黄昏。

工事も中盤にさしかかりM大工さんも内壁の仕上げに入った『 Lapis Lazuli 』の現場。

WDの真壁・モイスの納まりは大工さんの腕の見せ所です。
モイス(一枚のボード)が壁の仕上がりになってしまいますので柱との取り合い部分は誤魔化しがきかない部分になります。

化粧面の柱・桁の内法寸法に合わせて切断したモイスを、柱・桁に合わせて丁寧に微調整していきます。ペーパーで削っては確認し、また削っては確認する。。
地道な作業を繰り返した末に真壁・モイスの内壁は仕上がっています。

そんななか外部のほうでも、職人さん達の手で外壁、木部の塗装と着々と仕上がっていきます。

そして仮設足場解体前の外部のチェック及び屋根・外壁の水洗いです。
スタッフ自らの手でひと洗い・ひと拭きと丁寧ん磨きあげていきました。

仮設足場の頂上からの景色もこれで最後です。
黄昏に輝く街並みを見るのが名残惜しいですね(´・ω・`)