日別: 2019年8月14日

大堂津駅

構造材の番付けをする時に必ず通るはずななのに
今まで気がつかなくて素通りしていたのですが、
大堂津駅の駅舎がリニューアルされてました!

今年の3月20日にリニューアルされたようです。
ここを通過する頃は、ほぼメイツの駅での食事の方に
スイッチが切り替わってしまっていて見過ごして
しまっていたのでしょう?

メイツの駅に向かう途中に必ず通る橋があり、
私も大好きな景観の一つです。
写真のように列車が通るところにはなかなか
遭遇しませんが、細田川河口にかかるこの橋を
イメージして造られたのが新しい大堂津駅だ
そうです。

左右の黒い部分が橋脚でその間に波を描いた
ガラスを入れて日向灘の海をデザイン、
屋根部分は杉の梁が鉄橋でその上の角材が
枕木をイメージしているそうです。

橋脚部分の仕上げ材に使用されている外壁材は
密かに注目している材料でもありました!
お近くに行かれる機会があれば、
一見の価値があると思います。

と言いつつも昔の国鉄時代からの旧駅舎の方が
個人的には慣れ親しんだ感があって癒されるの
ですが、ここでもまた一つ昭和が消えて
しまいました。