木のおうち始まりました。

宮崎市内の高台に位置する静かな場所で

木のおうち様邸の新築工事が地盤調査で始まりました。

地盤調査の目的は

敷地内5ヶ所の地点で測定し、地盤の硬軟締まり状況を

判断して、建物の基礎設計及び施工が出来るか判断します。

調査の内容は、

①スウェーデン式調査(SWS試験)5ポイント

②地形地層調査、敷地内造成調査、目視観察状況調査

木造住宅で使われる方式で、先端がキリ状の器具に荷重をかけて

25㎝下がるまでにハンドルを何回転させたかによって

地盤の強さを表す値を測定いたします。

深さ10m迄測定する事が出来ます、調査時間は約2時間です。

判定のポイントは主に①~⑤を考慮致します。

①新規造成の有無

②擁壁の有無

③地耐力のバランス

④周囲での異常状況

⑤建物のバランス

判定までに一週間ほどかかります、

木のおうち様今しばらくお待ちください。

地盤調査の現場からyanoが報告致しました。