継承すべき、想いと時間

私たちウッドデザインが持てる知識、技術、経験、そしてその想いのすべてを込めて造りあげた新たな木の家、”かぞくのじかん”様邸。

本日はお施主M様が心待ちにされていたお引渡しの日。

お引渡しの前に、ささやかですが、ご夫婦水入らずのじかんをしばしお楽しみいただきました。ほんの少しのひとときを大切に。。。


そんなひとときの後、”かぞくのじかん”様邸を担当させていただいた現場監督のichiroより、木の家にはどういう設備があり、どのように使えばよいのか、各種器具の取扱方法や注意点をひとつひとつご説明させていただきました。


続いて、木製サッシの開閉方法や網戸・ロールスクリーンの着脱方法について。操作はいたってシンプルですので、どなたでもすぐにお取扱いできるようになります。


照明器具の明るさなどもご確認いただきます。

外部では、キッチンからの排水の終着点となる防油枡(ぼうゆます)の清掃方法やお庭の植栽のお手入れについて。外での作業はこれからはやはりご主人の専門分野になりそうですね。


いよいよ、お家の顔である玄関引戸のカギを、工事用キーからM様ご家族だけのお家のカギに鍵穴を更新していただきます。ご主人の力強い「では、失礼します!!」の挨拶を合図に、無事に新しい鍵穴へと更新されました。

続いて、離れの鍵は奥様にお試しいただきました。

すべてのお引渡し行事を終え、みなで記念に一枚。

そして、縁側ではご夫婦の一枚。

M様長年の夢であられた、ウッドデザインでの家づくり。木の家づくりを心ゆくまでお楽しみいただけましたでしょうか。数あるハウスメーカー、地域工務店の中から弊社ウッドデザインをお選びくださいまして、誠にありがとうございました。これから、M様の木の家がご家族の新しい人生の出発点となることをWDスタッフ一同、心よりお祈り申し上げます。また、私たちがかぞくのじかん”の現場に注いできた熱い想いとここで過ごした時間を、M様ご家族みなさんの大きな心でめいっぱい受け取っていただけますと幸いです。

(さいごに・・・)
おじいちゃんちから始まったM様との木の家づくりを通して、わたし自身も幸せな気持ちでいっぱいにさせていただきました。M様の大切な家づくりのパートナーにお選びいただけましたこと、心より御礼申し上げます。今後とも末永いお付き合い、よろしくお願いいたします。

kit