そんなバナナとはこのことです

皆さん、こんにちは。
よく利用するスーパーであるフルーツを発見しました。

「ん?何が違うの・・?」

赤い文字をよーく読んでみる・・。こちらのバナナ、なんと「皮まで食べられる」らしい!!たしかに、TVで話題とさらに大きな文字で書いてあります。その名前は、
宮崎県産無農薬バナナ「NEXT716」

“NEXT716″・・・なんと近代的な名前。皆さん知っていました??
早速ホームページを見るとこのように書いてありました。

NEXT716は、特殊な農法である「凍結解凍覚醒法」によって、宮崎県川南町で特別に育成されたバナナです。糖度が非常に高く、一般的なバナナの約15度をはるかに超え、香りもよく、口当たりも芳醇な甘さに満ちた贅沢な一品。農薬を使わず大切に育てているからこそ、“皮ごと”お召し上がりいただけます。従来の「気軽に楽しむ身近なフルーツ」というイメージを一新する、贅沢なひと時を演出するバナナ。

川南町といえば、先日完成見学会を行ったばかり!そのときのわたしは知りませんでした・・(-_-)

凍結解凍覚醒法と聞くと私のようなド素人でもなんだかイメージが湧くような気がしますが、おそらくかなり高度な農法なのでしょう。その新たな食べものは東京や福岡でもその名が轟いているようです。そんな贅沢なバナナを食べてみたいな~と思いつつも、NEXT716、その名前の由来の方も気になります・・。

近々この興味深いバナナを作っているという川南の農園さんに突撃してきたいと思います(‘◇’)ゞ

(coming soon…)

kit