未分類

WICについての一考察

白桃の缶詰を食べながらyoutubeを見ていたら、
シロップをキーボードの上にこぼしてしまい、あわてて拭き取ったのですが、

のキーだけが何だかベトッとした感触で、強く押さないとうまく文字入力できなくなってしまいました。
気をぬくと、「かんづめ」と打ったつもりが「あんづめ」になり、「きーぼーど」が「いーぼーど」になってしまい、
「か」行の言葉が嫌いになりそうなsakaです。

先日の見学会で、ある奥様から
「お家を建てたママ友から「WIC(ウォーク イン クローゼット)は何となく憧れだったけど、実際は無駄なスペースが出来るのでもったいないよ」
と聞かされたたんですけど?」と質問されました。


上の図は、WICの図面です。収納部分は壁際になります。
黄枠の部分は収納した衣類を取り出したり、その場で着替えたりするスペースとなりますので普段は物が置けません。
いわゆる「デッドスペース」となります。
そこで、この「デッドスペース」を有効に活用するために、こんなものはいかがでしょうか?

キャスター付きの収納ワゴンです。(○トリのカタログより)
これなら、靴下や下着などを半透明ケースに入れてワゴンに収納して、デッドスペースの部分に収納可能です。
壁際のハンガー部分の衣類を使う場合は、一時的にWICから外に移動すればよいだけです。
このような商品があるわけですから、イマサラ感はありますが、わざわざ買わなくても、

スノコにキャスターをボルト留めして、

こんな簡単なラックを載せて使うのはどうでしょう?

ご主人が暇してたら、うまく煽てて作ってもらっちゃいましょう。

我が家のベランダ騒動記

数ヶ月前のある夏の休日。
冷房をきかせた我が家のリビングでゴロンと”うたた寝”をしていた私。
カサカサという音に気づき、目を覚ますと、レースのカーテン越しにベランダで何かがうごめいているのが見えました。
「ホゥ、ホゥ」と鳴く声で、すぐに「鳩」だと判明しました。

このままにしておくと、ベランダが糞だらけになると思い、飛び起きて、サッシを開け、追い払いました。

バサバサと飛び立っていった跡を確認すると、なんということでしょう?
エアコンの室外機の裏側に、いつの間にか巣づくりして、卵まで産んでいたのでした。

”糞”なら簡単に掃除できるけど、”卵”は想定外。
この卵。心を鬼にして処分するか?雛が無事に孵化して巣立つまで我慢して見守るか?
一瞬の葛藤がありましたが、卵といえども「命」に変わりはなく、処分した後で夢見が悪くなるのもいやだ。
ここは動物愛護の精神でそっと見守ることにしました。

一月もすると、鳴声もカサコソした雑音も無くなり、無事巣立ってくれたのだと思います。

ふりかえってみると、
猫のような天敵が来ないアパートの5階。夏場はワンコのためにエアコンフル稼動し、サッシは閉めっぱなし。
「なるほど、鳩の子育てには申し分の無い環境だったのね?」
「いや待てよ。我が家のワンコ達は何しとってん!自宅警備員にもなっとらんがな!!」
「今思い起こせば、ベランダがガサゴソしている間、一度も吠えて追い払う様を見たことがない気がする。
いや、追い払うどころか、気づいてさえいなかったのでは?」
ここで、ひとつ疑問が。家族の帰宅にはエレベーターが動く前から気づいてソワソワしだすのに、何で目の前のベランダの異変は放置するのか?
「ここはひとつ警備員としての再教育をせねば!」とワンコ達を眺めると、なんとも気の抜けたのん気な表情に「無理!無理!」と即座にあきらめてしまったのでした。

※ 鳩や雀などの野生動物の卵や雛は「鳥獣保護法」によって保護の対象になっており、処分する場合には行政の許可が必要だそうです。
※ 鳩は一度巣作りした場所に定住する習性があるそうですので、我が家では忌避剤をベランダにまきました。今のところ大丈夫そうです。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ってほどのことでもないのですが…

今年の夏、我が家ではある陰謀が進行しておりました。

帰省する娘達との居酒屋デビューを楽しみにしていた父親の気持ちをまったく無視して、女性軍だけでの関西旅行が水面下で計画されておったのです。

旅行の間、当然に私は留守番を仰せつかるわけです。「御意!」
ワンコの世話と掃除洗濯炊事を一人でこなさねばならないわけです。「ハハーッ👐お任せあれ!」

最初の数日は、出前やお弁当で食事を済ませ、お気楽に過ごしていたのですが、そのうちさすがに飽きてきまして自炊をしてみようと思ったわけです。

まず、ご飯を炊きましょうと、お米をといで電気炊飯ジャーにセットし、炊飯スイッチを押し、あとは炊き上がりを待つだけ。
その間、掃除をしたり、ワンコとじゃれたりして小一時間過ごした後、炊飯ジャーの表示が「保温」になっているのを確認して、蓋を開けてみてビックリ!
湯気の上がるふっくら炊きたてのご飯をイメージした眼に入ってきたのは、さっきと同じ洗米後の水びたしのお米。
よりによってこんなときにタイミング良く?悪く?炊飯ジャーのスイッチが故障してしまったのです。

独りでも何とかしてみせると意地になっている私は、”そんなら仕方ない、鍋で炊いたろ” と張り切ったものの、中学のキャンプで飯盒炊飯して以来、ほとんど初めての鍋炊飯。

鍋に移した洗米をガスコンロにかけて、グーグル先生に教えてもらいながら、「はじめちょろちょろ、なかぱっぱ…」とタイマーを見ながらレンジにつきっきり。
真夏の焚き火よろしく汗をふきふき、小まめに火加減を調整しながらなんとか炊き上げました。

結果、オコゲだらけのそれでも美味しいご飯が炊けまして…

達成感にひたる私は、さっそくこの様子を鼻高々で家族ラインに写メ付きで報告したのでありますが…

返信には、
「お父さん、ガスコンロのスイッチのところ良く見た?自動炊飯モードに設定すれば、ほったらかしでも焦げずに美味しく炊けるよ!」とのこと。
キッチンでスイッチを確認すると、ご飯を炊いたのと反対側のスイッチに小さく🍚のマークが。

愕然とすると同時に、数行のライン返信の言葉の裏に
「最初からちゃんと聞かんから、そないなことになんねんよ~」
「汗だらだらでレンジの前にボーっと突っ立ってたみたいよ~アホちゃうか」
などと、本場のお好み焼きを頬張りながら、にわか関西弁で語り合う女性軍の姿が見えたのでした。トホホ

夏の終わり

日が暮れるのが早くなりましたね。
暑いですが、なんとなく秋の気配も感じます。

夏休みも終わり、ホッとしてるochiです(^ ^)
しかし息子の通う学校は2学期制なので、秋休みというものが1週間程度あるので
複雑な感じですが。。。(^◇^;)

夏休みは、満喫されましたか?

ochi家は、変わらず夏休みも長男坊のバスケ漬けの日々を共に過ごしましたが、
今年は夏の終わりに少し違う体験をしてきましたo(^▽^)o

次男坊は、勉強も運動も無関心なのに、ゲームになると辞典を引くようにスマホでググり、誰も聞いてないのに1人で解説しながら楽しんでいるイマドキくんなのですが、総務省が主催するプログラミング教室に興味を持ってくれたので、参加してみました。

    


学校の授業でも2020年からの小学生でのプログラミング教育の必修化に向けて、
少しずつ授業で学んできてるようで、今人気の習い事になりつつあります(^ ^)

小学生から、統計学習に役立つデータツール(キッズすたっと~探そう統計データ)で検索して、データを分析するためのプログラミングソフト(Scratch)でデータの計算や分析をして、3時間半くらいかけて、表現していきました。

結果は一緒だけれど、みんなそれぞれの思考、判断、表現を自由にやっていいんだよ。面白い内容になっても大丈夫。というお話もありました(^O^)
令和時代の息子の学びは、個性を磨く時代なのかなぁと親も学びの日になりました(^ ^)

癒しのひととき

先週長女が早めに夏期休暇とって神奈川から帰省していました。


ようやく仕事と一人暮らしが落ち着いたらしく、昨年から念願のCatと暮らしていたそうで、今回Ochi家へ初の飛行機に乗りCat(ルーク)もごあいさつ。


すーごくフサフサな毛で、ぬいぐるみのよう( ´∀` )
うちのマルコメくんも大はしゃぎです(*’▽’)

小さい時に、転勤続きで大好きな猫を飼うことが出来ず、苦し紛れに誕生日プレゼントに買ってあげた動くぬいぐるみ、『夢ねこ』を小学校卒業するまで大事にしてくれていた娘を思い出すほどそっくりで親として嬉しかったです(o^―^o)

  ルーク                  夢ねこ

 

無意識にフサフサに癒されたかったのか、見た瞬間に私の子だとルークを連れて帰ったそうです。


この子、実はふれあい型猫保護施設から里親として迎えてきたんですって!
ふれあい猫保護施設Plan_CさんにいるCat達は、色々な理由でペットショップへの流通に乗れなかった子達で、ペットショップで販売している猫よりも病院へ通う回数が多くなる可能性があるみたいですが、保険に加入しているので、ケガも病気も100%対応してくれるので安心とのこと。


あっという間でしたが、ルークに癒されたOchi家でした。