月別: 2019年6月

その名は”コーンストリッパー”

皆さんこんにちは。先日、古くからの友人からまたまたお野菜をいただきました。

今回はとうもろこし、きゅうり、おくらをいただきましたが、彼の農園は野菜の種類も豊富に育てています。

 

 

茹でたばかりのこのとうもろこし、そのまま食べたいところなのですが、

妻は今回は粒をバラバラにして醤油バターにしたいとのこと。

簡単かな~と軽い気持ちでやってみると、これがなかなか取れない!

力に頼ると粒がつぶれてしまうのでせっかくの食感が損なわれてしまいます・・。これはお手上げです。

私)「今の時代、とうもろこし専用の粒がとれるのがあるんじゃない?」

妻)「え~、知らないよ。取れる分だけでいいからやっといてね~。」

私)「はーい(渋々)」

 

さて、そんな便利グッズはないのでしょうか?

いえいえ、ちゃんとありました!

妻とそんな話をした翌日のとあるテレビ番組。

仕組みとしては、二枚の刃を粒の間にはめ込んであとはシャーっと下へするだけ。

これなら、とうもろこしの粒を傷つけることもなく、天ぷらも簡単!のようです。

ちなみに”コーンストリッパー”という名前で、お値段はステンレス製が800円くらいでした。

 

最後に…

ずっと気になっていた大塚にある「とりかじ」さん。とうとうその弁当を買えました!ジューシーな鶏肉を使った鶏専門店です。大分の中津からあげが好きな方は、ハマること間違いなし!ごはん大盛も無料。

ナフコ大塚店からすぐです。ご賞味あれ。

 

kit

自然がいいね!

スタッフブログは、久しぶりの投稿となります。

最近は現場に没頭しすぎて…気が付いてみれば、今年に入りほとんど休日をそれらしく過ごしていない私…。
ですので、今回は去年の暮れからお正月にかけて行った登山のお話となります。

少し写真が多いのでお気を付け下さい。

2018年、12月31日より、「御池 野鳥の森キャンプ場」にテントを張り、年が明けた2019年1月1日元日。
朝3時30分にはキャンプ場を出発。途中「鹿」や「タヌキ」たまに「野うさぎ」を車ではねかけながら…「高千穂の峰」の登山口へ到着。
早速 登山靴にはき替えて、頂上を目指しました。↑写真はその途中、数珠つなぎとなった登山者の列。
「御来光というものは、そんなに魅力的なものなのか…。」なんて呟きながら、私もその魅力に取りつかれたひとりなのですけどね…。

頂上はこんな感じ。
今年は「韓国岳」からは 天候不順で御来光は望めないだろう…。そんな予想があったので、例年より少しだけ多いとの事…。(毎年登っている私の知り合いが教えてくれました。)

さあ、待ちに待った御来光!
今年は良い年になりますように…。(今現在、まだ御来光の効果は出ていないようですが…)

幻想的な「天の逆鉾」。
風が強くて早めの退散…しかも帰りも大渋滞。後ろから人が転がってくるので、下山には苦労しました。

そして翌日、2019年1月2日も登山です。
今度は反対側「韓国岳」の頂上を目指しました。

樹氷がとても美しくて…。
最近は登山口が遠くなってしまい、少しだけ不安でしたが とても気持ちの良いコースでした。

こんな感じの森を抜けていきます。
途中 何度も鹿と遭遇するのですが、「熊」だったら…と思うと少し恐ろしくなったりします。

そして頂上からはこんな美しい風景が…。
空気もツーンと冷たく気持ちよく。汗もかくのですが、その清々しいこと。

火山活動が治まれば、昨日登った高千穂の峰から縦走出来るのに…。
いつかまたその時が来るのを祈って頂上をあとにしました。

そして一直線でここへ向かいます。
いつもの私のコース、「えびの高原壮」の温泉で疲れた体を癒すのでした。

そして妻の実家で食べる↑これ!
これを食べずして、私のお正月は来ないのでした。(スキヤキ美味しかった!)

少しは涼しくなっていただけたでしょうか。
どこかで またいつか、登山のお話が出来ますように。

TEZUKAMAN

審査風景



すでに、審査結果はHPでお伝え致しました今年で3回目を迎えましたオーナー様限定のフォトコンテストの審査風景です。

 



今回も、オーナー様からたくさんの作品の応募を頂き頂きまして、有難う御座いました。審査は、和やかな雰囲気の中、そして公平に各賞を選んでいきました。

 

回を重ねていく事にオーナー様のレベルがUPしていく中での審査は熱が入ります。


今回初めて「社長賞」を設けました。この賞は社長自らの一言で決まりましたので社長は賞選びになお真剣ムードです。

 

表彰式は8月予定の「木工教室」会場で表彰式を予定致しております。

yano

 

 

 

 

 

 

現場チェックを経て。。

ウッドデザインの現場では上棟後、週代わりで各現場の現場チェックを行っています。

スタッフで行う現場チェックは現場内の清掃に始まり、現場周辺の清掃にも努めています。また、現場での検討事項等もスタッフみんなで検証し解決していくのが目的です。

各現場に赴き実際に現場に接することで担当現場でなくとも自然と現場に愛着が湧いてきます。

そんな現場チェックを経て、また完成を迎えた現場があります。
見学会の準備を終え、スタッフでの内覧会。
ひとつひとつの工夫や出来栄えに息をのみ心うたれる瞬間でもあります。
見上げるその先には。。。

川南町の『DEEP WOODS』の現場は明日6月22日(土)より完成見学会です。
実際に見て、感じて、現場の工夫や出来栄えを楽しんで頂ければと思います。

 

まだ増える?

日本国内で豚コレラが発生し、心配な状態が

続いています。

そこで、豚さんの話題なのですが、

私の机の上には、なぜか豚さんグッズが

増えていきます。

そもそもの始まりが、この4匹の豚さんです。

広報のIke502がお土産に買ってきました。

続いては私が100円ショップで購入した

豚の貯金箱です。

ここから、豚さんの数が増えることに

なりました。

上の写真の豚さんが2匹くらいづつ仲間入り

していきます。

すべてIke502のお土産です。

何かわからない豚さんの置物です。

これもIke502のお土産です。

全部並べると、こんな状態です。

よくよく考えると豚さんグッズが増える

原因はIke502みたいです。

机の上を占拠しているので仕事をする

スペースが狭くて困るとともに、

豚好きのおじさんと思われるのも

何か妙な感じです。

それでもIke502は、私に豚さんグッズを

お土産に買ってくるのでしょう。