癒しの時間、ウッドデッキ。

本格的に梅雨に入り、植栽たちも鮮やかな深いグリーンに変貌を遂げていますね。ディープグリーンがいたるところで目につくようになりました。

グリーンという色は、目にも優しく心も癒してくれる色。とっても落ち着きますね(^-^)。これらの植栽の緑はウッドデッキによって、引き立っています。さらに言いますと、逆も然りで、緑とウッドデッキの相乗効果は生活に彩と癒しをもたらしてくれますね。

さてウッドデザインの家の特徴の一つでもあるウッドデッキ。外部空間と内部空間、ソトとナカを繋ぐ位置付けなのですが、このちょうど繋ぎ目の位置というのが、とても心地よい空間、癒される場所でもあります。

 

ウッドデザインが得意とする植栽計画による演出です。大きな掃き出し窓を開ければ、屋内とデッキの行き来がしやすくなり、ふらっと出て読書などすると、心地よすぎて昼寝してしまいます。

 

屋内で食事のあとは、木の香りとさわやかな風を感じながら、お友達とウッドデッキでティータイム。

 

デッキで寛ぐ、友人とおしゃべりしたり。。。

 

一日一日の疲れを癒し、ライトアップされるグリーンをただただ眺める。

 

寝っ転がったり、しゃがみこんで語り合ったり、もちろん洗濯物を干したりもできるウッドデッキ。生活するほどに味わい深くなってゆきます。

とは言うものの、やはりデッキは外部ですので定期的なメンテナンスが必要になります。しかしながら、あるオーナー様は愛着が湧くほど、再塗装も一つの楽しみになるとのお話をされておりました。
日常生活に潤いとゆとりをもたらすウッドデッキ。とっても癒される空間です。

 

施工事例は、ウッドデザインのホームページの完成写真集をぜひご覧ください。
https://wooddesign.co.jp/portforio/

 

 

上記の2枚写真は現在開催されている「ふるさと」の完成見学会のお家です。
ここでも広〜くゆったりしたウッドデッキが設置されていますよ。
http://wooddesign.co.jp/2022/05/24/furusato/

ぜひいらして、この癒し空間を御体感くださいね〜。

ike502

 

 

 

 

6月のグリーンちゃん♪

6月になり、全国的に不安定な天気が続いていますね。☔

先週は関東各地でゴルフボールほどの『ひょう』が降ったそうで、脚に青あざを作ってしまった・・というニュースを観てビックリ!

『ん?そういえば九州南部の梅雨入り、今年は遅いな・・・👀』

と感じていたら、なんと一昨日、先に関東甲信地方が梅雨入りしました。関東甲信地方が九州南部よりも梅雨入りが早かったのは、17年ぶりとのことです。

九州南部の梅雨入りもそろそろといったところでしょうね。😊

 

さて、雨の日でも✨心は晴れやかに✨ということで、先日、事務所玄関先のお花を植え替えしました。🌸

色鮮やかなお花達は、広報・ike502さん製作の立て看板の前にちょこんと収まり、いい感じで華を添えてくれています。😊

 

また、先日、いつものように事務所内の植物達にお水をあげていたところ、とっても嬉しいことが。。。😍

なんと胡蝶蘭に蕾を発見!😍それも何個も。。。😍

いつの間にか茎が真横に伸びていたみたいで、隣の鉢の影に隠れていて気付かずにいました。😅

早速、ホームセンターへ車を走らせ、花を支える支柱と固定するクリップを購入。

支柱を立て、『さぁ、起こしてあげるねー!』

と、茎を手にした瞬間・・・・・

『ポキッ・・・・・😱』

 

『あぁー----------!😱折れたーーーー!😱』(泣)

 

か、か、悲しすぎる。。。

私の心は天国から地獄へと落下。。。

そんな様子を見ていた設計のiwaさんや広報のike502さんがなだめてくれましたが、もうとにかくショック過ぎて、私の心も『ポキッ』と折れてしまいました。😅💦

この胡蝶蘭は、WD事務所が清武町から現在の小松へ移転した際に取引業者様より戴いたもので、私が入社してからずっとお世話をしてきた中で、初めて花を付けてくれただけに余計に残念でした。😓

『ごめんね・・』

と、心の中でつぶやきながら、水に挿してあげました。

蕾は大きく膨らみ、今はデスクの上で綺麗に咲いてくれています。😊💛

そういえば、移転前の清武の頃から居た植物で、今でも元気ピンピンな子達がいます。💛

私が入社した頃は枯れ気味で元気がなく、葉っぱもスカスカで引退間近といった様子でしたが、今では見学会にてメインの場所でセンターを張るくらいの子達になりました。😄

生きているものは動物だろうが植物だろうが、愛情込めて育ててあげるとちゃんと応えてくれます。😊

遅い反抗期真っ只中の我が家の高3の息子も、そのくらい親の言うことを聞いてくれると良いのですが・・・(笑)😅

 

最後に、その高3の息子が2歳の頃に植えた植物を紹介させていただきます。😄

この一番手前の背の高い木、何だか分かりますか?

これはアボカドの木です。✨

その当時の息子のマイブームは食べた後の種を何でもプランターに植えることで、スイカやメロンや柿など、出てきた芽を見ては喜んでいました。😄

で、今でも元気で残っているのがこのアボカドの木です。😄

実はなりませんが、アボカドの葉は濃い緑色が美しく、どこか涼しげで見ていると癒されます。😊

そして、そのアボカドの根元に生えているのがハーブの仲間、アロマティカス(キューバンオレガノ)です。🍃

ぷにぷにとした丸い葉っぱで、触れるとレモンとミントを合わせたような爽やかな香りがします。✨

ハーブティーとしてや、香りが良いので虫よけの効果もあるそうです。✨

ちなみに私は、雨に日にこのアロマティカス(キューバンオレガノ)を見るのが好きです。😄

うぶ毛にまん丸としたお水が溜まり、キラキラとまるでクリスタルのようで綺麗です。😍

 

このアロマティカス(キューバンオレガノ)、実はWDにも居るのですが、プランターが小さいので生育が悪く、葉や茎のバランスも悪いので、近いうちに大きめのプランターに移し替えてあげたいと思います。

ジメジメと憂鬱な梅雨になりますが、心は毎日晴れやかに過ごしたいですね。😄💛

saito

食事処放浪記

今回は、都城市にある

焼酎の里 霧島ファクトリーガーデン内の

レストランに行って来ました。

 

 

建物に入ると、焼酎の霧島に関連するグッズや、

焼酎・ビール、お土産などが販売されている

ショップがあります。

 

 

ショップを抜けホールを通りレストランへと向かいます。

 

 

ホールには、焼酎の蒸留装置が展示してあります。

 

 

レストランは、広くて明るく、お洒落な雰囲気です。

食事は、バイキング料理にメインの料理を選ぶ

スタイルです。

 

 

私が選んだメイン料理は、

マグロの料理(カルパッチョとソテー)です。

 

 

デザートも食べ放題。

 

 

もちろん、ビールは欠かせません。

(撮影前に一口飲んでしまったので少し量が減ってますが…)

久しぶりのバイキング料理にテンションが上がり、

お料理を取り過ぎてしましました。

驚いたのが、

バイキング料理を取りに行くのにもたついている間に、

ビールが届いていたらしく、

帰って来た途端、スタッフの方が来られ、

こちらは何も言っていないのに、

新しいビールを持って来られました。

新鮮なビールを堪能させたいと言う思いを

感じました。

美味しい料理とビールを、お腹一杯いただきました。

食べ過ぎたので、施設内をウロウロしてみました。

 

霧島創業記念館 吉助

吉助 遊歩道

霧島焼酎神社

霧の蔵ベーカリー

ゲル?

霧の蔵ミュージアム

グランドゴルフ場

 

施設内は、相当に広く、

イベント会場があり、工場見学もできるようです。

 

 

5月末からは、ビアガーデンも始まるようです。

訪れた日は、雲行きがかんばしくなかったので、

早々に見学を切り上げましたが、

天気が良ければ、施設内を楽しんだり、

お散歩をしたりと、まったりとした時間が過ごせそうな

場所です。

一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

雨の日だってキャンプは楽しく⁉シーズン2

久々のキャンプ!
今回は初めてのキャンプ場へ。

小林市にある「ひなもりオートキャンプ場」へ行って来ました。
ひなもりオートキャンプ場は、宮崎県の霧島連山東に位置する高規格キャンプ場です。

とても綺麗に整備されていて、テントサイトの他、コテージなどもありました。

 

車にはお決まりのどっさりキャンプ道具。

あれもしたい!これもしたい!とついつい沢山持ってきてしまいます。

 

早速、テント設営から。
今回は新しく仲間入りした、レクタタープとワンポールテント。
タープとテントの連結に少し苦戦しましたが、1時間ほどで設営が終わりました。

 

食いしん坊な私が一番大好きな時間。
「お料理タイム」

ビール片手に料理を始めます。
エビとマッシュルームとブロッコリーのアヒージョとパエリアを作りました。

 

みたらし団子と豚バラ・・・さて、これは何でしょう?
最近SNSでよく見かける、みたらし団子に豚バラを巻き巻きして焼くレシピにチャレンジしてみました。

 

ワンパンで作るボロネーゼを追加して、よくばりなキャンプ飯完了!!
みたらし団子と豚バラは・・・美味しい!

 

雨も風もなく、楽しいご飯に癒される景色と今回のキャンプは大成功!

 

と、思いきや⁉
夜中から雨が降り始め、朝まで降り続きました・・・。

 

そこから暴風雨になり、テントが飛んでいきそうなのでずぶ濡れになりながら撤去。
(仲間入りしたワンポールテントは暴風で破けました・・・)
やはり、すんなりは行かないものですね(笑)

 

丁度1年前ぐらいに、同じタイトルでキャンプ記事を書き、次こそはリベンジと思いましたが、やはり雨。
いつか!絶対、最後まで爽快な青空の中のキャンプブログを書いて見せます!

 

それでも、やはりキャンプは楽しいですね。
癒しと(ちょっと疲れの笑)いい思い出のキャンプになりました。

庭園リノベーション

先日、完成展示会場へお越しになられたWDオーナーのF様からご相談をいただきました。「庭の土が流れてしまって砂利と混ざってしまいます。なんとかしたいです。」早速、現場へ向かいます。

何度か土を足したり、砂利を動かしたり工夫をされた跡がみられます。せっかくご相談いただきましたので、土が流れるという問題の解決と合わせて、お庭そのもののイメージを一新し、これまでにない空間をデザインしてあげたいなと思い、その日は諸々の寸法と樹木の状態チェック、その他ご要望をヒアリングをさせていただき、後日改めてのご提案となりました。

私なりに試行錯誤の末、ご提案させていただいたのは「和風庭園」。和風庭園にはあらゆる表現方法がありますが、F様の家族構成や日々の暮らし方を考えると、「限られた時間のなかでも心が落ち着く、ふいに眺めたくなる上品な庭」が良い。土留として用いる石の色味でそれを表現していこうと考えました。F様ご夫婦に工事計画書・完成予想図をご覧いただき、その場でGOサイン!ありがとうございます(^^)

後日現場に青みがかった美しい日向石が到着しました。今回はこの「青み」が計画の肝。私は朝からその完成にワクワクです。

石組みの設置ラインを掘り込み、ひとつひとつ形や表情の異なる日向石を組み合わせていきます。

樹形の乱れたシマトネリコの段違い剪定も行いました。

和風庭園完成。この青みがシックでなんとも美しい。。非日常が新しい日常になった瞬間。個性豊かな石たちのどこにF様ご家族は座るのかな、お子さんたちはここでこんな遊びをするんだろうな、リビングからの眺めは最高だろうななどと考えると嬉しくなります。でも、この日なにより嬉しかったのは、F様ご主人が工事が始まってから「最高です。まだ始まったばかりですけど、既にお願いしてよかったと思っています」なんて何度も仰られるところでした。。

ジューンベリーや他の植栽たちの剪定や管理方法を真剣に聞かれている姿も印象的でした。

玄関前にはカラタネオガタマを新設しました。

道路側アプローチにはピンクシャンパンを新設しました。

ピンクシャンパンはブラシの木の一種です。成長するとこんなにかわいらしいピンクの花を咲かせます。F様邸のこれからに益々目が離せなくなりました。

kit