wpmaster works

現場も笑顔が満開♪

ソメイヨシノが満開となり、春爛漫な陽気の中、着々と工事が進む Home Sweet Home 様邸の現場です。
私は初めて伺う現場でしたので、現場敷地に入る前に、まずは一礼。(^^♪
ヘルメットの顎紐をキュッと締め、心も引き締めて、
『こんにちは~!お疲れ様です!』
と挨拶して中へ入ると、W棟梁とN大工さんが笑顔で迎えてくれました。(#^.^#)
作業する手を休めて、にこやかに近況などお話ししてくださいました。
 
色々と勉強させてください。』
と、W棟梁へ伝え、早速、足場を上がっていくと、綺麗なライトグレーの塩化ビニル樹脂系シートが目に飛び込んで来ました。玄関の屋根部に施された防水シートです。
建物の寿命を短くしてしまう原因の一つに、雨漏りがあります。大切なお家を雨から守るため、熟練された職人さん達が細心の注意を払って作業していただいております。

特に、シートとシートのつなぎ目を溶着する際には高度な技術を要するそうで、施工後は専用の器具を使用して二重にも三重にもチェックを行い、水密性を確認しているとのことでした。

【↑施工後】
(玄関屋根部の他に、バルコニーへも同様に施工)
 
『感謝の気持ちを込めて、一棟一棟、大切に仕事をしています。』
と話す、防水会社社長の笑顔が印象的でした。 (*^▽^*)
 
 
外回りを色々と見させていただいた後、いざ中へと入っていくと、W棟梁が何やら制作しておりました。
『ん?この形は?。。。(・∀・)』
直観である物が頭に浮かびましたが、それが当たっていたかどうかは後ほど。。。(^^♪

すらりとして、長身のW棟梁。
木材の中でグリーンの服が映えて見え、どこにいらしてもすぐにW棟梁の姿を見つけることができます。そんなW棟梁の背中を暫く見つめること数分、どうやらそれは出来上がったようでした。(*’▽’)

正解は、郵便受けでした。(^^♪
私の直観は当たっておりました。(笑)
 
玄関の壁に丸ノコで切り込みを入れた後は、あっという間に長方形の空間が出来上がり、先ほどの郵便受けを差し込んでみるとジャストフィット!!!(*’▽’)
流石です!!!

最終的には、この木枠にステンレスのポストが設置されます。

 

 
この先、たくさんのご縁がこのポストより始まっていくのでしょうね。(*´▽`*)
W棟梁の匠の技により、またひとつ命が吹き込まれた瞬間を間近で見せていただき、とても幸せな気持ちに包まれながら現場を後にしました。(#^.^#)

見るもの全てが目新しくてついつい長居をしてしまいましたが、終始、笑顔で色々と教えてくださったW棟梁を始め、職人さん方に感謝します。ありがとうございました!

この先も順調に工事が進む、Home Sweet Home 様邸の現場からお伝えしました。

変化。

先日、無事に上棟を終えお家の骨組みが型造られた『 Home Sweet Home 』の現場。

ここからはW棟梁をはじめ、大工さんがメインで工程が進んでいきます。まずは外部面の肉付けです。耐力面材であるモイスTMを貼り、外部面の耐力壁を確保したうえで水平荷重に強い家にしていきます。

外部面の耐力面材を貼り終えると防水紙の施工を行い窓の取付けの段取りにうつります。大きなコンテナで搬入されてきたのが窓になります。

コンテナで来るわけなので搬入もたいへんなのですが、一枚一枚が大きく重いため取付けもたいへんです。猫の手も借りたいところなので、スタッフも微力ながらお手伝いです。上棟後はブルーシートに覆われていたお家も開口部に窓が取付くことでよりお家らしく、また内観はいっきに明るくなり景色が開けるため雰囲気がガラッと変わってきます。

屋根のほうでは一足先に板金屋さんによる仕上げ工事です。

ガルバリウム鋼板の横葺きは、長て方向に約8mの一枚もの鋼材を一枚一枚葺き重ねています。横のラインが綺麗にかつ際立つ仕上りです。
今日も現場では部材が取付き、また仕上りと少しながらでも変化しつつあります。。

大安吉日

 

本日は、大安吉日の良き日です。
「みんなの家」様邸の地鎮祭が、あいにくの空模様の中
H神社の神主様をお迎えいたしまして厳かに行われました。

地鎮祭とは家を建てる前に、その土地の神様(氏神様)に
土地を利用させて頂く事の許しを請う儀式で、
工事の安全や住む人の繁栄を祈る行事です、
「じちんさい」、「とこしめのまつり」と読む場合も有ります。

式次第です
修祓(しゅばつ)開式の後、参列者・お供え物を祓い清めます。
降神の儀(こうしん)地域の神様をお迎えします「オオ~」と声を発します。
献饌(けんせん)神様に祭壇のお供え物を食して頂く儀式
祝詞奏上(のりとそうじょう)建物を建てることを神様に報告し
工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上します。

清祓(きよはらい)土地の四隅を清めてお祓い致します。

玉串拝礼(たまぐしはいれい)神前に玉串を奉りて拝礼します。
昇神の儀(しょうしん)神籬におりていた神様に御座所に送る儀式です。
ここでも、神主様が「オオ~」と発して神様をお送り致します。

直会(なおらい)の儀、地鎮祭が終了いたしました。
施主様ご家族のご健勝、ご繁栄と、工事完工迄安全に
お神酒で乾杯です。

ご家族全員での記念撮影です。

地鎮祭が終わり、配置図を見ながら確認していきました。

来年の春には、満開の桜の下で集う
ご家族皆様の顔が浮かんできます。

本日は誠におめでとうございました。

yano

ワクワク!

「*いつも、ずっと*」の仕上げ工程。

足場が解体され、ついに外観がはっきり見えてきました!

足場の解体が終わると水道配管の工事やブロック積工事等々を

行っていきます。

「*いつも、ずっと*」の地盤は丈夫。

土を掘るのも職人さん達には一苦労です。

 

一方で内部の方はN大工が次々と造作家具を

出現させていきます!

大きな木の板からは造作家具の天板、脚、棚、窓枠、

などを切り出し、加工していきます。

壁に立てかけてあるのが部材の一部、

これらを組み立てて↓のような造作家具が

造り上げられていきます!

 

キッチン家具等の打ち合わせの様子。

キッチン家具等をどのような納まりにするか検討したり、いつ、

どうやって搬入するかも念入りに打ち合わせをします。

そしてついに家具取り付けの日、、、

家具が設置されることで家の中の雰囲気もガラリと変わります。

 

仕上げ工事もいよいよ大詰め。

さて、どんなお家が完成がするのか!ワクワクです!

 

hiza

 

 

着工。

いよいよ着工にむけ始動した『 かぞくのじかん 』の現場。。

基礎工事のための大事な作業である ” 遣り方 ” を行いました。
” 遣り方 ” はだん杭を地面にたたき込み板を取付けて囲いを組んだようなものです。

しかしながらこの囲いには基礎工事を行う為の大事な情報がつまっています。何気なく取付けられている板の天端はレザーレベルで出した設定GL(基本地盤面)からの高さを示しています。

また、張られた水糸はトランシットで出した通り芯の矩手(直角)と
対角の長さを確認することができるのです。

そしていよいよ基礎工事が始まります。謂わば ” 遣り方 ” は、
基礎工事のための墨出し作業です。
基礎着工をむかえこの ” 遣り方 ” をもとに基礎工事が進んで行きます。。