マイナス6℃

先日、出張で山梨に行ってきました。
山梨に行くのは学生時代のアルバイトのとき以来で
今回は新宿から狩人(古すぎて知らないでしょうか?)
の歌に出てくる特急あずさに乗ってきました。

二日目の朝いきなり氷点下6℃の中、白い息をはきつつ
やっぱり宮崎にしか住めないな!と改めて思いました。
すれ違う人を見ると皆さん手袋にマフラー!
暖冬だし作業の時しか手袋せんしなんて思いながら
その日は甲府から各駅停車の電車で移動したのですが、
その時、初めて経験したことがあったのです。

電車に乗る時は大勢いたので気付かなかったのですが、
降りる時は一人だけで待っていて駅に着いても
一向にドアが開かないのです!
おかしいな?故障かな?
なんて考えながらドアの横に目をやると何やら見慣れないボタンが

あける!! しめる!!  なるほど!
そういうことかと感心しました。
手動でドアを開け閉めして冷気の侵入を最小限にとどめ
車内をできるだけ快適にするための工夫がされていたのでした。
気候風土の違いをあらためて教えてもらいました。

  yamada