか楽しみです!!😃

 

 

ワクワク!

「*いつも、ずっと*」の仕上げ工程。

足場が解体され、ついに外観がはっきり見えてきました!

足場の解体が終わると水道配管の工事やブロック積工事等々を

行っていきます。

「*いつも、ずっと*」の地盤は丈夫。

土を掘るのも職人さん達には一苦労です。

 

一方で内部の方はN大工が次々と造作家具を

出現させていきます!

大きな木の板からは造作家具の天板、脚、棚、窓枠、

などを切り出し、加工していきます。

壁に立てかけてあるのが部材の一部、

これらを組み立てて↓のような造作家具が

造り上げられていきます!

 

キッチン家具等の打ち合わせの様子。

キッチン家具等をどのような納まりにするか検討したり、いつ、

どうやって搬入するかも念入りに打ち合わせをします。

そしてついに家具取り付けの日、、、

家具が設置されることで家の中の雰囲気もガラリと変わります。

 

仕上げ工事もいよいよ大詰め。

さて、どんなお家が完成がするのか!ワクワクです!

 

hiza

 

 

N大工奮闘中!

『 *いつも、ずっと* 』の現場からです。

不思議な板が部屋の隅に置いてありました。

何かお分かりでしょうか?

そう、これはストリップ階段の踏板を支える側板です。

細長く溝が彫ってある場所に踏板が差し込まれるのです。

一方↓の写真は下部の箱階段を組み上げている状態。

階段は構造的にも丈夫でなくてはならないですし、踏板の寸法などは上りやすさなどに影響する難しい作業工程になります。

ビシッと階段を製作してくださるN大工にただただ感謝です😃

 

階段の完成が楽しみです!😃

 

ふと現場を覗くと・・・

先日、「風と暖炉と動線!」の現場に立ち寄った時のことです。

現場監督のichiro氏に「手摺ついたよ!」と言われ階段を覗いてみると

ドーン!

手摺が見事に施工されています!この手摺はいつもと違い1階から2階まで一体となった手摺になっているのです!

新しいことに挑戦したがるIchiro氏、手すりの使い勝手と、いかにシンプルに手すりを見せるかというところで頭を抱えていましたが見事に納まっています。

どのように階段を上るか事細かくイメージをしたり、構造として丈夫か、余分なデザイン要素がないか、

などを考慮しながら寸法を与えていきます。

 

現場にはさらりと、何気なーく施工されている納まりたちがあるのですが、実はその納まりにはWDスタッフや現場の職人さんの知恵がぎゅうぎゅうと詰まっているのです。

明日はいよいよ養生の撤去。お部屋がどんな雰囲気になるのか楽しみですね!!

hiza