SDGsへの取り組み

ウッドデザインは、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

SDGs(エス・ディー・ジーズ)とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
2015年9月「国連持続可能な開発サミット」にて採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されている2016年から2030年までの国際目標です。貧困に終止符を打ち、地球を保護し、全ての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指し「世界を変えるための17の目標」が掲げられ「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

お客様に寄り添う会社として。

私たちは、住まいを通して全てのお客様に喜んでもらえる企業になるべく経営を行なっています。
SDGs(持続可能な開発目標)に参加することは、人々の生活に密着した住宅を提供する私たちにとって必要不可欠であります。
従来より取り組んでいる健康・快適に暮らせる省エネルギーな住宅を課題解決に向けて邁進してまいります。

goal03
高齢化社会がどんどん進む中、部屋間の温度差の無い住宅はヒートショックから住む人を守ります。ウッドデザインでは、健康・快適にお住まいいただける住宅を目指して、素材にこだわり、住まいの温度差を生じさせない家づくりを行っています。
goal07
ウッドデザインではZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の普及に取り組んでいます。1年中快適な室温を保ち、電気やガスなど家庭で使うエネルギーを削減してCO2を減らし、地球温暖化対策に貢献します。
goal08
継続した受注で社員はもちろん、関係業者が安心して働ける会社を目指します。従業員一人ひとりが個々の能力を十分に発揮して活躍できるよう、職場環境を継続して改善しています。
goal11
家づくりを通して地域社会に貢献します。良い家づくりは良い街づくりと考え、一棟一棟大切につくり、お引き渡し後もアフターメンテナンスを充実させ、安全に住み続けられる街づくりに繋げます。
goal12
私たちは、“長期間にわたり、家族が安心して暮らすことができて、資産価値が維持される住まい”をつくることを大切にしています。それを実現するための取り組みとして、新築住宅で国の長期優良住宅の認定を取得しています。
PAGE TOP