日別: 2019年4月1日

とことんやってます。

現場チェックやお引き渡し前には欠かさず、壁、床、天井など家じゅう、全てを掃除しているというのは当たり前の事ですが、見えないところの隅々までをキレイにするのがウッドデザイン流です。

その見えない場所の一つである床下は、這いつくばって移動するのが精一杯の空間。とにかくキレイにしたい一心で埃にまみれて動き回ります。

ウッドデザインの男で床下に潜った事ない人はいません。誰であろうと担当ならば潜ってます。

また季節も関係ありません。夏場は汗が滝のようにながれ、作業着がサウナスーツの様です。

こんな狭くて暗い場所に休憩を挟みながらも、半日潜っているのですから、出てきたあとはしばらくぼーっとしています。

しかし誰一人文句をいうものはいません。むしろ楽しんでる様ににも思えるのです。

とにかくキレイにしたい。お客様を喜ばせたいという気持ちだけです。

この人たちを私は誇りに思います。
さて次の現場で床下に潜るのは誰かな〜

ike502