小さな努力

こんにちは!hizaです。

ここ最近は片道3キロの道のりを歩いて通勤する機会があり、少しずつ体重が減ってきました。

「徒歩通勤」だと8000歩くらい、

「自転車通勤」だと1.6km程度のウォーキングに換算され、歩数は2700歩程度になり、消費カロリーにも差が出ると思われます。

自転車の時の歩数カウント

僕の場合、自転車だと片道3km程度では体重を落とすことは難しいようです。

しかもちょっと気を抜いて食事をしてしまうと、すぐに元通りの体重に・・

いきなり体重を落とすことは難しいのですが、毎日、小さな目標を達成しながら、ゴールに近づいていきたいと思う今日この頃です。

手がぁ

現場でアクリル水性塗料を使った時のことです。

気を付けて塗料を扱っていたつもりなのですが、

知らぬ間に手に塗料がついてしまっていました 😵

 

水性と聞いて、水で洗い流せるのかなと思ったのですが、なかなか水で洗い落とすことはできませんでした。

「ミカンの皮に含まれるリモネンという成分が塗料を落としてくれる」とか、

「溶剤をつかってみたらどうか」とか

何種類か試してみました!

こちらをご覧ください。

溶剤をつけて水で流したり、みかんの皮を塗りたくってみたのですが、なかなか緑の塗料は落ちてくれません。

最初よりはだいぶ落ちたほうなのですが。。

最終的に一番効果が表れたのは

「木工用ボンドを薄く塗って剥がす」という作戦でした。

木工用ボンドを薄く塗って剥がした後です。

なんということでしょう

緑の塗料がほとんど落ちているではありませんか。

この木工用ボンドは肌が弱い人はあまりやらないほうが良いそうです。

また、ボロボロ剥がすのが少々面倒です😵

お湯で洗い流すのが一番良かったのかもしれませんが、お湯が近くにない場合、

「木工用ボンド作戦」をお試しください。

 

最近ウクレレの「C」「G7」「Am」「F」を覚えたhizaでした🎸

必要は発明の父?

春休みで帰省した娘達から、収納が足りなくて困っているとの相談がありまして…

大学生活に慣れてくるとともに、生活用品も増え、狭い1LDKでの共同生活では
タンスや本棚を追加すると生活スペースが犠牲になるそうで「何とかして」とのこと。

そこで自分で考えるのが非常に苦手なお父さんは、さっそくネット検索いたしまして、
達人たちの収納術やDIYの様子を娘達に紹介してあげました。smile

そんな中で、なるほどと関心するものがありましたので、皆様の参考になればと、
ご紹介させていただきます。(既にご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが…sweat01

壁に穴をあけずにできる簡単壁収納(賃貸アパートではこれ重要です)

D56e87b891602a38c3c8cb76f657c8f9_2 A3295290ef200231f0df10985c4aaa47

ホームセンターで売っている2×4材を天井から床に突っ張って、壁際や洗濯機の上の
スペースを収納として利用するDIYです。

Dsc_0148
なかには、壁に穴を開けずに「壁掛け風テレビ」を工夫する達人も。10010004903768555392_1

これらは、「ディアウォール」という強力なバネを内蔵した商品で、地元のホームセンターでも売っています。(柱1本につき上下1セットで1000円程度。)

こういう商品を買いたくない達人は、独自に工夫をしてこんなものを使ってます。
Dsc01015thumbnail2 A76dcb22

建築用のアジャスターやプラ木レン(プラスチックの部分をくるくる回すと伸縮します)を
使って、コストダウン(2~300円)。
ということで、

「平面が駄目なら、上の空間をこんな風に利用すればいいんじゃない?」
「へえ~、これいいね。自分たちでもできそう。」と感心されたのは良かったのですが、
「昔から「必要は発明の父」って、言うもんね~エッヘン」と自慢したら、

「それって、「必要は発明のじゃなかった?チッ」と反撃されたsakaでした。

キッズ キャンプ

毎週行われるスタッフミーティング。

そこでよく議題に挙がっていたのが、遊び盛りのお子様と見学会に来られたお客様への対応でした。

私も苦い経験がありまして、子供が低学年だった頃に見学会へ行った時、側にいた子供がいつの間にかいなくなり 探してみたらお風呂場で遊んでいて…、しかも浴槽で寝転んでいたりしたもんで。

恥ずかしいやらなんやら…「うちの子に限って そんなことは…」と思ってもみないことをされてしまったのがショックでした。

「ゆっくりと、お父さんやお母さんには見学会を楽しませてあげたいのに…」

そして完成したのが、「ウッドデザイン キッズキャンプ」なのでした。

Dsc_0503

↑イメージはこんな感じだったのですが…

Dsc_5012_2

実際はこんな感じにとどまっています。(このテントが優秀で…雪国の方にはお馴染みですね!)
もう少し時間をかけて完成型へと持っていくつもりですが、現在は5割程度の完成度。

Dsc_5015_2

もっとウッドデザイン的な造作を施す予定です。

Dsc_5011

ウッドデザインの見学会へおこしの際は、ぜひ覗いてみてくださいね。
やさしい保母さんも常駐していますので!

いろんなことがしたくてたまらない手束でした。

仲良し、お隣さん

Image1
清武町に皆様ご存知の「View」F様邸と「blue Moon」K様邸が
お隣同士に仲良く建ち並んでおります。
Image2_4
そこの入り口に(〇円の中)可愛らしいゴミ箱が2個
仲良く並んでいるのが道路沿いから見えますr(^ω^*)))
「View様邸」の建設中に施主K様からのご要望があり造りました。
Image6
ゴミ箱の設計にあたっては、tezukaさんに作成してもらい
それを大工さんが住宅の完成後に作成して頂きました。
その後、完成品を見られた「blueMoon様」のK様が
早々に手造りで造られたそうです、ご主人は日曜大工が
趣味で(@Д@;とても器用でエアコンの室外機のカバーや
道具入れ、物置の棚なども造っておられます。
Image1_2
「blue Moon様邸」のごみ箱には何やらロゴ⁇マークが
ペイントされて何やら楽しんで(*^-^)いるみたいです、
先日も、奥様同士の会話の中で「住宅の雰囲気を壊さずに
とても使い勝手が良く、特に夜、一旦ストックして置いて
朝出すのにはとっても便利ネと( ^ω^ )言っておられました」
近くにお越しの際はぜひ一度ご覧下さい。
yano