COCOKARA2020 エピローグ

「COCOKARA2020」現場ブログもついにエピローグ。

早いものでお施主様と出会って一年の月日が経ちました。そう、ウッドデザインが手掛ける「木の家」には時間がかかります。一つ一つ手づくりで造りあげることを大切にしているためです。だから時間はかかります。でも、だからこそ、そこに想いが生まれ、新しい物語が生まれ、それがお施主様と私たちだけの唯一無二の価値となる。私たちが目指すのはそういう家づくりです。

今年の流行語大賞にノミネートされるかもしれない、あるお笑いコンビの「時を戻そう」という言葉。私にもとうとう使える機会がきました!

「時を戻そう」

時は如月の初旬に遡り・・。
本日は完成見学会に向けた薪ストーブの試運転・火入式。

ヤマカナさんから薪ストーブの基本操作や仕組み、使用時における注意点などの説明を受けていただきました。

早速、実際に体験していただきます。ご主人が焚付用の薪を組み、火を入れます。

すると、煙突からモクモクと煙が出てきました。着火時には毎回このように煙が出るそうです。火が安定し、薪ストーブ内の温度が一定以上になると煙は見えなくなります。これなら住宅街でも安心して使用できますね。

続いて奥様も。本日は火入れにより、予めストーブ内の余分な水分や塗料を排煙することが主な目的となります。

気がつけば、みんな火の虜になっていました。手前に映っている現場監督のichiroも正面からみたらきっと緩んだ顔をしていたことでしょう。いや、私はちゃんと見たんです。顔はお餅のように横に伸びていました!!

火入れ式が終わり、ichiroより器具類の説明。奥様、楽しそう。

水栓や給湯器の操作方法・コツを説明しています。

木製掃き出しサッシの鍵のかけ方について。

ロールスクリーンの種類とカラーの最終確認。

器具類の説明を終え、完成見学会を終え、最後の磨き・社内検証会を終えました。さて、

「時を戻そう」

時は如月の暮れ。
ついに、COCOKARA2020、お引渡しの日を迎えました。

奥様が後ろで見守るなか、ご主人が工事キーから本キーへと鍵穴を更新されました。

お施主様も名残惜しそうにスタッフ一人一人に話をしてくださいました。この瞬間って・・・本当泣けてきます。

yamadaと楽しく談笑。ご夫婦ともにウッドデザインの家づくりのことならもう一流かもしれません。

さて、これからCOCOKARA2020はどんなお家になっていくのでしょうか。とても楽しみですね。

家づくりを検討され始めてから、ハウスメーカーさんや工務店さんの見学会にもたびたび足を運ばれたそう。その中で弊社、ウッドデザインと出会い、お選びくださったお施主様。いただいたご期待と想いにいつまでも寄り添えるよう、私共はより一層精進いたします。これから、温かい木の家で温かい暮らしを心ゆくまでご堪能ください。

本日は誠におめでとうございます。今後ともよろしくお願いします。(WDスタッフ一同)

kit