遣り方工事はじめました

ふるさと現場では基礎工事に先立ち、遣り方を行いました。

遣り方(やりかた)とは簡単に言うと、これから建つ家の正確な位置、水平、高さの基準を決める工事のことで、建設現場においては極めて重要なものです。ウッドデザインでは全現場自社で遣り方を行います。まずは建物外周部の外側に掛矢で杭を打っていきます。

正確に水平をとるためのレーザートランシットを据えます。

ばか定規を当てて、杭に墨出し(基準の高さ)します。

墨に合わせて貫板をしっかりと固定します。


貫板を回したら、そこに水糸を引きます。

トランシットを用いて正確に合わせます。

今回もしっかり矩(かね=直角)を出すことができました。

対角を測って1mmのズレがないのを確認し、最後に基礎工事に関する情報を貫板に書き込んで遣り方完了です。


着工前の現場準備完了。”ふるさと”、いよいよです!

kit