ZEHの推進

ZEHへの取り組み

ネット・ゼロ・エネルギーハウス ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略です。
住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。ウッドデザインでは、2020年度の新築住宅における省エネ基準適合義務化に先駆け、全ての新築住宅をネット・ゼロ・エネルギーハウスを標準として施工しおります。今後も、100%のZEH(若しくはNearlyZEH)を標準とし、失敗しない家づくりセミナーや完成見学会での普及活動に積極的に取り組んでいきます。

ZEHビルダー登録番号
ZEH28B-02011-C
ZEHビルダー登録区分
B登録
事業者名
株式会社ウッドデザイン
登録名称
株式会社ウッドデザイン
電話番号
O985-69-6828
URL
https://www.wooddesign.co.jp/
業種
住宅設計・住宅施工
グループ網数
0
住宅の種別区分
新築注文住宅
登録エリア
北海道以外の都府県
ZEH目標の公表方法
ホームページ

2019年度(令和01年度)実績

棟数
割合
0
0%

ZEHの受託率目標

2016年
10%実績
2017年
10%実績
2018年
10%実績
2019年
0%実績
2020年
50%

ZEHの周知・普及に向けた取組

ホームページ上でZEH登録業者であることを表示する。
新規お客様との打合せの中で、ZEHの必要性・長所と、初期コストを説明する。
社内勉強会の中で、当社社員へZEHの教育を行う。
見学会等で積極的に数値で表してわかりやすいようにする。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

従来から使用している材料をうまく使うことに主眼を置き、機器に頼らず、技術力で性能向上を図る。
機器の選定にあたっては、複数行社との協議を行い、性能と価格の両立を図る。
太陽光発電のリース契約を導入検討する。

その他の取り組みなど

機械機器の利用に加えて、パッシブハウスの考え方(通風・太陽光取り入れ)などを含めた快適住宅の推進を行う。
災害時の電力供給など、太陽光発電システムのメリットを説明する。
断熱の仕様を変更する。

BELS

当社のBELS表示の割合

当社は国土交通省の定める以下の定義を満たす『BELS工務店』であることをお知らせ致します。
このBELS(建築物省エネルギー性能表示制度)は新築・既存の別を問わず、全ての建築物を対象とした省エネルギー性能等に関する評価・表示を行う制度です。省エネ性能を☆の数で5段階にランク分けして、星の数で省エネ性能の高さが一目で分かりやすいように表示されています。なお、2019年度のZEHにおける表示制度の利用割合は0%でした。 ※但し、新築物件では50%の利用割合でした。

【BELS工務店の定義】

①自社の物件においてBELS表示を取得した経験があること

②2020年に自社で建設する全物件にBELSを表示することを目標に掲げること

③毎年度、自社物件のBELSの表示割合についてすくなくとも2020年まで報告すること

④国土交通省等が行うBELS普及の取組みに協力すること

PAGE TOP