マイナス6℃

先日、出張で山梨に行ってきました。
山梨に行くのは学生時代のアルバイトのとき以来で
今回は新宿から狩人(古すぎて知らないでしょうか?)
の歌に出てくる特急あずさに乗ってきました。

二日目の朝いきなり氷点下6℃の中、白い息をはきつつ
やっぱり宮崎にしか住めないな!と改めて思いました。
すれ違う人を見ると皆さん手袋にマフラー!
暖冬だし作業の時しか手袋せんしなんて思いながら
その日は甲府から各駅停車の電車で移動したのですが、
その時、初めて経験したことがあったのです。

電車に乗る時は大勢いたので気付かなかったのですが、
降りる時は一人だけで待っていて駅に着いても
一向にドアが開かないのです!
おかしいな?故障かな?
なんて考えながらドアの横に目をやると何やら見慣れないボタンが

あける!! しめる!!  なるほど!
そういうことかと感心しました。
手動でドアを開け閉めして冷気の侵入を最小限にとどめ
車内をできるだけ快適にするための工夫がされていたのでした。
気候風土の違いをあらためて教えてもらいました。

  yamada

ちょっと日向岬ツーリング

こんにちわ ike502です。
先日、故郷の日向に帰った際にちょこっとソロツーリング行ってきました。

日向岬といえば、馬ヶ背やクルスの海が有名な観光スポットです。
高千穂や日南と比べるとすこし寂しいですが、とても大好きな場所です。

米の山から見た日向市街地。海に突き出た山で、日向の景色を海側から見れるという楽しいスポット。夜景もきれいに見ることができます。

こちらは馬ヶ背です。ただただ広ーい太平洋に伸びる遊歩道です。
先に進むにつれ、足がすくみます。

馬ヶ背から宮崎方面を見ながらパチリ。太平洋と入り組んだ海岸がダイナミックすぎて、人間のちっぽけさを再確認しました。

最近大分まで高速が繋がったこともあって、県外からのお客さんもチラホラと。
そしてバイカーも年々増えてます。

日向岬、この場所は幼い頃から馴染みのある遊び場です。歩いて一所懸命登ったり、自転車で登ったり、デートしたり、ドライブしたり。
いまでも帰郷するたびに必ず行く大好きな場所です。

ike502でした。











またまた、DIY… そして、失敗編

最近、密かに「DIY病」に罹患しているsakaです。

昨年購入したインパクトドライバーとオービタルサンダーの便利さも相まって、とにかく何かDIYやりたい病にかかってしまっております。

前々回のkitさんのブログで紹介された「WDオリジナルのモノ」の作業現場で、あるモノを手に取った際、あるアイデアが浮かんだので早速先日の休みにDIYやってみました。

その「あるモノ」とは下の写真の赤丸にあるモノです。

これは、杉の床材の溝の部分をカットした不用材です。

赤線の部分でカットしたもの

これを何に利用するのかというと…(イメージ的にはこれです。)壁面への取付金具が見えないのがミソ。これをお手本にDIYします。

○印○品の「壁に付けられる家具」シリーズの「長押」。「なげし」と読むそうですが、ちょっと本来の「なげし」とは違うような?!

殺風景な我が家のリビングの壁におしゃれなアートを飾りたいとの一心でチャレンジしてみました。
ここで検討したのが、いかにお手本のように壁にキズを付けずに、取付金具を隠して固定するか?ということです。

そして、検討した結果、買い求めた材料がこれです。

A4サイズのデコパネル。極小金折。極細くぎ。はがせる強力両面テープ。総費用534円也。

極小金折を極細くぎで壁に留めて、その上に廃材で作った「ナンチャッテ長押」を載せて、「はがせる強力両面テープ」で 極小金折に固定という段取です。

作業開始。
さっそく、問題発生。極小金折にこのまま載せたら「ナンチャッテ長押」がはみ出ることが判明。ニッパーを使ってチカラ技で不用部分をカットしました。

手元に金属をカットする適当な道具が無かったので、ニッパーで力いっぱい切るという羽目に!

そして、水平を出しながら、極細くぎで壁に固定。

この上に、「ナンチャッテ長押」を「はがせる強力両面テープ」で固定。
はい。できあがり。

いい感じ、いいかんじ。金折の上の部分がちょっと見えてますが、この前に絵を載せるから見えなくなるし、オッケー!

そして、デコパネルにお気に入りのアート画像を印刷したものを貼り付けて、上にのっけると…


まあまあの出来かな?と眺めつつ、ここで、ふと気づいたのですが、最初っからこの「ナンチャッテ長押」を 直接 「はがせる強力両面テープ」で壁面に貼れば済む作業だったのでは?…と。

おーまいご~っど

まさに「策士、策に溺れる」を地でいく大失敗なのでした。トホホ!

CAD研修会

こんにちは、Hizaです。

本日はCADの研修で鹿児島まで行ってまいりました。

昔はどんなに大きな建物もコツコツと手書きで書いていたわけですが、現在はCADソフトによって2Dは勿論、ものすごくリアルな3Dやら、部材の数の拾い出しやら、照明の効果までを全部やってのけてしまいます。

CADソフトはいろいろな種類があるのですが、ソフトによってまったく使い方が違います。まったく違う言語を使うような感覚です。

違う言語を話すのは難しいですが、何事もチャレンジしていきたいと思った次第です!!

研修会の写真を挙げるのは面白くなさそうなので、代わりに本日出会った感動のラーメンをご覧ください。

ラーメン こむらさき・・・昭和25年創業の昔ながらの優しい味のラーメンでした。

WDオリジナルの

皆さんこんにちは(‘◇’)ゞ

ウッドデザインではあるモノを作り続けています。最近それがなくなりかけていたので、みんなでまた作ることにしました。 私は初めて挑戦です!

職人A ”Mr.yano”

職人B ”Mr.sakaguchi”

最後にこれを使って、一つ一つ焼き印を入れて仕上げます。職人Aさん、職人Bさんはベテランらしい慣れた手つきで次々と綺麗に仕上げていくのですが、私は次から次へと私物コーナー送りに・・・。

先に謝っておきます!いつか僕のが当たった方へ!

「ごめんなさい~m(_ _)m」

次はもっと上手になりたいものです。

 

kit