誇りとプライド

 また1棟、WDの住まいが誕生いたしました。   

Dsc01020 そして、恒例の『KAIZEN会』 に早朝から集合。

 

毎回、住まいが誕生するたびに 全員集まります。   

事前に隅々まで見て、気になる所、お気に入りな所 改善したほうがいい所など、個々の思いを言いあいます。

木の家 大好き人間が集まれば、いろんな意見やアイデアが毎回ドンドン出てきます。  

この本音の意見交換が、次の現場に活かされていく とても重要な時間です。

  ※会議室じゃない。 現場だ!  事件は現場で起きているんだ。。  織田裕二が言ってた。

 

そして、お引き渡し前に最後の清掃&チェック! これも恒例。

これまでにも磨きを行ってきた現場ですが、 最後の別れを惜しむかのよう。。

Dsc01011 Dsc01013

  床や壁、天井 柱、梁 を磨く人。。

Dsc01012 玄関ドアやサッシ、建具の最終調整

Dsc01017 Dsc01015

水道、排水の流れも再度 チェック。

Dsc01016 外壁や屋根、外周りも。

Dsc_1226 Dsc_1291

(↑コレが一番辛い[E:bearing]) 掃除機片手に床下にモグる、  クズ1つ残さないよう[E:shine]磨きをかけます。

 

   協力業者さんに、お任せにすれば簡単な事ですが、

        自分達で造った家の最後は、やはり 誇りとプライドを懸け 自分達の手で。

              – toku –

       

   

   

 

One Reply to “誇りとプライド”

  1. 庄内の家、見学させていただき有り難うございました、とても素敵でした! 
    住まわれる方が羨ましく思えます。

コメントは受け付けていません。