2021年、コレ始めちゃいました♪ 

 saitoこと、会計・総務の齊藤です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

早いのもで、今年も3週間が過ぎようとしています。年が明けるなり、新型コロナウイルス感染症による2度目の緊急事態宣言が都市部へ発令され、宮崎県においても1月7日に県独自の緊急事態宣言が出されました。これにより、再び外出の自粛等が求められることとなり、自宅で過ごす時間が更に増えましたが、今は皆で心を一つにし、一日も早く安心して生活ができるよう収束を願うばかりです。

 

さて、一年の計は元旦にありという言葉がありますが、我が家では毎年元旦の朝に今年の目標と今年やりたいことを家族それぞれ話し合います。そこで、私が今年やりたいこととは、

 

ズバリ!ぬか漬け作りです。!(^^)!

 

理由は、年末にあったテレビ番組で、とある人気お笑いタレントがぬか漬けにハマっているという話に影響されたからです。(´▽`*)何でも、ぬか漬けを始めてから身体の調子が良くなったり、ぬか床を毎日扱うことで、手がとても綺麗になったと言うのです。私的には特に後者の方に強く惹かれたのですが(#^.^#)、もっと賛成したのは私の夫でした。(*’ω’*)

我が家の朝ご飯は、具沢山のお味噌汁と炊き立てのご飯、そしてご飯のお供として納豆やお漬物や焼き魚などが定番ですが、中でも夫はお漬物が無くてはならない人です。特に、味噌漬けやぬか漬けが大好き!こうとなれば、即、実行です!(^^♪

 

まずはぬか床作りからですが、今は、初心者でもお手軽にぬか漬けが始められるぬか床セットがスーパー等で売られているので、私もそれを購入。ぬか床が入っていたパックはそのまま容器にもなりますが、どうせならダイナミックにかき混ぜたいのでタッパーに移し替えて準備完了!

でも、どうしてぬか床がお肌に良いのでしょう。。。(*‘∀‘)

何でも、ぬかには米油というお米由来の天然油が含まれていることでお肌にとても優しく、しかも保湿効果が高いので手荒れや肌荒れ予防に良いのだそうです。但し、ぬかは農薬の影響を一番に受けやすいお米の表皮であることと、ぬか床には塩分も含まれているので、塩分や薬物に敏感なお肌をお持ちの方は注意が必要だそうです。

 また、ぬかには体の調整役であるビタミンB1や抗酸化作用を持つビタミンE、その他にもたくさんの栄養が含まれていますが、中でも植物性乳酸菌は、ヨーグルト等の動物性乳酸菌よりも倍以上も腸にとどまるので、腸内環境の改善に大きく働きかけるのだそうです。他にも、免疫力アップや動脈硬化の予防、ダイエットのサポートや美肌効果等など、身体に良いことがたくさんです!

 

ぬか漬けの効果も良く分かったので、早速、ぬか漬け作りスタート!

ぬかは粘土よりもやや柔らかめで、しっとりとした触感で気持ち良く、手を洗った後は肌がコーティングされた感じですべすべです。(^^♪

まずは王道のキュウリ、そして、今が旬のカブ。

初めは塩気が強いそうなので、漬け時間は短めに。程なくして、あっという間にぬか漬けが出来上がりました。

野菜の水分が出てやや柔らかくなり、ぬかの風味と塩味が程よく効いていて美味しい!

家族も喜んで食べてくれました。

キュウリはそのままお漬物としてだけでなく、ポテトサラダに入れても美味しいそうです。

また、変わりネタとしてアボカドやブロッコリーの芯、何とゆで卵やチーズ、そしてリンゴやパイナップルといった果物も美味しいのだとか。( ゚Д゚)

試さない手はないと、早速、家にあったリンゴとチーズを投入!!!

丸一日漬け込み、いざ実食!!!

まず、ハードルの高そうなリンゴを手に。。。持った感じは、柔らかくてトロッとした触感。

恐る恐る口に入れてみると、ほんの少しかじっただけでぬかの風味が口いっぱいに広がり、その後、リンゴ本来の甘みが塩味と一緒にやって来ました。ひと言でいうと、甘じょっぱくミステリアスな感じです。。。(;^ω^)

 

お次はチーズ。触感はクリームチーズのような柔らかさ。

お味の方は、チーズ本来の酸味とぬかの酸味が似ているからか、特に違和感はなく、逆にぬかの風味がアクセントになり、合う!合う!美味しい!(^^♪

ホットウイスキーのお供として最高でした。(*´▽`*)

ということでぬか漬けは、健康と美容の両方を一度に手に入れられる魔法の食べ物であり、そして、漬けていく度に発酵が進んで風味が増し、味が少しずつ変わっていくことから、食べ物というよりは生き物と言っても良いのかもしれません。

現に、毎日、美味しくな~れと気持ちを込めてかき混ぜていると、何だか愛着が生まれて来るのです。(*´ω`*)

但し、塩分が多いので食べ過ぎには注意ですが、家族と自分の健康と美容のために、これからもぬか漬けちゃんを大切に育てていきたいと思います。

まだまだ不安な日々が続きますが、皆様も長引くおうち時間を使ってぬか漬けを始めてみられませんか?(^^♪

saito

今年もよろしくお願いいたします。

あらためまして、あけましておめでとうございます。

 

昨年は、大変お世話になりました。
コロナによる波は見学会の自粛やイベントの中止など、私たちとお客様だけでなく、オーナー様との繋がりにも広がっていきました。楽しみにされていました木工教室も中止になり、直接ゆっくりお話しする時間が持てなかったことはとても残念でなりません。

 

しかしながら、そんな寂しい一年で終わらせたくない、クリスマスぐらいはこどもたちに夢を与えたいという思いから、サンタイベントは実行することができて、本当によかったと思います。いつもより制限される中での開催でしたが、オーナー様のご協力により、こどもさんたちのとびきりの笑顔を見ることができました。

 

 

変わらず私たちを見守ってくださり、応援してくださり、
そして、私たちと一緒に家づくりをしよう、と決断してくださった、
たくさんの方々に、心より御礼を申し上げます。

 

 

(設計Iwa氏作「モーちゃん2021?」)

ウッドデザインは昨日より仕事始めとなりました。

 

ウッドデザインの2021年の始まりは、いつものような年始とはなりませんでしたが、
今年が昨年よりもっともっといい年になりますように。

 

自分たちにできることを少しでも始める。
お客様に寄り添い、喜んで楽しんでいただく。
コロナが拡大したからといって私たちの思いは変わりません。

 

(設計Iwa氏作これまでの力作たち)

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

ike502

 

 

 

 

 

 

新年のご挨拶

新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中はスタッフ一同大変お世話になりました。

コロナに始まりコロナで終わる大変な年でしたが、

多くの方々との素敵なご縁と大切な家つくりの

お手伝いをさせていただいたことに感謝申し上げます。

まだまだ予断を許さない状況が続きますが、

早期に収束して皆様とふれあいイベントで

またお会いできる日を楽しみにしています。

本年もウッドデザインの木の家を

みんなで磨いていきますので

どうぞもよろしくお願いいたします。

代表 山田

 

一年の感謝を込めて 年末のご挨拶

師走という名の通り、気づけばもう2020年も終わりに近づきました。

 

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、見学会などの開催も危ぶまれましたが、なんとか状況を見ながら予約制の人数制限で開催することが出来ました。
見学会を承諾して下さいましたお施主様、ご来場いただきましたオーナー様、お客様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!

 

 

私asaはウッドデザインのスタッフになり、始めての年越しを迎えます。
ウッドデザインの家づくり、スタッフの木の家との向き合い方など、本当に沢山の学びの場がありました。
担当ではなくとも、ウッドデザインが造る木の家はスタッフ全員が大切に想っています。

 

現場に行っては、柱をみがき、床や壁を拭き、外壁を拭き、それぞれの目で問題がないか大丈夫かを常にチェックしていました。
私にはとても新鮮な光景でした。そして、それがとても誇らしくすがすがしい時間でした。
またそうすることで、どんどん木の家が好きになり、木の家の魅力に引き込まれていくのです。

 

 

来年もこの木の家のすばらしさ、そしてウッドデザインの事、スタッフの木の家に対する想いを、みなさまに沢山沢山お伝えしたいと思います!
話過ぎて止まらくなったらご容赦くださいませ・・・(笑)

 

現在、新型コロナウイルスについては未だ収束する様子もなく、年末年始をどう過ごすのかとニュース等でも騒がれており、新型コロナウイルス対策はまだまだ必要ですが、来年こそは収束し、みなさまが豊かで幸せな生活が続きますことを心よりお祈り申し上げます。

 

そして、今年も多くの方とご縁があったことを、スタッフ一同心より感謝申し上げます。

 

《年末年始のお休みのご案内》
大変勝手ながら2020年12月27日(日)~2021年1月5日(火)まで年末年始休業日とさせて頂きます。
期間中はご迷惑をお掛け致しますが、何卒宜しくお願い致します。
2021年1月6日(水)より通常営業となります。

 

最後に恒例になりつつある、バイクの似合う渡辺大工さんの写真で締めさせて頂きたいと思います。

 

 

それでは、みなさまよいお年をお迎えください!

心洗われる。。。

先日、木城に行った際に、ふと寄ってみました。

「木城えほんの郷」。

深い山々に囲まれた「木城えほんの郷」では、世界中の絵本が幾万冊とあり、原画も展示しています。

また施設内では絵本も販売しており、お気に入りの絵本が見つかったら購入することができるそうです。

施設内にはギャラリーもあり、絵本作家の原画展なども開催されているようです。

(屋内は写真撮らなかったです。。。)

 

屋外でも お米づくりなどの自然との関わりを大切にした体験イベントも盛んに行われているようです。なかでも水のステージでの星空コンサートや、狂言会は知る人ぞ知るイベントなんだそうです。

 

少年少女の頃に帰ったかのような田舎の原風景。木のぬくもりを感じさせる建物、山に囲まれた大自然やのどかな田畑。鳥のさえずりや木のささやきを聞きながら、のんびり時間を過ごしたくなりました。

 

夏になるとこの水車小屋がある広場でキャンプファイヤーも開催されるのだとか。

 

閉館間際だったので、じゅうぶんに楽しめなかったなぁ〜

 

こんどはしっかり時間作って絵本を読みまくりたい。
山々の景色を日暮れまで眺めていたい。
そう思わせる素敵な場所、心洗われる「木城えほんの郷」でした。

 

ちなみにちょっとしたカフェもあるみたいなので、こんどは食事もしてみたいです。

 

ike502