自然がいいね!

スタッフブログは、久しぶりの投稿となります。

最近は現場に没頭しすぎて…気が付いてみれば、今年に入りほとんど休日をそれらしく過ごしていない私…。
ですので、今回は去年の暮れからお正月にかけて行った登山のお話となります。

少し写真が多いのでお気を付け下さい。

2018年、12月31日より、「御池 野鳥の森キャンプ場」にテントを張り、年が明けた2019年1月1日元日。
朝3時30分にはキャンプ場を出発。途中「鹿」や「タヌキ」たまに「野うさぎ」を車ではねかけながら…「高千穂の峰」の登山口へ到着。
早速 登山靴にはき替えて、頂上を目指しました。↑写真はその途中、数珠つなぎとなった登山者の列。
「御来光というものは、そんなに魅力的なものなのか…。」なんて呟きながら、私もその魅力に取りつかれたひとりなのですけどね…。

頂上はこんな感じ。
今年は「韓国岳」からは 天候不順で御来光は望めないだろう…。そんな予想があったので、例年より少しだけ多いとの事…。(毎年登っている私の知り合いが教えてくれました。)

さあ、待ちに待った御来光!
今年は良い年になりますように…。(今現在、まだ御来光の効果は出ていないようですが…)

幻想的な「天の逆鉾」。
風が強くて早めの退散…しかも帰りも大渋滞。後ろから人が転がってくるので、下山には苦労しました。

そして翌日、2019年1月2日も登山です。
今度は反対側「韓国岳」の頂上を目指しました。

樹氷がとても美しくて…。
最近は登山口が遠くなってしまい、少しだけ不安でしたが とても気持ちの良いコースでした。

こんな感じの森を抜けていきます。
途中 何度も鹿と遭遇するのですが、「熊」だったら…と思うと少し恐ろしくなったりします。

そして頂上からはこんな美しい風景が…。
空気もツーンと冷たく気持ちよく。汗もかくのですが、その清々しいこと。

火山活動が治まれば、昨日登った高千穂の峰から縦走出来るのに…。
いつかまたその時が来るのを祈って頂上をあとにしました。

そして一直線でここへ向かいます。
いつもの私のコース、「えびの高原壮」の温泉で疲れた体を癒すのでした。

そして妻の実家で食べる↑これ!
これを食べずして、私のお正月は来ないのでした。(スキヤキ美味しかった!)

少しは涼しくなっていただけたでしょうか。
どこかで またいつか、登山のお話が出来ますように。

TEZUKAMAN