刺激との遭遇

こんにちは!hizaです!

先日何年降りかで東京出張に行ってまいりました!

出張のメインは大規模な建材フェアに行くことだったのですが、空き時間に回った「アルヴァ・アアルト もう一つの自然 」という近代建築の巨匠の展覧会について書きたいと思います。

まるで映画俳優のよう・・・

このアルヴァ・アアルトという人物は住宅から公共建築まで数多くの建築を残した フィンランドの建築家です。

代表的な建築はパイミオのサナトリウムという療養所やマイレア邸という住宅などが挙げられます。

パイミオのサナトリウム

今回の展示で感動したのはアアルトの「ものづくりへの向き合い方」です。

下の写真のようなスツールに見覚えはありませんか?。

スツール60

アアルトは建物以外にも家具や、照明、器など多岐の領域にわたるデザインを行い、数多くの作品を残しています。

建物の造形から内部のインテリアまで自身のデザインで統一される空間づくりの徹底ぶり!

またこのデザインは奇抜性ではなく、材料の持つ触感や使い手の視点から考えられたデザインなのです。

アアルトの思想など非常に面白いものだったのですが、勉強ぶs,,,長くなるので割愛させていただきます!

東京では本当に刺激的な体験が多かったので、その一つをご紹介させていただきました                      hiza