土台敷き、そして。。

基礎も完成し工事のほうも大工さんへとバトンを託された『 Y・Y BASE 』の現場。建て方・上棟へ向けて土台敷きを始めました。

土台敷きでは建物の一番底辺部で柱を受け根本をつないでいる土台と基礎に設置してあるアンカーボルトを緊結していく作業です。

土台を敷き終えると次は大引き材を組み込んでいきます。
そうすると綺麗な碁盤目状のマス目ができます。このマス目に断熱材を敷き込み根太レスの合板を貼っていけば土台敷きの完了です。

土台敷きを終えると次は構造材の搬入です。
大工さん達が柱や梁、桁材など一つ一つの部材を確認し建て方に備えていきます。まさに ” 備えあれば憂いなし “ ですね(-ω-)/

大工さん達の作業床でもある仮設足場も組上がりました。
平面上のものが立体へ。。
仮設足場だけでもかなりの大きさで迫力を感じます!!
次はいよいよ待ちに待った建て方・上棟です(・ω・)ノ

基礎完了。。

配筋作業を終え基礎工事も中盤に差し掛かった『 Y・Y BASE 』の現場。
配筋の自主検査を終え第三者機関であるJIOの配筋検査を受けました。

図面片手に主筋の太さや本数、配筋ピッチ、開口補強筋や鉄筋の定着長さなど細部にわたり検査していきます。
検査員からも「綺麗な配筋ですね。。」と一言いただきました。
もちろん配筋検査は適合判定を頂き終えております(-ω-)/

配筋検査を終えるとコンクリート打設の作業にかかります。
ウッドデザインの基礎工事では底盤、立上り、デッキ下・玄関土間の三回にわけてコンクリート打設を行っています。
写真は底盤コンの打設後に職人さんがコンクリートを鏝で押さえている状況です。コンクリート打設はミキサー車とクレーン車が並んで豪快にコンクリートを流し込んでいるイメージが強いですが、このような地道な作業も影ながら行っております(´▽`)

これは立上りコンクリート打設後、立上り部の天端を水平に保つためのペイスト状のレベラーを流しています。ただ流せば水平になるものではありません。
天端墨にあわせて流す必要性があります。なので職人さんの経験と細やかな流し加減が織りなす高等テクニックとも言えます!!

職人さん達の地道な作業と巧みな技が詰まった基礎が完成しました。
これからの工程は、大工さんへとバトンタッチです(・ω・)ノ
土台敷き~建て方・上棟と大工さんメインの工程に移っていきます。

 

基礎着工。。

「岩盤の夜明け」作戦(遣り方)を終え基礎着工を迎えた『 Y・Y BASE 』の現場。

重機を巧みに操縦し建物の配置や設定G.L(基準になる高さ)に合わせて現況の敷地を鋤取りしていきます。

鋤取りを終えると、砕石を入れ転圧、基礎内に敷地からの湿気を防ぐための防湿フィルムを敷き終えるといよいよ配筋作業です。
職人さんの手で一本づつ鉄筋を図面通りに配置し鉄筋を組んでいきます。

たいへん根気のいる作業に見えますが、さすが職人さん達です!
顔色ひとつかえず黙々と作業に取り組んでいました(≧▽≦)

そして仕上がった配筋がこちらです!!

数分の狂いも見当たらないほど綺麗に組み上げられた鉄筋は建物の基礎にふさわしい強靭な骨組みになっています!(^^)!

 

「岩盤の夜明け」作戦

先日 地鎮祭を終えた新富町「Y・Y BASE」。
↓写真は敷地地盤の状況。

表層は柔らかな土で覆われているのですが、10㎝下は硬い岩盤。
さて、今回は この硬い大地に「遣り方」を立てるミッション。

題して「岩盤の夜明け作戦」決行です。

仮設工事時に 重機で敷地を掘った時の写真。
この作戦の難しさが分かっていただけると思います。
私達もこの作戦にはある程度の「覚悟」を決めて挑みました。

硬い地面…おそらく一日がかりだね…。
ですがここで新兵器を投入します!(注:新しい工法ではありませんよ!)

いたって原始的ではありますが、「目には目を」「歯には歯を」「硬いものには硬いものを!」

一度鉄の杭で穴を開けて、杭を打っていく作業を繰り返しました。時間と手間は掛りますが、一番確実な方法です。

そしてこの男の眼光で大地を貫いていったのでした。
作業開始から半日が過ぎ、ようやく作戦が終了…。今回も大成功となりました。

まもなく「Y・Y BASE」は工事がスタート。
こんな感じで飛び込んで行きます!

三兄弟の地鎮祭

無事に地盤調査を終えた「Y・Y BASE」。
今回は待ちに待った、地鎮祭の日をむかえました。

当日の天候は雨。
大丈夫かな…なんて心配をしていたところ、神官様からこんなお言葉をいただきました。
「雨が降っていますが…今日は縁起が良い日なんですよ。幸運もふりこんで、地もさらに固まると呼ばれるんです。」

まさにそうですね!(すでに地盤は相当固いんです!)

そんな天候だったのですが、不思議なことに式が始まる前、さっきまで降っていた雨がやんでくれて…。

お父さんと次男君、しっかりと神様へお祈りをしてくれました。

続いてお母さんと御長男君。
これまたしっかりと大役を果たしてくれましたね!

「Y・Y BASE」は 元気な男の子の三兄弟!
笑顔がたえることがない、元気いっぱいな基地なんです!

現在のタイトルロゴが決まる前のロゴのサンプル。
この三兄弟を模したイラストもつくりまして…いつかどこかにステッカーを貼りましょう!

新富町「Y・Y BASE」。
地鎮祭も無事に終わりました。

もうすぐスタートです!