TEZKAMAN

自然がいいね!

スタッフブログは、久しぶりの投稿となります。

最近は現場に没頭しすぎて…気が付いてみれば、今年に入りほとんど休日をそれらしく過ごしていない私…。
ですので、今回は去年の暮れからお正月にかけて行った登山のお話となります。

少し写真が多いのでお気を付け下さい。

2018年、12月31日より、「御池 野鳥の森キャンプ場」にテントを張り、年が明けた2019年1月1日元日。
朝3時30分にはキャンプ場を出発。途中「鹿」や「タヌキ」たまに「野うさぎ」を車ではねかけながら…「高千穂の峰」の登山口へ到着。
早速 登山靴にはき替えて、頂上を目指しました。↑写真はその途中、数珠つなぎとなった登山者の列。
「御来光というものは、そんなに魅力的なものなのか…。」なんて呟きながら、私もその魅力に取りつかれたひとりなのですけどね…。

頂上はこんな感じ。
今年は「韓国岳」からは 天候不順で御来光は望めないだろう…。そんな予想があったので、例年より少しだけ多いとの事…。(毎年登っている私の知り合いが教えてくれました。)

さあ、待ちに待った御来光!
今年は良い年になりますように…。(今現在、まだ御来光の効果は出ていないようですが…)

幻想的な「天の逆鉾」。
風が強くて早めの退散…しかも帰りも大渋滞。後ろから人が転がってくるので、下山には苦労しました。

そして翌日、2019年1月2日も登山です。
今度は反対側「韓国岳」の頂上を目指しました。

樹氷がとても美しくて…。
最近は登山口が遠くなってしまい、少しだけ不安でしたが とても気持ちの良いコースでした。

こんな感じの森を抜けていきます。
途中 何度も鹿と遭遇するのですが、「熊」だったら…と思うと少し恐ろしくなったりします。

そして頂上からはこんな美しい風景が…。
空気もツーンと冷たく気持ちよく。汗もかくのですが、その清々しいこと。

火山活動が治まれば、昨日登った高千穂の峰から縦走出来るのに…。
いつかまたその時が来るのを祈って頂上をあとにしました。

そして一直線でここへ向かいます。
いつもの私のコース、「えびの高原壮」の温泉で疲れた体を癒すのでした。

そして妻の実家で食べる↑これ!
これを食べずして、私のお正月は来ないのでした。(スキヤキ美味しかった!)

少しは涼しくなっていただけたでしょうか。
どこかで またいつか、登山のお話が出来ますように。

TEZUKAMAN

憧れ

誰しも憧れている人がいると思うのですが。
今回は私の憧れの方を御紹介します。

私は数年前、ある雑誌でこの方の事を知りました。

名前は「Jimmy Chin(ジミー・チン)」。
プロカメラマンであり、クライマーです。

Jimmy Chin, India. Photo: Jimmy Chin. The North Face Rights Expiration Date: October 5, 2013.

ノースフェイス社アスリートチームメンバーとして活躍し、ナショナルジオグラフィックの写真家としても活動されている凄い人です。

映画「MERU」にて存在を知って以来、私の憧れる方となりました。

その強靭な肉体や技術はもちろんのこと。
この方の生き方や考え方…そしてなによりこの方の「心の持ち方」に感銘を受けたのでした。

標高6,000mで、-20度を超える究極な状況。
そんな中で、チームと共に目的に向かう姿。

肉体とは別に、並はずれた精神のタフさや、協調性。そして究極の「優しさ」をもった方。

とても私には真似出来ないのですが、せめてその姿に憧れだけでも抱こうと思っているのでした。

さあ、私も準備は整っていますので、今年のお正月は 冬山での登山&テント泊を楽しんで来たいと思います。(富士山以外、2000m以下、熊のいないところで登山をする…と決めていますのでご安心を!)

登山に向けて 体力増強中の手束でした。

続・漢(おとこ)の倉庫

悪天候に阻まれて、塗装工事が出来なくなっていた「漢の倉庫」。
ようやく天候にも恵まれて、一気に工事が進みました。

大きな引戸と、かわいい開き戸。
S様の遊び心でかわいい開き戸は、アンティークっぽい色をチョイス。

最後にカッティングシートにて、おしゃれなカフェっぽいロゴを制作予定です。

そして、今回は 内部最後の仕上げ工事。
コンクリートを金ゴテにてきれいに仕上げて、十分乾燥させて施工した工事…

テカテカ ピカピカ!
その名も「ウエットコート仕上げ」。鏡面に仕上がった床に映りこむ壁の棚が、この仕上げの美しさを物語っていますね。

十分な乾燥をまって、とりあえず荷物を入れてみました。
うんうん!「あう~!」ですね。

あとは照明工事を残すのみ。
「漢の倉庫」が完成をむかえます!

ちょっとした作業や、アウトドア用品、DIYで使う工具などを収納するのにはもってこいの小屋。
いやはや羨ましいですね。まるで自分の家の小屋のように作らせていただいています。(S様、いつも勝手にさせていただいて…ありがとうございます!)

いつか、いつか自分も欲しい…と憧れている手束です。

漢(おとこ)の倉庫

順調に作業の進む「漢の倉庫」。
現在はここまで工事が進みまして、ほとんど完成型に近いところまで来ました。
黒のガルバリュウム鋼板…やっぱり良いですね!

しかし、ここへ来て 意外な敵に妨害されて工事がストップしてしまいました。
その敵とは…みなさん御存じ「台風24号」(…鉄人ではありません!)

建具も取り付いて、素敵な倉庫の仕上げが出来る!と 思いきや、現在は台風養生にすっぽりと覆われているのでした。

焦る気持ちを抑えつつ、今は作業より「安全」を選択しまして。
しっかりと工事を終わらせていこうと思います。

写真は、この前お引き渡しが終わったお客様の家。
御主人の趣味のスペースが ようやく完成しまして!

オリジナルロッドスタンドを作ってみたのですが。
取り付ける前は、ちょっと大きいかな…なんて心配していたのですが、付けてみますと良い感じになりました。

「漢の倉庫」にもどうでしょうかね。(S様は釣りされるかな…)

台風は24号に続き、25号も宮崎の西側を進みそうです。
安全が第一。皆様、いま一度 台風への備えをお願いします!

手束でした。

漢(おとこ)の倉庫

以前のブログにて「鬼の作る倉庫」として御紹介した「漢(おとこ)の倉庫」ですが、今回はその後の様子を御紹介したいと思います。


倉庫は人が日常を過ごすところではありません。
主に荷物や乗り物、季節物の収納場所となります。
しかし!この「漢の倉庫」は、奥様からの「収納」という要望と御主人の「趣味のバイクいじり」の要望を叶える建物となるのです!


…とは言え、あくまで「倉庫」ですのでいろいろな制約を受けます。
守らなければならないルールとしまして 確認申請を不要とする為に面積を10㎡以下とする必要があります。
ですのでむやみに大きくすることはできません。


いろいろな可能性を想像しながら計画を練りました。
ある意味、家作りより難しい=面白い作業となりました。


そして作る工程はと言うと…、普段作っている家づくりとほとんど同じですから。
倉庫だからと言って、手を抜けるはずがありませんよね。
逆にとても新鮮で、いろんなアイデアが湧いてくるのでした!


工事が進むにつれて だんだんと外観が見えてきました。
真っ黒い躯体が、昔の「木の家」を思い出させてくれましたよ。(やっぱり渋い!僕はこの色使いが大好き!)


とりあえず、現在はこんな感じで屋根まで拭き終わりまして、壁工事を待っている状態となっています。


建具も全てオーダーメイド!
御主人のこだわりを感じますよね。

さあ、憧れの「漢の倉庫」、次回いよいよ完成…でしょうかね。
久しぶりに現場監督中の手束でした。