シルバールーフ。

内壁モイスとガルバの外壁の施工が終った『 さくらいろ 』の現場。

玄関の上を見上げてみると見慣れない特徴的な銀色の屋根がついています。

それはオリジナルで制作した鉄骨の庇です。図面をもとに鉄骨屋さんが鉄板を曲げ加工したり部材を溶接したりして形成しています。なぜ銀色なのかといいますと溝付けメッキ加工を施しているからです。溝付けメッキ加工を施すことで【 保護皮膜作用 】により防錆効果が得られることと、【 犠牲防食作用 】により素地に傷がつきにくく素地の腐食防止につながるからです。

そんな鉄骨の庇はラインが細く格好が良い仕上りになり、外観を特徴づけるひとつのデザインになります。