月別: 2019年5月

オススメのパン屋さん♪

こんにちは、kitです。

皆さんは、おすすめのパン屋さんはありますか?

私は先日、清水町にある京都伊三郎製パンさんに初めて行ってきました。

「感動の100円パン」というだけあって、なんだか親近感が持てますよね。

中に入るとたくさんのパンがお出迎え。なんと常時150種類以上あるそうです。

  グラタンパン 100円

まずは人気NO.1だというグラタンパンをトレーにイン。そのほか8点の商品を購入。

   たらも 100円
  辛口チョリソーウィンナー 100円

肝心の味ですが、一言でいえば美味しすぎる。

まずはパン生地に相当なこだわりを感じます。柔らかいパンは優しく包み込むように、カリカリのフランスは香ばしくて上品に。中に入っている具材同士の相性や味付けもグー。安いだけじゃない、職人さんのセンスも高いからか見た目も美しく、味も美味しい。正直これほどまでのハイコスパに衝撃しかありませんでした。

ちなみに、辛口チョリソーウインナーは結構本格的な辛さがあるので軽い気持ちでは試さないように。一部メニューは試食も可能だったので一度味見してみるのもいいかもしれませんね。

スタッフさんに尋ねてみたところ、このお店のコンセプトは、「価格のこだわり」「美味しさの追求」「地域を笑顔に」だそうです。やはりコンセプトがしっかりしたお店の商品はクオリティが高いですね。

皆さんも一度ご賞味されてはいかがでしょうか。かわいいパンもたくさんありますのでお子さんもきっと笑顔になりますよ。

次は塩クロワッサンにしようかな。

kit

 

~お店のご紹介~

京都伊三郎製パン 宮崎本店

住所:宮崎県宮崎市清水2丁目6-1
TEL:0985-72-5432
営業時間:7:00〜19:00(売り切れ次第終了)
定休日:木曜

令和元年5月1日

令和元年5月1日、新しい年号が施行された日の出来事。

我が家では例年のお正月は、三社参りからブログが

スタートするわけですが、今年は令和の新年号施行で

お正月が二回来たようです( ^ω^)・・・

早々三社参りに雨が降る中、家内とお参りに行って来ました。

地元の綾神社に参拝した後、青島神社に参拝に向かいました。

青島神社では雨の中にもかかわらずお参りの人人人で

長蛇の列でしたまるでお正月の三が日のお参りの風景です。

鵜戸神宮では、お正月同様220号線からは入り

トンネルを通り駐車場までは一時間以上もかかりました😫

本殿に行く階段には傘をさした参拝者で長い行列が続きました。

何時もはそんなに並ばない御朱印の受付には

たくさんの人が並んでいました、マナー宜しく

私も少し並んで、御朱印を有難く頂きました。😍

テレビの影響はすごいですね、関東の神社では

2~8時間かかって御朱印を頂く当たり前の光景が

また、心無い人が頂いた御朱印をネットで販売している

また、巫女さんや事務所関係者等に罵声を浴びせている

そんな報道を聞きますと、御朱印集めが趣味な私としては、

なさけないやら、腹立たしいやらでした🤢👿😈👹

参拝をして、心新たに令和のスタートがきれた一日でした。

yano

 

きっかけ。。

芸術の秋。。ならずとも、どの季節でも芸術は楽しめるものですよね。
以前、TVで目にした作品があり、その美術家の個展が市内のアートセンターで開催されていました。
これは、いい機会と思いつつ…. 、最終日にはなりましたが行ってきました。
最終日となるとさすがに長蛇の列!
アートセンターといえば、エントランスに置かれたピアノの存在も有名。。この日も華麗なピアノの音色は顕在で45分程の待ち時間もピアノの音色を楽しむことができました。
そして会場への入場です。。

『 金魚絵師  深堀隆介展 』
大小さまざまな金魚の絵があり、線の細やかさ、色合い、また筆使いで、まるで金魚が泳いでるような躍動感を感じさせられました。

写真撮影可能な作品のひとつです。
このひとコマもとって観ても絵ならずとも、造形作品に近いものでした。
祭りの出店で今にも金魚すくいができそうなほどの質感やリアリティーを追及した表現方法にただただ圧倒されつつも、どこか懐かしくワクワクできる作品です。

透明な樹脂を用いて何層にもわけて描いていく手法で、この金魚たちはまるで生きているかのように泳いでいます。
深堀さんのオフィシャルサイトにも金魚を描き始めたきっかけが記載されています。
「ああもう美術なんてやめてしまおう。」という思いから水槽の金魚に目が留まり、真上から見る金魚の美しさに魅了され、金魚を描くことが楽しくなった旨がかかれていました。
本当にきっかけというものはどこにでも存在していて、わりかし身近なところにあるものなのだなと思いました。
また、それに気が付くかは自分自身次第なのだと。。

もの造りに携わる者としてこの個展はいい刺激を受けることができました。
日々の生活から新しいアイデアをとりいれ自分も楽しくもの造りに携わり、ひとりでも魅了できるものを生み出していければと思えたこの一日でした。

ichiro

 

 

おきよ丸

先日宮崎神宮を訪れ、宮内をウロウロしていると、

壁の無い小屋の中に、どこかで見たことのある

大きな舟がありました。

この見覚えにある舟は、宮崎神宮大祭(通称:神武さま)

神賑行列に登場している『おきよ丸』と言う古代舟です。

日向を治めていた神武天皇が、全国統一のため東方に向け

出発する際、急遽明け方に出発命令が下されたため、

滞在していた美々津の家々の戸をたたき「起きよ、起きよ」と

触回り、出発に間に合わせたことから『おきよ丸』となったと

言われています。

調べてみると、飾られてある『おきよ丸』は、西都原古墳群から

出土した舟形の埴輪から再現され、県産の杉を用い、綾町の工芸家が

3ヶ月を掛け制作したそうです。

制作費は1,000万円。すべて寄付とのことです。

この舟を見ていると、神話とはいえ、木造の舟でよく無事に

大阪あたりまでたどり着けたものだと感心します。

つかの間ではありますが、古代のロマンを感じた出来事でした。

 

 

 

 

 

 

 

WDメダカのお引き取り

こんにちは!メダカ係のhizaです。

先日事務所のメダカの数が増えてしまって・・・というブログを書いたのですが早速お問い合わせを頂きました!

こんなにお問い合わせを頂けると思っていなかったです(汗)ご連絡を下さった皆様、ありがとうございます!

おかげさまで水槽内のメダカもストレスなく泳いでいます!少しさみしくなります

きっとメダカ達は事務所にいるよりWDのおうちにいる方が快適に過ごしているのではないでしょうか。

また、新しいエビちゃんも仲間入りしたので頑張って育てていきたいと思います!hiza

旅立つメダカを見送るhiza