世界中から愛された人

こんにちは。自称野球好きのkitです。今日は世界中から愛された人、メジャーリーガー「イチロー選手」現役引退のニュースについての私見記事です。野球好きなら、多分そうでなくても、誰もが知っている世界のイチロー。つい昨晩のことですが、現役引退を発表されましたね。

引退会見に臨むイチロー

イチローといえば、生きる伝説、天才打者、安打製造機などという言葉をよく耳にしますが、自身の真っすぐな性格が表れている「イチロー語録」でも大変人気がありました。個人的には日本一自分自身に厳しい人間だと思っています。

イチロー)努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。

愛工大名電高から、ドラフト4位でオリックス・ブルーウェーブ(当時)へ「投手」として指名され入団。故・仰木前監督の熱心な指導もあり、1994年には日本プロ野球最多安打記録(当時)を樹立。2001年には日本人選手初の外野手としてアメリカ大リーグ、シアトルマリナーズへ入団。初年度から新人王などを含む数々のタイトルを獲得。2004年にシーズン262安打を放ち、MLB記録を84年ぶりに更新し、ギネス世界記録に認定。MLB通算3089安打、日米通算4367安打。

1994年にはNPB最多安打記録 210本を記録(当時は全130試合、※現在は全143試合)
イチローの安打数をカウントする “Ichi – Meter” を製作したエイミーさん

さらに侍ジャパン日本代表として、2006年の第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)、続く2009年の第2回WBCの連覇にも貢献。対韓国戦での延長10回表にタイムリーヒットを打ったイチローの雄姿は日本中に大きな「感動」を与えてくれましたね。

2006年 WBC 優勝
2009年 WBC 優勝(二連覇)

さて、気になる今後のイチローの動向ですが、自身は監督業には向いてないと以前から公言しています。昨晩の引退会見においても、人望がないから”絶対に”無理ですと報道陣の笑いを誘っていましたね。でもそれはイチローならではの表現だと思います。多くの野球選手に慕われ、目標とされ、また常に大きなプレッシャーの中で結果を残し続けることで皆に愛されたイチロー。彼以上に人望のある選手がかつていたでしょうか。選手としてその姿を見れないことは非常に残念ですが、今後の活躍がまた楽しみですね。

自称野球好きのkit

日本の風景

私は綾から小松の会社まで通勤しています。道沿いには、ハウスがあったり、畑があり、田んぼがありで、のんびりした日本の、綾の風景を楽しんでおります。

そんな田んぼにレンゲの花が咲きだすと、もうそろそろ田植えの時期かなと思いながら、車を走らせます。
田植えの時期は気温が15度以上、上がらないと稲の生育せずに枯れてしまうそうです、だから3月過ぎの温暖な気候の日南市あたりでは「超早場米」の田植えが始まります、よくテレビや新聞などで見かけますよね
納得ですトラクターで土地を耕し水をためていきます
田植えの数日前に、肥料をまいた直後に水をはり、トラクターで土をかき混ぜます、代(しろ)かきと言うそうです、平らにして水の深さをそろえ田植えの作業がしやすいようにして、田植えの準備をします。
田植えは田植機で植えていきますが、先日テレビを見ていましたら、無人のトラクターの開発の話で、車と同じで近い将来無人化になるのでしょうか?無人化になりますと後継者不足対策などに期待が高まります。
田植えが終わりますと、雑草防除したり、穂肥を散布したりして、9月から10月には稲刈りをします、
今年もおいしいお米がいただけます様に

アレの名前

愛用の眼鏡が見えにくくなったので、

レンズ交換のため眼鏡店に行きました。

そこで、視力検査をしてもらったのですが、

検査表に使ってある、上下左右向いている

『C』のようなマークって何?

と言う疑問が湧いてきました。

調べてみると、『ランドルト環』と言い世界共通の

視力検査用の記号だそうです。

生活していると、何気なく使っていても名前を

知らない物ってありませんか?

例えば、食パンの袋に付いている留め具の

名前は『バッグクロージャー』と言うそうです。

新品の靴下に付いている靴下を一足に止めている

アルミ製の金具は『ソクパス』。

お店や銀行などで、お金をのせるトレイは

『カルトン』。

などなど他にも沢山あると思います。

しかし、これらの名前を知らなくても、

何も困ることなく生活できているので、

これからも『アレ』と呼ぶことになるでしょう。

探索

これから始まる『natural』の現場近くに
温泉がありますよとのikeさん情報を思い出して
周辺探索をしてきました。

車でほんの5分も行くと確かにありました。
想像してた以上に立派な温泉施設です。

仕事中なので温泉はまたの機会にするとして
入り口にあった案内板の広場の方に行って
みました。

温泉施設から一段高いところにある駐車場に着くと
すぐに展望台が目に入ります。

男子の常で高いところを見ると自ずと
登ってみたくなるのはいくつになっても
変わりません。

というわけで登り始めたのですが、
探索する気分は子供ごころでも
足腰は年相応でいうことを聞いてくれません!

展望台に到着する頃は肩で息をしていて
登ってきたのを後悔しながらもなんとか
たどり着き、

そして、この眺めです・・・

今度はお弁当持参で来たいですね。
そして帰りに温泉かな☺️

「SUMIKA」4号に掲載!

遅ればせながら。。。。

住まいの雑誌
宮崎での家づくり「SUMIKA」4号に掲載されました(^-^)。

今回は「ふたごのおうち」「赤いおうち」の2棟掲載されてます。

「ふたごのおうち」はこちら

「赤いおうち」はこちら

今回掲載していただいた「ふたごのおうち」の完成写真集は
下のアドレスからご覧いただけます。

https://www.wooddesign.co.jp/photo66.html

また会社情報も載ってます。

そのほか、嬉しいことに、いたるところにウッドデザインが掲載されています。

お値段390円。お値打ち価格です!(^-^)。

どうぞお手にとってご覧くださいね(^-^)。

ike502