世界文化遺産の御朱印

 

16世紀に天草に伝来したキリスト教は弾圧に耐え
長い歴史の中で様々な祈りの文化が混じりあい
共生し会うことになった、ここ崎津の集落に
崎津の教会が有ります、協会の中は畳敷きで(中は写真禁止)
有名?で皆さんも天草に来られたら一度は足を延ばされた
場所ではないでしょうか。

ここに、崎津の教会(キリスト教)、諏訪神社(神社)、普應軒(お寺)
三宗派の御朱印が一冊になって、話題になっていると聞きまして
早々に御朱印を頂きに、お参りがてら車を走らせました。
神社、お寺、には御朱印ありますが、キリスト教に御朱印は
無いので、おそらく世界でも唯一のものではないでしょうか・・・

御朱印の台紙を三つ折りにして渡されたときに、
びっくりしたことがありました、キリストの家紋(写真右端)が
中に隠れてしまいました。まさしく、「かくれ・・・」なのでした。

崎津の協会

崎津の諏訪神社

崎津の鶴林山、普應軒(ふおうけん)

海上を行く船の航海の無事をマリア様の像が
見守ってくれているそうです。
天草に行かれた時には、是非ご覧ください。

yano