yamada

梅雨の晴れ間

梅雨も一休みなのでしょうか?
ここ何日か晴れの日が続いてますが、
このような日によく現れるのが
写真のシロアリたちです。

自然界では枯れた木や倒木を分解して自然に還してくれる
とても重要な役割を果たしているのですが、
人間界では歓迎されないいきものです。

 

先日、オーナー様からシロアリ発見の連絡を
いただき確認に伺ってきました。
発見場所は掃き出しサッシ周辺で
外周、基礎周り、床下はすべて問題ありませんでした。
飛来してきた羽アリ(写真の上)のほとんどは
その後、羽が落ちた(写真の下)状態になります。
今回も外部からの羽アリ飛来でしたので
梅雨明けくらいまで注意していただくように
お願いしました。

 

最近ホームセンターに立ち寄ると
虫かごを買ってもらって嬉しそうに帰って
いく男の子をよく見かけます。
きっと夏本番に備えるのでしょうね!
クワガタやカブト虫の出番までもう少し

 

早く梅雨が明けてコロナも静まり
いつもの暑い夏が来て欲しいですね!!

 

 

 

新年のご挨拶

新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はスタッフ一同大変お世話になりました。

コロナに始まりコロナで終わる大変な年でしたが、

多くの方々との素敵なご縁と大切な家つくりの

お手伝いをさせていただいたことに感謝申し上げます。

まだまだ予断を許さない状況が続きますが、

早期に収束して皆様とふれあいイベントで

またお会いできる日を楽しみにしています。

本年もウッドデザインの木の家を

みんなで磨いていきますので

どうぞもよろしくお願いいたします。

代表 山田

 

ビーバスター

1980年代にゴーストバスターズという幽霊退治の

映画がありましたが、先日ゴーストならぬビーバスター

をやってきました。

 

 

始まりは80歳を過ぎた母からの1本の電話でした。

『スズメバチに頭を3箇所くらい刺されたっちゃが〜』

その声のトーンが普段とあまり変わりないので、ボケて

ミツバチとスズメバチを間違えているのじゃないかとも

一瞬考えたのですが、テレビでスズメバチの被害や退治の

特集を見たばかりだったので本当なら大変とばかりに

『電話を切ってから、すぐに119にかけて救急車を

呼んで病院に行って!!』

 

私が病院に着いた時には無事処置も終えて笑いながら

『頭のここが腫れてるけど、顔じゃなくて良かった😄』

流石、いくつになっても母は強し!恐るべし!

 

今回は良かったけど、二度目があると命にかかわるので

ビーバスターの始まりです。

 

 

ターゲットは庭の植木の中にありました!

駆除の依頼も検討しましたが、

今回はバレーボールほどの大きさだったので

自分でチャレンジしてみることにしました。

 

因みに駆除の依頼をする場合、蜂の巣の大きさや場所に

より価格は変動しますが、9千円〜が相場のようです。

 

ビーバスターといえばハチ取りといって昔ながらの

煙モクモクしか頭になかったのですが、

ホームセンターで探しても見つけることができず、

今は下の写真のようにジェット噴射式専用スプレーで

ハチ取りより安全な上、より確実に仕留めることができる

便利な物が数多く並んでいました。

 

 

但し、連続噴射時間は30秒です!

1本で仕留めきれずに反撃を受けると怖いので

追加で2本目を購入、注意書きも何度も読み込んで

完全防備(実は定期点検で床下点検時の装備)でいざ出陣!!

我ながら、ちょっと見 業者っぽくないですか!?

 

 

黒い色の物をめがけてスズメバチは攻撃するようなので

出来るだけ黒色を避けて、巣に全員が戻ってきた後の

夕刻、巣の出入り口が1箇所あるのでその周りに吹きかけ

そこから一気に巣の中へ突入です!

途中、突然の攻撃に中から飛び出してきても

ジェット噴射をひたすらなくなるまで続けるのみ!

 

 

格闘の様子は撮影不可能でしたが、

格闘すること1分半ほどで見事ビーバスターは完了。

 

今回は殺虫剤を使用したので美味しいハチの子も

食用にはできないので処分することにしました。

落雷と火災保険

暑中お見舞い申し上げます。

 

梅雨が明けるといきなり猛暑がやってきて、

その暑さも年々厳しさが増している感がありますよね!

 

先月、オーナー様から『インターホンが使えなくなったのですが・・』

という連絡を二件いただきました!

訪問して確認させていただいたところ、

どちらも同じ症状が出ていました。

室内のTVモニター付きの親機と外部の子機の両方に

電気が通じていない状態で電気配線には異常は

見受けられませんでした。

別々の場所で日付も違っていましたが、

お話を伺って共通していたのが近くで落雷があり、

近隣でも被害が発生しているということでした。

上のように多くの火災保険は落雷が原因の被害に

対応していると思いますが、証券ではわかりにくいので、

ご加入している火災保険の窓口に連絡をして

保険の対象かどうかをまず確認してみてください。

 

火災保険では、ビルトインタイプの電化製品や建物に

取り付けている電化製品は、建物設備として「建物に」

分類され、据付の家具も同様の扱いのようです。

 

建物に付随して固定されているものは、

建物扱いで火災保険の対象。

移動可能なものは家財扱いで、

家財保険の対象でわかれているようです。

詳しくは、それぞれの保険会社へやはり確認をお願いします。

 

因みに一件は保険対応でインターホン一式交換しました。

そして一件は現在保険会社に申請中です。

 

今回はインターホンでしたが、落雷の被害はどこに発生するか

わかりません。

これからの季節近くで落雷があった際は、特に家電製品にも

注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨時の輩(やから) 

まだまだコロナの影響は続いていますが、

静まり返っていた学校に子供たちの姿が戻り、

事務所の前を通る中学生と交わす『こんにちは!』

そのたった一言の中に日常のありがたさを感じています。

 

学校再開とほぼ時を同じく九州南部は梅雨入りとなりました。

これからの時期、建築現場は毎日天気予報とにらめっこの日が

続きます。近年は天気予報の精度が上がっていますが、

局所的な雨も増えているので、やはりその場所で雲を見て風を

感じるのが一番間違いないようです。

 

建築の現場では雨はあまり歓迎されません。

そしてこれからの時期は住宅には絶対に歓迎されない

輩の出没が始まります。

 

宮崎ではヤマト、イエ両方のシロアリが生息しています。

これから雨の日が続き、久々に晴れたなと思ったら

ハネアリが夕方飛び回り始めます。

風に乗って数百メートル飛ぶ場合もあるようです。

 

そしてこの時期、白い粉を撒き散らすもう一つの輩がいます。

キクイムシが成虫になって出てくる際に小さな穴を開けて

排出する木粉が白い粉として証拠を残していきます。

 

このような輩を見つけたときは、先ずご一報をください。