saito

ニャンコ♪ワンコ♪薔薇♪

今年は平年より19日も早く梅雨入りした九州南部地方。。。

ただでさえ長引くコロナ生活の疲れが溜まって来ている中、普通に考えて梅雨の期間が2カ月以上も続くのかと思うと気持ちもどんよりしてしまいますね。(;´∀`)

こんな時は、綺麗な植物や可愛いペットに癒されるに限る~!(^O^)

ということで今回は、私の実家のペット達や薔薇を紹介します。

 

まずは、茶トラ猫の茶々です。茶々は16才のお婆ちゃんニャンコ!(=^・^=)

口の周りに丸い輪っかの模様があるので、お菓子のカールでお馴染みのカールおじさんみたいですが、毛並みが長く白い靴下を履いているのが特徴です。

茶トラと一口で言ってもその種類は3つに分けられるそうで、全体的に茶色なのが“まるどら”、茶色に白色が混ざったのが“茶白”、白い部分が茶白よりも多いのが“白茶”と言われてるそうです。

また、遺伝子染色体の関係で、茶トラ猫の約8割はオスなのだそうです。中でも“まるどら”においては、メスが生まれる確率は2万分の1と言われており、なんと1割程しかいないのだとか。(゚д゚)!

 

次に紹介するニャンコもなんと茶トラの女の子!名前はタマちゃん。(=^・^=)

この子は推定3歳くらい。

実は、茶々もタマちゃんもある日突然やって来てそのまま家に住み着いた、所謂、入り猫さんです。

入り猫とは、『猫が家に入って来るのは縁起が良い』とされる意味で、商売をされているところに招き猫の置き物があるのも良く見かける光景ですね。

タマちゃんはとても人懐っこい子で、家の中でも外でも常に母の後を着いて回り、とっても甘えん坊なニャンコです。特技は、名前を呼ぶと、『にゃ~あ~ん』と返事をすることです。その甘えた声が聞きたくて、ついつい名前を連呼してしまう私です。(笑)

 

 

最後は、柴犬系の雑種犬・ポチです。私は『ぽっくん』と呼んでいました。(*^-^*)

実は老衰にて、数カ月前に天へと旅立ちました。  

16歳でした。

左の耳が半分しかありませんが、これは数年前、夜中にタヌキが餌を狙ってやって来た際にケンカをし、タヌキから噛まれた傷から菌が入って、耳がまるで餃子のようにパンパンに腫れあがったのでした。

痛がっていたので動物病院へ連れて行くと、即、耳を切開。膿を出してもらった結果、耳が半分になったという訳です。。。(;’∀’)

柴犬の平均寿命は12才~15才とのことで、人間の年齢にすると80才くらいだったのかなと思います。最近はだいぶん目が見えなくなり足元もかなりおぼつかない状態でしたが、母が付きっ切りでお世話をし、最期は、大好きな菓子パンを少しだけ口にしたそうです。

 

色々な思い出がありますが、実家へ帰省すると私はいつも真っ先にぽっくんの所へ行き、ぽっくんからのウエルカム攻撃を受けた後は大好きな散歩をし、そして身体をマッサージしてあげていました。私の手をペロペロしながら、気持ち良さそうに私に身を預けていたぽっくん。ぽっくんにはたくさん話を聞いてもらいました。

旅立った後、暫くは思い出しては涙する日々でしたが、今は、元気な頃の動画や写真を見て元気や癒しをもらっています。 

   

いつまでも思い出を大切にしたいと思います。

星になったぽっくん、安らかにね。。。☆彡

 

最後は、母が趣味で育てている薔薇を紹介します。

実家は、地元ではちょっとしたバラ園として評判になっており、ケーブルテレビの取材が来たり、コロナが始まる前までは高齢者施設の車が列を連ねて見学に来られたりと、家族だけでなく地域の方達の心も癒してくれています。

庭に約40種類ほど植えてありますが、どの薔薇も気品があって美しい!(´▽`*)

 

帰る際には、観賞用にと母が持たせてくれます。

 

昔から花のある暮らしに憧れていましたが、元旦の日に今年こそは!と心に決め、現在も何かしら花を飾っています。

お部屋の空間が明るくなるだけでなく心がとても癒されるので、物事も良い方向へ進む気がします。

まだまだ梅雨は続きますが、雨の日こそチャンス!という気持ちでお部屋の模様替えをしたり植物を飾ったり、ペットと戯れたりお菓子作りをしたりと、雨の日をポジティブに過ごしたいですね。(´▽`*)

saito

癒される柔らかなヒカリ♪

暖かくなり、すっかり春ですね~。(*´▽`*)

どこを見ても色とりどりのお花が可愛く咲いていて、心から癒されます。(^^♪

 

先週末に月命日の墓参りへと行きましたが、1カ月前は満開の花を付けていたサクラにたくさんの実が付いていました。春は一年の中で一番好きな季節です。(*‘∀‘)

 

さて今回は、私の最近のお気に入りアイテムをご紹介します。

それは、瓶型のソーラーランタン・ソネングラスです。

このソネングラスは、日中は太陽のエネルギーを蓄え、夜は柔らかなあかりを灯して癒しを与えてくれます。(*^-^*)

ソーラーは瓶の蓋部分にあり、満充電までに夏は6~9時間、春秋は10~12時間、冬は数日要しますが、マイクロUSBでの充電も可能ですので、曇天や雨天が続く日でも安心です。

 

このソネングラスはひとつひとつハンドメイドで作られており、生産拠点はなんと遥か遠くの南アフリカ!

電力のない南アフリカでは生活必需品となっている他、世界11カ国、約300万人の方々から愛用されているそうです。

また、その機能性とデザイン性が評価され、世界で数々のデザイン賞を受賞しているのだそう。ソーラーで発電するので、防災グッズとしても重宝する優れものです。

 

瓶の中にはドライフラワーを入れるも良し、貝殻や砂を入れてビーチグラスにするのも良し、オリジナルの癒しの世界を楽しむことができます。

 

ちなみに私が入れているものは、昨年の3月、息子が中学校の卒業式で胸に付けていたコサージュです。ボーッと眺めては、離れて寮生活をしている息子のことをあれこれ考えますが、あんまり見つめていると心配で眠れなくなりそうなので(笑)、最近はこのコサージュに代わる物を密かに制作中。。。

上手く出来上がったらまたブログに載せますね。(#^.^#)

 

気になるお値段ですが、写真の1000mlのもので5,000円弱程。インターネットで購入できます。但し、低品質の類似品が出回っているみたいなのでご注意ください。

 

宮崎県にも新型コロナウイルス感染の第4波が押し寄せつつあり、またまたおうち時間が増えそうですね。。。変異ウイルスの感染も見られるようになって来たので、引き続き感染予防を徹底し、気を引き締めて過ごしたいと思います。

 

あぁ。。温泉旅行。。行きたいなぁ。。。(;^ω^)

saito

春がき~た~♪

このところ暖かい日が続いており、春ももうそこまでという感じですね。(*^^*)

新型コロナウイルス感染症による宮﨑県独自の緊急事態宣言が解除されて、一カ月が経とうとしています。最近では新規感染者数がゼロの日もあり、ようやく感染防止対策等の効果が現れて来たのかなと感じます。

私もここ数カ月は職場とスーパーへの行き来のみの毎日でしたが、先月、久し振りに家族と市民の森へと出掛けて来ました。

連日、梅園の様子がテレビやSNS等で出ていたとあって、市民の森周辺の道路は大渋滞。駐車場も空きがなく、駐車待ちの車がズラリと並ぶほどでした。

無事に車を駐車し、久し振りに自然の心地よい風を感じながら歩いていくと、広場ではボールで遊ぶ親子やシートを広げてお弁当を食べている家族、ベンチに並んで座りにこやかに会話をしているご年配の方々など、それぞれの距離を保ちながら、大空の下で楽しい時間を過ごしていらっしゃるようでした。!(^^)!

 

そんな微笑ましい光景に私も幸せのお裾分けをもらい、このところの運動不足で重かった身体もすっかり軽やかに♪。(*^-^*)

 

広場を抜け、遊歩道を歩いて行くと、まず椿園が見えて来ました。(*’▽’)

ピンクや赤、白や二色の色が混ざったものまでたくさんの種類の椿です。それぞれに名前の札が立ててあるのですが、漢字の名前がほとんど。流石、日本原産の植物で、日本を代表する花のひとつであると改めて再認識させられました。

 

 

椿園を抜けると一気に視界が開け、目の前にはたくさんの花をつけた梅の木がズラリ。(*’▽’)枝の先までびっしり花をつけた赤梅や白梅の綺麗さに、もう圧巻でした。

 

 

 

梅の香りにうっとりしながら歩いていくと、どこからか歌声が聞こえて来て。。。(*’▽’)梅園の中央付近で、男性がギターの弾き語りをされているところでした。

 

♪は~るがき~た~、は~るがき~た~、どこに~き~た~、山にき~た~、里にき~た、野にも~きた~♪

 

演奏が終わると自然に拍手が。。。(*^^*)

ナイス選曲・ナイスBGMです!(*^^*)

だって、誰もが心の中で『春が来たなぁ』と感じていたと思うから。!(^^)!

 

たくさんの人が訪れていましたが、行き交う方々のお顔はみんな笑顔!そして、どこか晴れ晴れとした表情でした。(*´▽`*)

 

 

 

まだまだ暫くはwithコロナの生活が続きますが、たまにはお出掛けして、心の栄養補給をするのも必要ですね。(*^^*)

saito

2021年、コレ始めちゃいました♪ 

 saitoこと、会計・総務の齊藤です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

早いのもで、今年も3週間が過ぎようとしています。年が明けるなり、新型コロナウイルス感染症による2度目の緊急事態宣言が都市部へ発令され、宮崎県においても1月7日に県独自の緊急事態宣言が出されました。これにより、再び外出の自粛等が求められることとなり、自宅で過ごす時間が更に増えましたが、今は皆で心を一つにし、一日も早く安心して生活ができるよう収束を願うばかりです。

 

さて、一年の計は元旦にありという言葉がありますが、我が家では毎年元旦の朝に今年の目標と今年やりたいことを家族それぞれ話し合います。そこで、私が今年やりたいこととは、

 

ズバリ!ぬか漬け作りです。!(^^)!

 

理由は、年末にあったテレビ番組で、とある人気お笑いタレントがぬか漬けにハマっているという話に影響されたからです。(´▽`*)何でも、ぬか漬けを始めてから身体の調子が良くなったり、ぬか床を毎日扱うことで、手がとても綺麗になったと言うのです。私的には特に後者の方に強く惹かれたのですが(#^.^#)、もっと賛成したのは私の夫でした。(*’ω’*)

我が家の朝ご飯は、具沢山のお味噌汁と炊き立てのご飯、そしてご飯のお供として納豆やお漬物や焼き魚などが定番ですが、中でも夫はお漬物が無くてはならない人です。特に、味噌漬けやぬか漬けが大好き!こうとなれば、即、実行です!(^^♪

 

まずはぬか床作りからですが、今は、初心者でもお手軽にぬか漬けが始められるぬか床セットがスーパー等で売られているので、私もそれを購入。ぬか床が入っていたパックはそのまま容器にもなりますが、どうせならダイナミックにかき混ぜたいのでタッパーに移し替えて準備完了!

でも、どうしてぬか床がお肌に良いのでしょう。。。(*‘∀‘)

何でも、ぬかには米油というお米由来の天然油が含まれていることでお肌にとても優しく、しかも保湿効果が高いので手荒れや肌荒れ予防に良いのだそうです。但し、ぬかは農薬の影響を一番に受けやすいお米の表皮であることと、ぬか床には塩分も含まれているので、塩分や薬物に敏感なお肌をお持ちの方は注意が必要だそうです。

 また、ぬかには体の調整役であるビタミンB1や抗酸化作用を持つビタミンE、その他にもたくさんの栄養が含まれていますが、中でも植物性乳酸菌は、ヨーグルト等の動物性乳酸菌よりも倍以上も腸にとどまるので、腸内環境の改善に大きく働きかけるのだそうです。他にも、免疫力アップや動脈硬化の予防、ダイエットのサポートや美肌効果等など、身体に良いことがたくさんです!

 

ぬか漬けの効果も良く分かったので、早速、ぬか漬け作りスタート!

ぬかは粘土よりもやや柔らかめで、しっとりとした触感で気持ち良く、手を洗った後は肌がコーティングされた感じですべすべです。(^^♪

まずは王道のキュウリ、そして、今が旬のカブ。

初めは塩気が強いそうなので、漬け時間は短めに。程なくして、あっという間にぬか漬けが出来上がりました。

野菜の水分が出てやや柔らかくなり、ぬかの風味と塩味が程よく効いていて美味しい!

家族も喜んで食べてくれました。

キュウリはそのままお漬物としてだけでなく、ポテトサラダに入れても美味しいそうです。

また、変わりネタとしてアボカドやブロッコリーの芯、何とゆで卵やチーズ、そしてリンゴやパイナップルといった果物も美味しいのだとか。( ゚Д゚)

試さない手はないと、早速、家にあったリンゴとチーズを投入!!!

丸一日漬け込み、いざ実食!!!

まず、ハードルの高そうなリンゴを手に。。。持った感じは、柔らかくてトロッとした触感。

恐る恐る口に入れてみると、ほんの少しかじっただけでぬかの風味が口いっぱいに広がり、その後、リンゴ本来の甘みが塩味と一緒にやって来ました。ひと言でいうと、甘じょっぱくミステリアスな感じです。。。(;^ω^)

 

お次はチーズ。触感はクリームチーズのような柔らかさ。

お味の方は、チーズ本来の酸味とぬかの酸味が似ているからか、特に違和感はなく、逆にぬかの風味がアクセントになり、合う!合う!美味しい!(^^♪

ホットウイスキーのお供として最高でした。(*´▽`*)

ということでぬか漬けは、健康と美容の両方を一度に手に入れられる魔法の食べ物であり、そして、漬けていく度に発酵が進んで風味が増し、味が少しずつ変わっていくことから、食べ物というよりは生き物と言っても良いのかもしれません。

現に、毎日、美味しくな~れと気持ちを込めてかき混ぜていると、何だか愛着が生まれて来るのです。(*´ω`*)

但し、塩分が多いので食べ過ぎには注意ですが、家族と自分の健康と美容のために、これからもぬか漬けちゃんを大切に育てていきたいと思います。

まだまだ不安な日々が続きますが、皆様も長引くおうち時間を使ってぬか漬けを始めてみられませんか?(^^♪

saito

贈り物の季節になりました♪

早いもので、2020年も残り三週間ほどとなりました。

今年は新型コロナウイルスの影響によりライフスタイルが大きく変わり、明るいニュースも少なく感じた年でした。

師走になり慌ただしくなって来ましたが、この季節はお歳暮やクリスマスプレゼント等、お世話になった方々や大切な人へ贈り物をする時期でもありますね。

ウッドデザインでも先日、毎年恒例になりましたお歳暮の発送作業を行いました。

しっかり手洗いと消毒を行い、まずは、2021年カレンダーの組立作業からです。

暦では“大雪”の日でしたが、南国宮崎は汗ばむような陽気。。。(´▽`*)

広報担当のike502が魂を注ぎ入れて撮影した写真のカレンダーをテーブルへと並べ、一枚ずつオーナー様やご家族様のお顔を思い浮かべながら組み立てていきます。

組立担当はike502とわたくしsaito、組み立てたものをチェックしてケースへ入れる作業をiwaとasaが担当。

組立チームは、ike502は表紙の方から、わたくしsaitoは最後の月から一枚ずつ手に取っていくのですが、当然、どこか箇所でタイミングが重なってしまいます。所謂、お見合いというものです。(;’∀’)

最初はお互いに思いやりの気持ちがあるので上手くかわして出来ますが、そのうち集中していくとその思いやりもすっかり忘れ(笑)、お見合いどとろか衝突事故が起きるのです。(;’∀’)

がまさにその瞬間の写真です。(笑)

『あっ!お見合い。。(;^ω^)あっ!また衝突事故。。( ̄▽ ̄;)』などなど。。。そんなこんなを繰り返している組立チームを見かねたasaが、

『前半組みと後半組みに分かれて、それぞれ分担してすればぶつからないですよね。(*^^)v』と、ナイスアシスト!(来年からもこのやり方で決定!(^^♪)

それからはお互いのスピードもグンと上がり、今度は早く組み上がった方が相手にプレッシャーを掛けるという。。。(笑)

そのプレッシャーに負けたike502が慌てる様子にみんなで大笑いしながら、無事にすべてのカレンダーを組み終えました。(今年もとっても素敵な仕上がりとなっています。(^^♪)

次は、お歳暮の箱の中にご挨拶文やカレンダー、そして、年末のお楽しみである、ある物を一枚入れていきます。

お歳暮のお品は、毎年お世話になっています、山田社長の出身地である川南町にある村田製菓さんの芋かりんとうの詰め合わせです。九州産のお芋を使用されているかりんとうは、安心で優しくてどこか懐かしいお味!

『カリッ!ポリッ!』、きっと手が止まらなくなる美味しさです。(^^♪

今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点からオーナー様やお客様とお会いする機会が少なく、スタッフ一同、寂しい気持ちでいましたが、今年一年の感謝の気持ちも一緒にたくさん詰めて、ひとつひとつ丁寧に梱包させていただきました。(*^_^*)どうぞお楽しみにされていてくださいませ。(#^.^#)

最後に、先ほど話しました“年末のお楽しみのもの”について少しだけ。。(#^.^#)

私は、先月よりカレンダーを見つめ、12月上旬頃の大安の日をチェック!

そしてその当日、幸運な売り場として有名で、大安の日には行列もできるというある場所に向かい、そのある物を無事にGet!!(^^)!

売り場には宝貝の置き物が飾られていたので、皆様にたくさんの幸運が訪れますよう祈願してまいりました。(´▽`*)

年末に向かうにつれて何かと慌ただしくなりますので、体調管理にもどうぞお気をつけくださいませ。

追記.

『皆さま~!心ばかりのお品ではありますが、どうぞ待っていてくださいね~!』

WDカメラマン・ike502より☆