消費税増税!住宅新築への影響は?

いよいよ、10月1日から消費税が8%から10%へ引き上げられます。
日常生活に欠かせない飲食料品等には軽減税率8%が適用され、実質据え置きとなりますが、私たちウッドデザインの生業である「住宅」には残念ながら軽減税率は適用されません。

ただし、契約や引渡しの時期によっては現行の8%の税率で新築できる場合もあります。このブログをお読みになるような方々は既にご承知のことと思いますが、ちょっとオサライをしてみたいと思います。

上の図のように、注文住宅の場合、
3月31日までに工事請負契約を締結した場合は、10月1日以降に引渡しがずれこんでも8%の税率のままです。
4月1日以降に工事請負契約を締結した場合は、9月30日までの引渡しならば税率8%、10月1日以降の引渡しになれば税率10%となります。(ウッドデザインの場合、現時点でプラン作成に入っていないと3月31日までの契約は実質困難だと思います。)

建物本体工事費が2000万円だとすると、8%から10%になるわけですので、お客様の税負担が40万円増えることになります。
一方で、増税による住宅取得者の負担を軽減するため、(と、言うよりは、住宅着工が減少して、景気が冷え込むことがないように!)さまざまな負担軽減のための支援策が講じられるようです。

まず、一つ目が「住宅ローン減税の控除期間の延長 10年→13年
二つ目が「すまい給付金の拡充」給付額最大30万円→50万円 所得制限510万円→775万円
三つ目が、一定の住宅性能を満たす住宅取得者に対する「次世代住宅ポイント制度」の創設。最大35万円相当
四つ目が、両親等からの住宅取得資金の援助に対する贈与税の非課税枠の拡大。1200万円→3000万円

以上のように大きく4項目の支援策が講じられ、住宅取得者の所得や住宅の性能によっては、増税後の契約の方がお得になる場合があるかもしれません。

ただ、消費税の増税による負担増を気にする一方で、もう一度思い出していただきたいことがあります。
それは、住宅ローン金利です。ご承知のとおり、住宅ローン金利は毎月見直しがされています。
次のとおり、3000万円の住宅ローンの金利が0.1%上がった場合、35年間の総返済額では、593,222円の負担増となります。1%上がったら、6,171,164円の負担増となり、毎月返済額では 84,685円が 99,378円(14,693円の増)となります。

次の表は、過去3年のフラット35の金利推移グラフです。多少の上がり下がりはあるものの、1.2%をまたいで上下する低金利が続いています。

これを、もっと長期に渡って遡ったグラフを見ると、

1980~90年代は、バブルなど好景気の影響もあって 4%超えの高金利が普通だったようです。
いかに、住宅ローン利用者にとって今の低金利がありがたいかがわかっていただけると思います。
逆に、貸す側である金融機関にとっては貸しても貸しても利益が得にくい厳しい時代が続いていることになります。

将来の金利の動向は「神のみぞ知る」ですが、「下がるときはじわじわと」「上がるときは急激に」変化することもグラフから読み取れると思います。

住宅は一生で一番大きな買い物。
だからこそ、増税や金利の動向と同時に、住んでからの満足感や快適性、住宅性能や光熱費などのランニングコストも併せて慎重に検討する広い視野を持って進めていっていただけたらと思います。

わからないことや、迷ってしまうことがあったら、いつでもウッドデザインにご相談ください。

小さな努力

こんにちは!hizaです。

ここ最近は片道3キロの道のりを歩いて通勤する機会があり、少しずつ体重が減ってきました。

「徒歩通勤」だと8000歩くらい、

「自転車通勤」だと1.6km程度のウォーキングに換算され、歩数は2700歩程度になり、消費カロリーにも差が出ると思われます。

自転車の時の歩数カウント

僕の場合、自転車だと片道3km程度では体重を落とすことは難しいようです。

しかもちょっと気を抜いて食事をしてしまうと、すぐに元通りの体重に・・

いきなり体重を落とすことは難しいのですが、毎日、小さな目標を達成しながら、ゴールに近づいていきたいと思う今日この頃です。

天孫降臨の地を

皆さん、こんにちは。kitです。

先日用あって久々に高千穂に行ってきました。せっかく高千穂に行くのに、建築中の現場を見ないのはもったいないなぁと思い、宮崎を出発し、川南、門川へと国道10号線をひたすら北上するルートで目指すことにしました。

一つ一つの現場で自分なりの完成予想図をイメージしながら見ていくと、時間が経つのが早い早い。時計を見ると早朝に出発したのにもうお昼。そろそろ行かねばと決意し、いざ本来の目的地「高千穂」へ。

高千穂といえば、高千穂峡や流しそうめん、夜神楽など、観光名所として非常に有名ですね。そんな場所で私はまずは腹ごしらえです。

道の駅 高千穂

券売機の前で迷った末、一番最初に気になったチキン南蛮丼をチョイス!胸肉(たぶん..)がやわらかく、私の好みの味付けで美味しかったです(‘◇’)ゞ 迷ったのは「高千穂牛コロッケ」。食べたくてしょうがないですが、楽しみは次にとっておこうと心に誓い、道の駅を後に。

とある高台からの風景

予定まで少し時間があったので、近くの高台へ。写真では伝えられないのが残念ですが、高千穂の澄んだ空気というのは言葉ではなんとも表現できないものですね。アロマテラピーならぬ神々テラピーとでも言うのでしょうか。心も体もリフレッシュできました♪

こういうちょっとした時間に行動することで、人は幸せを感じられるものなんだなぁ~と広大な大地の前で小さな知恵を得たのでした。

kit

綾雛山まつり

綾町の雛山まつりにて-Aコープ綾店-

雛壇の周りに奇岩や巨木を並べ、コケや藤草花などで飾り付けたものを「ひな山」と呼び、長女の初節句に子供の健康や成長を願って今年は2月23日~3月3日まで一般に公開しています。

綾町の雛山まつりにて-小野金物店-

メイン会場は綾町中央通り商店街、個人宅を含めて約25ヵ所で趣向を凝らして雛山を展示、また中央通りでは3月3日(日)11時から十二単の雛様を先頭に練り歩く園児達の行列も予定しております、今年も沢山お客様が県内外からお越しになっています。

そして、3月の末頃には綾の町いったいが、桜・桜・桜とピンク色一色に染まります、綾は四季折々にいろんな色に染まる街です。

yano

公園

先日盛況のうちに終了した、宮崎市月見ヶ丘の

完成見学会会場の近くに、小さな公園があります。

そこにある滑り台のデザインがシュールで、

思わず写真を撮ってしまいました。

植物のようにも見えますが、

何を基にデザインしたのでしょう?

また、この滑り台を滑った先には、

熊が待ち構えています。

その熊がこちらです。

北海道のお土産で有名な木彫りの熊が、

鮭を咥え忘れたような結構リアルなフォルムです。

完成見学会は、住宅地で開催することが多いので、

また近くに公園があれば、訪れて見ようと

思います。

面白い発見がありそうなので。